menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目

埼玉県立近代美術館では、企画展「開館40周年記念展 扉は開いているか─美術館とコレクション 1982-2022」を、2022年2月5日(土)から5月15日(日)まで開催する。

美術館の40年にわたる活動を振り返る

クロード・モネ《ジヴェルニーの積みわら、夕日》1888-89年 埼玉県立近代美術館蔵
クロード・モネ《ジヴェルニーの積みわら、夕日》1888-89年 埼玉県立近代美術館蔵

1982年に開館した埼玉県立近代美術館は、40年間にわたって多彩な時代・ジャンルの美術や文化を紹介する展覧会を開催してきた。また、埼玉県ゆかりの作家の作品を軸に国内外の近現代美術の作品資料を約3,900点収集し、所蔵品展や企画展で紹介している。「開館40周年記念展 扉は開いているか─美術館とコレクション 1982-2022」では、美術館そのものに焦点を合わせ、原点である開館前後の活動、黒川紀章の設計による美術館建築、そしてコレクションの形成などについて紹介する。

コレクションの原点

斎藤豊作《フランス風景I》1910年頃 埼玉県立近代美術館蔵
斎藤豊作《フランス風景I》1910年頃 埼玉県立近代美術館蔵

埼玉県立近代美術館は、1982年11月3日、「開館記念展 印象派からエコール・ド・パリへ」の開幕とともに開館した。同展で重点的に取り上げられたのは、田中保(たなか やすし)、斎藤豊作(さいとう とよさく)、森田恒友(もりた つねとも)など、現在もコレクションの中核をなす埼玉県ゆかりの洋画家であった。第1章では、クロード・モネや埼玉の美術を紹介しつつ、美術館初期の活動を振り返る。

黒川紀章の設計による建築と空間

黒川紀章建築都市設計事務所《埼玉県立美術館(仮称) 建設工事基本設計図(立面図)》1979年 埼玉県立近代美術館蔵
黒川紀章建築都市設計事務所《埼玉県立美術館(仮称) 建設工事基本設計図(立面図)》1979年 埼玉県立近代美術館蔵

美術館の設計を手がけたのは、建築家の黒川紀章であった。黒川は、かつてこの場所に建っていた旧制浦和高校の記憶を受け継ぎつつ、建築と公園の「共生」をコンセプトに据えた。第2章では、黒川のスケッチやドローイング、竣工当時の写真、北浦和公園内の屋外彫刻作品とその関連資料などから、美術館の建築や空間を紹介。加えて、建築を被写体に時間の痕跡を捉える写真家・飯沼珠実による撮り下ろしの写真作品も展示する。

美術館のコレクション

瑛九《雲》1959年 埼玉県立近代美術館蔵
瑛九《雲》1959年 埼玉県立近代美術館蔵

第3章では、美術館のコレクションの形成に着目。1970年代美術の検証、多岐にわたるジャンルで活動した瑛九を起点に広がったコレクション、そして新聞・雑誌の挿絵や図案などの大衆文化や複製芸術を軸に制作活動を行った小村雪岱の仕事という3つの視点を設定し、関根伸夫や高松次郎、瑛九、靉嘔、小村雪岱などの作品を紹介する。

同時代美術との関係性

北野謙《「光を集めるプロジェクト」埼玉県立近代美術館屋上から(西)2015冬至-2016夏至》2017年 埼玉県立近代美術館蔵
北野謙《「光を集めるプロジェクト」埼玉県立近代美術館屋上から(西)2015冬至-2016夏至》2017年 埼玉県立近代美術館蔵

開館以来、埼玉県立近代美術館は同時代に活躍する多くのアーティストと協働を行なってきた。第4章では、同館の空間や建築と呼応するようにして手がけられた作品やプロジェクトを紹介。また、宮島達男《Number of Time in Coin-Locker》をはじめとする、館内で常設展示されている作品にも光をあてる。

展覧会概要

企画展「開館40周年記念展 扉は開いているか─美術館とコレクション 1982-2022」
会期:2022年2月5日(土)〜5月15日(日) 一部作品の展示替えあり
[前期 2月5日(土)〜3月27日(日) / 後期 3月29日(火)〜5月15日(日)]
会場:埼玉県立近代美術館
住所:埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
開館時間:10:00~17:30(展示室への入場は17:00まで)
休館日:月曜日(3月21日(月・祝)、5月2日(月)は開館)
料金:一般 1,000円(800円)、大高生 800円(640円)
※( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下、障害者手帳の提示者(付添者1名含む)は無料
※あわせて「MOMASコレクション」(1階展示室)も観覧可
※展示構成、出品作家、作品は変更となる場合あり
※休館および会期変更の可能性あり(来館前に美術館ウェブサイトにて最新情報を確認のこと)

【問い合わせ先】
埼玉県立近代美術館
TEL:048-824-0111

Photos(12枚)

埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真1 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真2 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真3 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真4 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真5 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真6 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真7 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真8 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真9 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真10 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真11 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真12

Photos(12枚)

埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真1 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真2 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真3 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真4 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真5 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真6 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真7 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真8 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真9 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真10 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真11 埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目|写真12

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット