menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「新・晴れた日 篠山紀信」東京都写真美術館で - 初の大回顧展、60年間の活動を116作品から展覧

展覧会「新・晴れた日 篠山紀信」が、東京都写真美術館にて、2021年8月15日(日)まで開催される。なお、臨時休館に伴い休止していたが、6月1日(火)より再開する。

篠山紀信、初の大回顧展

〈晴れた日〉1974年 東京都写真美術館蔵
〈晴れた日〉1974年 東京都写真美術館蔵

1960年代より活躍を続ける篠山紀信は、数多くの雑誌やグラビアを手がけ、写真家として時代をつくり出してきた。なかでも、1974年の雑誌『アサヒグラフ』での連載に基づく写真集『晴れた日』は、長嶋茂雄やオノ・ヨーコといった誰もが知る人物を散りばめつつも、昭和という時代における社会の動きを鋭敏かつ広範に捉えており、篠山の特徴を凝縮した1冊だといえる。

〈TOKYO NUDE〉[表参道・結晶のいろ] 1986-92年
〈TOKYO NUDE〉[表参道・結晶のいろ] 1986-92年

展覧会「新・晴れた日 篠山紀信」は、篠山の60年にわたる活動の全容を一望する初の大回顧展。写真集『晴れた日』を基軸に、二部構成で116点の作品を展示し、篠山がいかにして写真家の枠を超えた「時代の創造者」として広く知られるようになったのかを多角的に探る。

第1部:1960〜70年代の主要作品を紹介

〈誕生〉1968年
〈誕生〉1968年

第1部は、1960年代から1970年代までの篠山の主要作品で構成。写真界で注目を集めた初期の代表作のひとつ〈誕生〉から、本展の核となる〈晴れた日〉、1976年のヴェネチア・ビエンナーレにも出品された〈家〉などを展示するとともに、「アイドル」という新しいジャンルの文化を生みだした雑誌『明星』の表紙の仕事も紹介する。

第2部:1980年代以降、変化する東京の姿を捉えた作品など

〈ATOKATA〉2011-18年
〈ATOKATA〉2011-18年

一方、第2部では、1980年代以降の作品にフォーカス。昭和のバブル経済以後、平成、そして令和に向かって急速な変化を遂げる東京の姿を捉えた〈TOKYO NUDE〉や〈人間関係〉、2011年の東日本大震災に触発され、4回にわたって被災地を訪れて撮影を行った〈ATOKATA〉、そして同時代を生きる人びとを撮影したシリーズも展示する。

篠山が捉えた「時代のドキュメント」

〈家〉[蔵座敷の家 山形県山形市] 1972年 東京都写真美術館蔵
〈家〉[蔵座敷の家 山形県山形市] 1972年 東京都写真美術館蔵

「カメラマンは自分の生きている時代しか撮れないんだから、これはぼくにとって時代を複写していることにほかならないんです」──自身を「時代の並走者」と評する篠山はこう語る。1974年のさまざまな出来事を捉えた『晴れた日』と呼応するように、本展では篠山が写しだす「時代のドキュメント」を総覧するとともに、その独特の魅力にもふれることができそうだ。

展覧会概要

展覧会「新・晴れた日 篠山紀信」
会期:2021年5月18日(火)〜8月15日(日)
※5月31日(月)までは、臨時休館につき開催を休止
※オンラインによる日時指定予約を開始(詳細は美術館ホームページを確認)
会場:東京都写真美術館 3階展示室(第1部)・2階展示室(第2部)
住所:東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
開館時間:10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで)
※当面のあいだ木・金曜日の夜間開館は休止
休館日:月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館、翌平日休館)、臨時休館期間
観覧料:共通チケット 一般 1,200円、学生 950円、中高生・65歳以上 600円
※第1部もしくは第2部のみ 一般 700円、学生 560円、中高生・65歳以上 350円
※内容は変更となる場合あり(最新情報は美術館ホームページを確認)

■篠山紀信 インタビュー映像(約30分、ループ上映)
篠山紀信の1970年代前半期までの、重要人物との「出会い」をテーマに、作品の誕生背景や撮影時の知られざるエピソードなどを紹介するインタビュー映像を上映。本展のみでの限定公開となる。
場所:展示会場(2階ロビー)

【問い合わせ先】
東京都写真美術館
TEL:03-3280-0099

Photos(6枚)

「新・晴れた日 篠山紀信」東京都写真美術館で - 初の大回顧展、60年間の活動を116作品から展覧|写真1 「新・晴れた日 篠山紀信」東京都写真美術館で - 初の大回顧展、60年間の活動を116作品から展覧|写真2 「新・晴れた日 篠山紀信」東京都写真美術館で - 初の大回顧展、60年間の活動を116作品から展覧|写真3 「新・晴れた日 篠山紀信」東京都写真美術館で - 初の大回顧展、60年間の活動を116作品から展覧|写真4 「新・晴れた日 篠山紀信」東京都写真美術館で - 初の大回顧展、60年間の活動を116作品から展覧|写真5 「新・晴れた日 篠山紀信」東京都写真美術館で - 初の大回顧展、60年間の活動を116作品から展覧|写真6

Photos(6枚)

「新・晴れた日 篠山紀信」東京都写真美術館で - 初の大回顧展、60年間の活動を116作品から展覧|写真1 「新・晴れた日 篠山紀信」東京都写真美術館で - 初の大回顧展、60年間の活動を116作品から展覧|写真2 「新・晴れた日 篠山紀信」東京都写真美術館で - 初の大回顧展、60年間の活動を116作品から展覧|写真3 「新・晴れた日 篠山紀信」東京都写真美術館で - 初の大回顧展、60年間の活動を116作品から展覧|写真4 「新・晴れた日 篠山紀信」東京都写真美術館で - 初の大回顧展、60年間の活動を116作品から展覧|写真5 「新・晴れた日 篠山紀信」東京都写真美術館で - 初の大回顧展、60年間の活動を116作品から展覧|写真6

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報
洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も
洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も
“新版画”を楽しめる展覧会2021〈東京ほか〉川瀬巴水や吉田博など、美術館での開催情報&展示作品
“新版画”を楽しめる展覧会2021〈東京ほか〉川瀬巴水や吉田博など、美術館での開催情報&展示作品

スケジュール

「庵野秀明展」東京・大阪などで、アニメーター時代~「エヴァンゲリオン」含む現在の創作の秘密を大公開
2021.10.1(金)~2021.12.19(日)
「庵野秀明展」東京・大阪などで、アニメーター時代~「エヴァンゲリオン」含む現在の創作の秘密を大公開
「岩田色ガラスの世界展」神奈川県立近代美術館 鎌倉別館で - 色彩豊かな色ガラス作品約60点を展示
2021.10.1(金)~2021.11.14(日)
「岩田色ガラスの世界展」神奈川県立近代美術館 鎌倉別館で - 色彩豊かな色ガラス作品約60点を展示
弘前れんが倉庫美術館で「りんご前線」展、ウィン・エヴァンスのネオン彫刻や“出会い”から生まれる作品
2021.10.1(金)~2022.1.30(日)
弘前れんが倉庫美術館で「りんご前線」展、ウィン・エヴァンスのネオン彫刻や“出会い”から生まれる作品
「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開
2021.10.2(土)~2022.1.10(月)
「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開
洋画家・遠藤彰子の個展、平塚市美術館で - 圧倒的なスケール感の大作絵画や各時代の代表作を展示
2021.10.2(土)~2021.12.12(日)
洋画家・遠藤彰子の個展、平塚市美術館で - 圧倒的なスケール感の大作絵画や各時代の代表作を展示
 スケジュール一覧