menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示

展覧会「琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術」が、東京のアーティゾン美術館にて、2020年11月14日(土)から2021年1月24日(日)まで、日時指定予約制で開催される。

“都市文化”から捉える琳派と印象派

クロード・モネ《睡蓮の池》1907年 石橋財団アーティゾン美術館蔵
クロード・モネ《睡蓮の池》1907年 石橋財団アーティゾン美術館蔵

「琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術」は、江戸時代日本の琳派、そして19世紀ヨーロッパの印象派の作品を、“都市文化”という視点から比較・再考する展覧会だ。

京都・江戸で育まれた琳派

俵屋宗達《風神雷神図屛風》江戸時代 17世紀 建仁寺蔵(国宝)[後期のみ展示:2020年12月22日(火)〜2021年1月24日(日)]
俵屋宗達《風神雷神図屛風》江戸時代 17世紀 建仁寺蔵(国宝)[後期のみ展示:2020年12月22日(火)〜2021年1月24日(日)]

装飾的な感覚を特色とする琳派は、17世紀初めの俵屋宗達、18世紀初めの尾形光琳らにより、日本の伝統都市・京都の町人文化として育まれた。そして19世紀になると、酒井抱一や鈴木其一といった絵師によって、幕府が置かれた江戸に引き継がれることとなる。このように琳派は、ほかならぬ都市の美術として発展してきた。

印象派、近代都市の経験

エドゥアール・マネ《白菊の図》1881年頃 茨城県近代美術館蔵
エドゥアール・マネ《白菊の図》1881年頃 茨城県近代美術館蔵

一方で、マネやモネ、そしてルノワールといった名前が連なる印象派は、19世紀後半のフランス・パリを中心に起こった。それは、対象の理想化さえする従来の絵画伝統から離れて、日常経験から得られる印象や市民生活の喜びを率直に表現する新たな美術であり、都市の日常を描くにしても、都会に対立する自然風景を描くにしても、いずれにせよ近代における“都市”の経験を核に生まれたのだといえる。

琳派・印象派の作品約100点を展示

尾形光琳《孔雀立葵図屛風》江戸時代 18世紀 石橋財団アーティゾン美術館蔵(重要文化財)
尾形光琳《孔雀立葵図屛風》江戸時代 18世紀 石橋財団アーティゾン美術館蔵(重要文化財)

本展では、日本とヨーロッパそれぞれの都市文化のうちに発展した画家らの作品約100点を通して、大都市ならではの洗練された感覚の極致を比較しつつ紹介。琳派の作品からは、国宝である俵屋宗達の《風神雷神図屛風》、重要文化財である《舞楽図屛風》などを展示するとともに、アーティゾン美術館の新収蔵作品である尾形光琳《孔雀立葵図屛風》などを初公開する。

ベルト・モリゾ《バルコニーの女と子ども》1872年 石橋財団アーティゾン美術館蔵
ベルト・モリゾ《バルコニーの女と子ども》1872年 石橋財団アーティゾン美術館蔵

また、西洋の近代絵画では、マネ《白菊の図》、モネ《睡蓮の池》、セザンヌ《サント゠ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》、そしてモリゾ《バルコニーの女と子ども》など、近代の巨匠が手がけた作品の数々を展示。琳派と印象派の作品を存分に楽しめるだけでなく、“都市文化”という視点から新たな魅力も発見できそうだ。

展覧会概要

展覧会「琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術」〈日時指定予約制〉
会期:2020年11月14日(土)〜2021年1月24日(日) ※会期中に展示替えあり
[前期 11月14日(土)〜12月20日(日) / 後期 12月22日(火)〜1月24日(日)]
会場:アーティゾン美術館 6階・5階 展示室
住所:東京都中央区京橋1-7-2
開館時間:10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで)
※金曜日の夜間開館は当面のあいだ休止
休館日:月曜日(11月23日(月・祝)、1月11日(月・祝)は開館)、11月24日(火)、年末年始(12月28日(月)〜1月4日(月))、1月12日(火)
入館料:一般 ウェブ予約チケット 1,700円 / 当日チケット(窓口販売) 2,000円、学生 無料(要ウェブ予約)
※価格はいずれも税込
※日時指定予約制(9月14日(月)よりウェブ予約開始)
※ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売
※上記料金で同時開催の展覧会をすべて観覧可

■日時指定予約制
時間枠:(1) 10:00〜11:30 (2) 12:00〜13:30 (3) 14:00〜15:30 (4) 16:00〜17:30
・指定した時間枠内であればいつでも入館可
・入館後は閉館まで時間制限なく鑑賞可
予約:アーティゾン美術館ウェブサイトにて
・大学生・専門学校生・高校生は入館時間枠の予約が必要(入館時に学生証または生徒手帳を提示)
・中学生以下はウェブ予約不要
・障がい者手帳の所持者と付添1名は無料だが、入館時間枠の予約が必要(入館時に障がい者手帳を提示)
※注意事項に関しては、美術館サイトを確認

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)

Photos(10枚)

アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像1 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像2 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像3 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像4 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像5 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像6 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像7 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像8 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像9 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像10

Photos(10枚)

アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像1 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像2 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像3 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像4 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像5 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像6 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像7 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像8 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像9 アーティゾン美術館「琳派と印象派」展 - “都市文化”がキーワード、俵屋宗達やモネなど約100点展示 画像10

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
東京都内のおすすめ展覧会特集 - 美術館・博物館で楽しめるアート作品&開催スケジュール
東京都内のおすすめ展覧会特集 - 美術館・博物館で楽しめるアート作品&開催スケジュール
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
ファッション・モードの展覧会2020〈関東・関西〉美術館での開催スケジュール&展示作品を紹介
ファッション・モードの展覧会2020〈関東・関西〉美術館での開催スケジュール&展示作品を紹介

スケジュール

写真家・石元泰博の展覧会が東京都写真美術で - “生命体としての都市”を探る
2020.9.29(火)~2020.11.23(月)
写真家・石元泰博の展覧会が東京都写真美術で - “生命体としての都市”を探る
東京・岡本太郎記念館で「対峙する眼」展 - 岡本太郎の絵画の“向かい合ういのち”に焦点
2020.9.30(水)~2021.1.31(日)
東京・岡本太郎記念館で「対峙する眼」展 - 岡本太郎の絵画の“向かい合ういのち”に焦点
東京・サントリー美術館「日本美術の裏の裏」展 - 生活を彩る美の“愉しみ方”、日本画や着物など展示
2020.9.30(水)~2020.11.29(日)
東京・サントリー美術館「日本美術の裏の裏」展 - 生活を彩る美の“愉しみ方”、日本画や着物など展示
文化学園服飾博物館の展覧会「世界の藍」約40カ国の衣装や布から見る“多彩な藍染の世界”
2020.10.2(金)~2020.12.18(金)
文化学園服飾博物館の展覧会「世界の藍」約40カ国の衣装や布から見る“多彩な藍染の世界”
絵本『ねずみくんのチョッキ』初の大規模展覧会が横浜赤レンガ倉庫で、絵本原画やスケッチなど約150点
2020.10.3(土)~2020.11.29(日)
絵本『ねずみくんのチョッキ』初の大規模展覧会が横浜赤レンガ倉庫で、絵本原画やスケッチなど約150点
 スケジュール一覧