ホーム > ニュース > アート > “視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」上野の森美術館で、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結

“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」上野の森美術館で、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結

「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」が、2018年6月6日(水)から7月29日(日)まで、上野の森美術館で開催される。

“視覚の魔術師”エッシャー

《滝 1961》
《滝 1961》

20世紀を代表する奇想の版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャー。“視覚の魔術師”とも呼ばれる彼は、独特の構図と唯一無二の技法を使った「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」の作品で有名だ。コンピュータの存在しない時代に発想した、緻密で数学的なアートワークは人々を驚かせた。

日本初公開の約150点

《相対性 1953》
《相対性 1953》

エッシャーの生誕120周年を記念した本展では、彼の代表的な作品に加え、初期に制作された作品、さらにその版画制作に使用された板や直筆のドローイングなど、約150点が集結。世界最大級のエッシャー・コレクションを誇る、イスラエル博物館が所蔵する貴重なコレクションが日本初公開される。

《メタモルフォーゼⅡ 1939-40》(部分)
《メタモルフォーゼⅡ 1939-40》(部分)

エッシャーの代表的な構図の原点ともいえる、抽象的な形がだんだんと具体的な姿に変容していく横長の構図が特徴の「メタモルフォーゼ」シリーズ。今回は、貴重な初版とされている幅4mにもおよぶ《メタモルフォーゼⅡ(1939-40)》が展示される。また、実際にありそうで、現実にはない風景を描いた《滝(1961)》や、ぐるぐると歩いているかのようでつながっていない《相対性(1953)》などが並ぶ。

さらに、映像技術を使った参加型デジタルコンテンツも。特別な空間で、現代からみたエッシャーの不思議な世界を体感できる。

【詳細】
生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展
期間:2018年6月6日(水)〜7月29日(日)
会場:上野の森美術館
住所:東京都台東区上野公園1-2
※大阪・福岡ほか巡回予定

All M.C. Escher works © the M.C. Escher Company B.V. - Baarn -the Netherlands. Used by permission. All rights
reserved. www.mcescher.com

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」上野の森美術館で、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結 画像1
“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」上野の森美術館で、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結 画像2
“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」上野の森美術館で、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結 画像3
“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」上野の森美術館で、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結 画像4
“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」上野の森美術館で、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結 画像5
“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」上野の森美術館で、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結 画像6
“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」上野の森美術館で、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結 画像7
“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」上野の森美術館で、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結 画像8
“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」上野の森美術館で、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結 画像9
“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」上野の森美術館で、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結 画像10
“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」上野の森美術館で、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結 画像11
“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」上野の森美術館で、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結 画像12
“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」上野の森美術館で、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結 画像13
“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」上野の森美術館で、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結 画像14

ニュースデータ

日時:2017-12-08 10:10