Abercrombie&Fitch

アバクロンビー&フィッチ

ブランドのはじまり

1892年、アメリカのニューヨークで創業。

アバクロンビー&フィッチについて

アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie&Fitch,アバクロンビー・アンド・フィッチ)は、アメリカの大手カジュアルファッションのブランド。通称アバクロ。レディース、メンズ、子ども服とトータルで展開するブランドで、10代に絶大な支持を得ている。デザイン性、製品全体のクオリティも高く、全体的にストリートの要素を持ち合わせている。素材に関しては、カシミア、ピマコットン、レザーなどの中でも上質なものを使用することをスローガンに掲げている。

創業時は、キャンプ、狩猟、釣りなどアウトドア関連の用品を販売していた。1904年、現在のブランド名でもあるアバクロンビー&フィッチとなっている。ブランド名は、創業者のデイビット・T・アバクロンビーと後に経営に参加するエズラ・フィッチの名前から由来している。

ケネディ元大統領、スタインベック、キャサリン・ヘップバーン、ヘミングウェイが顧客につくまでになるが、60年代後半から70年代あたりに経営問題を抱える。

88年、リミテッド社(現リミテッド・ブランズ社)がアバクロンビー&フィッチを買収。92年、マイケル・ジェフリーズがCEOに就任。ここから「カジュアルラグジュアリー」を掲げ、ライフスタイル型のブランドとして方向を目指す。20代前半をターゲットにし、ヴィンテージの要素などより若々しいスタイルを取り込んだカジュアルブランドとして支持を集め、ブランドは急激に成長。アメリカを中心に店舗を拡大し、やがてニューヨーク証券取引所に上場するまでに至る。

2009年、アバクロンビー&フィッチのアジア第1号となる旗艦店を東京・銀座にオープン。

現在はアメリカの他、カナダ、イギリスなどに進出している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://jp.abercrombie.com

Shop - 取り扱いショップ・店舗

アバクロンビー&フィッチ取り扱い店舗

Data - アバクロンビー&フィッチの関連データ

用語: カシミア セカンドライン ラグジュアリー ヴィンテージ ピマコットン ヨーク ブランド: ヴィンテージ

ブランド・デザイナー紹介