BANANA REPUBLIC

バナナ・リパブリック

ブランドのはじまり

1978年、カリフォルニアのミルバレーにて創業。

バナナ・リパブリックについて

バナナ・リパブリック(BANANA REPUBLIC)はアメリカのファッションブランド。

1978年、メル・ジーグラーとパトリシア・ジーグラー夫妻が創業したアメリカのアパレルブランド。現在は、オリジナルのブランドも展開し、オールド・ネイビーといったアパレル小売最大手のGAP社が運営している。

サファリ系ファッションを扱うブランドとして成長。当時、店のショーウィンドウにはアフリカのサファリを彷彿とさせるデコレーションで生息する植物などを飾っていた。

83年にGAPの傘下に入り、80年代後半あたりからカジュアルウェアやジュエリー等のアイテムの取扱を開始。サファリ系ファッションの衰退もあり、デザインもややラグジュアリーな方向へシフトする。

96年、ホームウェア、アンダーウェア、シューズ、ギフトの取扱を開始。

2001年、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート出身のデボラ・ロイドがクリエイティヴ・ディレクターに就任。

2003年、初めてランウェイショーを開催。2005年には、東京の六本木に旗艦店をオープン。これは北米以外で初の海外進出となった。2008年、ブルックスブラザーズで活躍したサイモン・ニーンがクリエイティヴ・ディレクターに就任。

現在、世界に約650店舗を展開している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://bananarepublic.gap.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

バナナ・リパブリック取り扱い店舗

Data - バナナ・リパブリックの関連データ

用語: ラグジュアリー ネイビー ロイヤル・カレッジ・オブ・アート ブランド: GAP ブルックス

ブランド・デザイナー紹介