NOZOMI ISHIGURO

ノゾミ イシグロ

ノゾミ イシグロについて

石黒望(Nozomi Ishiguro)は1964年生まれ。桑沢デザイン研究所でドレスデザインを学び卒業。

コム デ ギャルソンに入社。トリコ・コムデギャルソン、ジュンヤワタナベなどのブランドにアシスタントデザイナーとして携わる。

1998年に独立してアトリエを構える。自身の名を冠したブランド、「ノゾミ イシグロ(NOZOMI ISHIGURO)」をスタート。1999A/Wにて展示会形式でレディースウェアのコレクションを発表。

2002A/W2002から、メンズコレクションをスタート。2005A/Wコレクションでランウェイデビュー。

2008A/Wからブランド名を「ノゾミ イシグロ オートクチュール(NOZOMI ISHIGURO HAUTE COUTURE)」に改名。

2012年春夏コレクションで新ブランド「ノゾミ イシグロ タンバリン(NOZOMI ISHIGURO tambourine)」がデビュー。

2014-15年秋冬シーズンに、ゴトウ フミカのディレクションでノゾミ イシグロ タンバリンから「タンバリン(tambourine)」にブランドを変更。ゴトウ フミカはノゾミイシグロの初期からのアシスタントを務めている人物。

[ 続きを読む ]

Data - ノゾミ イシグロの関連データ

用語: オートクチュール クチュール ブランド: HAUTE コム デ ギャルソン ジュンヤワタナベ

ブランド・デザイナー紹介