menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   トーマス マイヤー

Tomas Maierトーマス マイヤー

ブランドのはじまり

1997年、トーマス マイヤーが自身の名を冠したブランド「トーマス マイヤー」をスタート。

トーマス マイヤーについて

トーマス マイヤーはファッションブランド。アメリカのNYを拠点としている。メンズ&ウィメンズウェアの他、アイウェアも展開している。

天然繊維をふんだんに使ったシンプル、クリーン、洗練されたスタイルが特徴。ウェアはイタリアで生産している。ラグジュアリーを追求すると同時に、個々の内面、個性が潜在的な部分に入っていけるか、ということを探求し続けるデザイナー。

トーマス マイヤーの沿革・歴史

トーマス・マイヤー(Tomas Maier)はドイツ生まれ。国籍はオーストリア。シャンブル・サンディカル・ド・ラ・クチュール・パリジェンヌ(パリクチュール協会付属モード学校)出身。

ソニア リキエルで働いた後、エルメスで9年間、レディス・プレタポルテ、レザーグッズ、アクセサリーのデザインを担当。1997年に自身のブランドをスタート。高級スイムウェアとリゾートウェアを展開。

2001年、ボッテガ ヴェネタのクリエイティブデザイナーに就任。 従来から持つ、重厚なブランドにマイヤーの革新的なスタイルを持ち込みスタート。ブランド固有のエレガンスと工房の技術に新たなスタイルを加えた。ブランドがもと元々兼ね備えていた職人技にマイヤーが装飾的なテクニックを加える。
※PPR(現ケリング)傘下のグッチグループがボッテガ ヴェネタを買収、これを機に事業の拡大が加速、数年で、イタリアの中でもそこまで大きくなかったブランドが、世界に名の知れたブランドにまで成長した。

2017年、プーマと“ヤシの木”柄をエンボス加工したシューズを発表。

2018年、ユニクロとコラボレーションでリゾートウェアを発表。同年、2001年より約18年に渡ってブランドを率いたが、ボッテガ・ヴェネタのクリエイティブ・ディレクターを退任した。

News - トーマス マイヤーのニュース

Shop - トーマス マイヤー 店舗・取り扱いコーナー

ランド オブ トゥモロー
東京都千代田区丸の内2-6-1
インターナショナルギャラリー ビームス
東京都渋谷区神宮前3-25-15
スーパー エー マーケット 青山店
東京都港区南青山3-18-9
ディーエフ トウキョウ
東京都渋谷区恵比寿西2-18-6
モナマッチョ
愛知県名古屋市中区栄5-28-19
ゴールドキス
愛知県名古屋市中区大須3-1-65
岡山眼鏡店
岡山県岡山市北区奉還町2-15-15
イヌイメゾン
福岡県北九州市小倉北区竪町1-1-2

Shop Search - トーマス マイヤー 店舗・取り扱いコーナー検索

トーマス マイヤー取り扱い店舗・コーナー

関連用語

関連ブランド

ショップスナップ

ショップアイテム

スケジュール

「パンのフェス」横浜赤レンガ倉庫で - 行列店や売り切れ必至の人気店などが全国から集結
9月21日(土)~9月23日(月)開催
「パンのフェス」横浜赤レンガ倉庫で - 行列店や売り切れ必至の人気店などが全国から集結
「くいしんぼうのバターまつり」東京・青山で - 全国から約100種類が集結、レアバターの販売も
9月21日(土)~9月23日(月)開催
「くいしんぼうのバターまつり」東京・青山で - 全国から約100種類が集結、レアバターの販売も
ドキュメンタリー映画『ザ・ヒストリー・オブ・シカゴ ナウ・モア・ザン・エヴァー』人気バンドの軌跡
9月21日(土)公開
ドキュメンタリー映画『ザ・ヒストリー・オブ・シカゴ ナウ・モア・ザン・エヴァー』人気バンドの軌跡
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る