Tomas Maier

トーマス マイヤー

ブランドのはじまり

1997年、トーマス マイヤーが自身の名を冠したブランド「トーマス マイヤー」をスタート。

トーマス マイヤーについて

トーマス マイヤー(Tomas Maier)はドイツ生まれ。国籍はオーストリア。シャンブル・サンディカル・ド・ラ・クチュール・パリジェンヌ(パリクチュール協会付属モード学校)出身。

ソニア リキエルで働いた後、エルメスで9年間、レディス・プレタポルテ、レザーグッズ、アクセサリーのデザインを担当。1997年に自身のブランドをスタート。高級スイムウェアとリゾートウェアを展開。

2001年、ボッテガ ヴェネタのクリエイティブデザイナーに就任。 従来から持つ、重厚なブランドにマイヤーの革新的なスタイルを持ち込みスタート。ブランド固有のエレガンスと工房の技術に新たなスタイルを加えた。ブランドがもと元々兼ね備えていた職人技にマイヤーが装飾的なテクニックを加える。

PPR(現ケリング)傘下のグッチグループがボッテガ ヴェネタを買収、これを機に事業の拡大が加速、数年で、イタリアの1ブランドが世界に名の知れたブランドにまで成長した。

贅沢を追求すると同時に、個々の内面、個性が潜在的な部分に入っていけるか、ということを探求し続けるデザイナー。

[ 続きを読む ]

Shop - 取り扱いショップ・店舗

トーマス マイヤー取り扱い店舗

Data - トーマス マイヤーの関連データ

用語: クチュール モード ブランド: エルメス グッチ ケリング ソニア リキエル

ブランド・デザイナー紹介