MOSCHINO

モスキーノ

ブランドのはじまり

1983年、フランシスコ・モスキーノが創立。

モスキーノについて

モスキーノ(MOSCHINO)はイタリアのファッションブランド。

創業者はフランコ・モスキーノ(Francisco Moschino)。1950年イタリア・ アッビアテグラッソに生まれる。14歳から高級仕立屋のイザベラ・モイランディで働き、その後、ミラノの芸術アカデミーに入学して美術を学んで卒業。

71年からヴェルサーチで働く。そこでは主にスケッチャー、イラストレーターを主に担当する。ジャンニ・ヴェルサーチの元では6年間働き、その後の6年はイタリアのブランド、カデットで6年デザイナーを担当する。

83年、フランコ・モスキーノはムーンシャドウ(moonshadow)社を設立。同年初めてのレディースウェアのファッションショー(84年S/Sコレクション)をミラノで発表。86年S/Sコレクションにてメンズウェアのコレクションを始めて発表。

87年、カジュアルラインのモスキーノジーンズと香水を発表、88年には、セカンドラインのチープ&シック(Cheap & Chic)を発表した。89年ミラノに初のショップがオープンとブランドは徐々に成長。

94年フランコモスキーノが死去。ブランドは81年からコンビを組んでいたロッセラ・ヤルディーニ(Rosella Jardini)がデザインチームの中心的役割を果たしブランドを継承している。

99年、設立の時からモスキーノの製造・販売を手がけてきたムーンシャドウ社がイタリアのアパレル企業、アエッフェ社のグループに買収され傘下に入る。アエッフェ社はイタリアのデザイナー、アルベルタ フェレッティの設立したファッショングループ企業で、モスキーノの靴の製造は、同じクループ傘下のポリーニが手がけている。

2006年にはトリノオリンピックのオープニング セレモニーのためにデザインを行なう。2008年、ホテル事業を始める予定。2007年、モスキーノジーンズのブランド名をラブ・モスキーノ(LOVE MOSCHINO)に改名、ジーンズがメインであったが、様々なラインナップを揃えるブランドとなる。

2009年、モスキーノ・チープ&シック(MOSCHINO CHEAP&CHIC)とラブ・モスキーノが伊勢丹新宿店にオープン。

2015年PreFallコレクションより、モスキーノ・チープ&シックからブティック モスキーノ(BOUTIQUE MOSCHINO)に改名。

2013年、モスキーノの新クリエイティブ・ディレクターにジェレミー スコットが就任した。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.moschino.it/

ブランド・デザイナー紹介