Blumarine

ブルマリン

ブランドのはじまり

80年、「ブルマリン」をスタート

ブルマリンについて

ブルマリン(Blumarine)はイタリアのファッションブランド。

アンナ モリナーリ (ANNA MOLINARI)はイタリアのカルピ生まれ。ブランドのスタートは1977年、現在の夫であるジャン・パオロ・タラビーニとともに活動を開始したところから。

アンナ モリナーリは地元レッジョ・エミーリア県カルピの伝統産業であったニットウェアから事業を始める。ニット事業を始めたきっかけはアンナモリナーリの父親はカルピで有数のニット工場を経営していたことも影響。工場は「フランスの有名ブランドの下請け」的な仕事が多かった。アンナモリナーリは幼少のころから毛糸に親しみがあり、美術学校を卒業後、親の事業を引き継ぐこととなる。そのときアンナモリナーリは下請けではなく自身のブランドで勝負する」ことを決意。

彼女の夢を叶える大きな力になるのが夫、ジャン・パオロ・タラビーニ。彼はオーストリアの貴族で名家出身。彼が家内工業出すぎなかった会社を組織化し、徐々に仕立て業へと移行させた。ファッションブランド設立のために1977年ブルフィン社を設立。

80年、好きな海にちなんで名づけた「ブルマリン(Blumarine)」コレクションをミラノのイタリア国際ファッション見本市で発表。そこで最優秀デザイナー賞を獲得。87年からミラノコレクションに参加。

95年には「ブルマリン(Blumarine)」と普及版との違いを強調するため、新たに「アンナ モリナーリ」を発表。デザインは1998S/Sから娘のロッセラ・モリナーリが担当。

96年、カジュアルラインとしてブルーガール(BLUGIRL)をスタート。

2003年11月20日、東京・青山の骨董通りにショップをリニューアルオープン。

アンナ モリナーリの娘であり、現在はデザイナーとして活躍する、ロッセラ・モリナーリ(Rossela Molinari)は1969年イタリア、カルピにて生まれる。「子供の頃ボタン倉庫が遊び場だった」とコメントしているように、ファッションに恵まれた環境で育つ。ボローニャの大学でアート、ロンドンで語学とアートを学ぶ。イタリア「ヴォーグ」で働いた後、94年、母のブランド「ブルマリンアンナモリナーリ」のアートディレクターとして参加。95年「アンナ モリナーリ・クチュール」を開始。1998年から「ブルマリンアンナモリナーリ」を母から受け継ぎデザイナーに昇進。結婚して現在はロッセラ・タラビーニの名前。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.blumarine.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ブルマリン取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介