menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ブランド

Coci la elleコシラエル

ブランドのはじまり

2010年、デザイナーのひがしちかにより設立。

コシラエルについて

コシラエル(Coci la elle)はデザイナーのひがしちかによる手作り傘ブランド。ブランド名の由来は、手仕事への敬意を込めたニュアンスをもつ日本語「拵える」。

日傘、雨傘を中心に、スカーフやハンカチ、レインコートなどを展開。日傘の絵柄はひがしちかが布用の絵具で描いており、一方雨傘やスカーフにはオリジナルプリントを施している。いずれも、柔らかな色彩が織りなすアーティスティックな仕上がりが魅力の1つだ。

ひがしは1981年、長崎県生まれ。文化服装学院を卒業後、アパレル勤務を経て絵を描き始めた。

2010年4月にブランドがスタートし、同年7月にNO.12 GALLALYで「はじめまして 日傘やです」展開催。さらに同年8月には国立新美術館のスーベニアフロムトーキョーでの展示販売を実施し、rooms合同展示会にも出展した。

2011年2月に初のスカーフをリリース。同年11月にAteliere&gallery Le lieuを始動し、12月にNidi galleryにて個人の作品を発表。

2015年、大塚呉服店とコラボレーションした「運命のゆかた」限定発売

コシラエルのデザイナープロフィール

ひがしちかは、1981年長崎県生まれ。2010年独学で傘を作り出し、日傘に直接絵を描き1点物の日傘屋としてコシラエルを立ち上げる。
現在は傘を作るのはもちろん、本の装画、パッケージや、テキスタイル図案、イラスト、ロゴなど、垣根なく、幅広く絵を描いている。独特の色彩と、コラージュなどの手法で作品を次々と生み出し、描いた絵を日常の物へと変化させる。

公式サイト

https://www.cocilaelle.com

News - コシラエルのニュース

Shop - コシラエル 店舗・取り扱いコーナー

コシラエル 本店
東京都江東区三好2-3-2
コシラエル スワン店
東京都渋谷区鉢山町14-5
コトバトフク
京都府京都市中京区丸屋町315
コシラエル 神戸店
兵庫県神戸市灘区城内通5-3-2 61-62

Shop Search - コシラエル 店舗・取り扱いコーナー検索

コシラエル取り扱い店舗・コーナー

関連用語

関連ブランド

スケジュール

メゾン ド フルール21年夏の新作浴衣、ヒナゲシ&林檎飴のモチーフを総柄で
2021.5.8(土)~2021.5.31(月)
メゾン ド フルール21年夏の新作浴衣、ヒナゲシ&林檎飴のモチーフを総柄で
ファミマ「リッチフラッペストロベリー2017」過去最大いちご果肉量の人気フラッペ復活
2021.5.8(土)
ファミマ「リッチフラッペストロベリー2017」過去最大いちご果肉量の人気フラッペ復活
ハウステンボス「バラ祭」ヨーロッパの街に咲き誇るバラの花100万本2000品種
2021.5.8(土)~2021.5.30(日)
ハウステンボス「バラ祭」ヨーロッパの街に咲き誇るバラの花100万本2000品種
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る