menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

特別展「皇室の美と広島」広島県立美術館で - 伊藤若冲など、宮内庁三の丸尚蔵館所蔵の名品を展示

特別展「皇室の美と広島─宮内庁三の丸尚蔵館の名品から─」が、広島県立美術館にて、2022年9月16日(金)から10月30日(日)まで開催される。

宮内庁三の丸尚蔵館の名品を紹介

伊藤若冲《旭日鳳凰図》1755年(宝暦5)[前期展示]
伊藤若冲《旭日鳳凰図》1755年(宝暦5)[前期展示]

皇室に受け継がれてきた美術工芸品を所蔵する、宮内庁三の丸尚蔵館。その所蔵作品点数は、現在約9,800点に及ぶ。

岩佐又兵衛《をくり(小栗判官絵巻)》巻十(部分) 江戸時代(17世紀)[前期・後期で場面替えあり / 掲載場面は後期展示]
岩佐又兵衛《をくり(小栗判官絵巻)》巻十(部分) 江戸時代(17世紀)[前期・後期で場面替えあり / 掲載場面は後期展示]

特別展「皇室の美と広島─宮内庁三の丸尚蔵館の名品から─」は、広島と皇室のつながりに着目しつつ、宮内庁三の丸尚蔵館の所蔵品を紹介する展覧会だ。 《旭日鳳凰図》をはじめとする伊藤若冲の作品や、 平清盛・重盛親子にまつわる絵巻、そして広島出身の児玉希望や平山郁夫の作品を展示するとともに、広島県立美術館の所蔵品を加えて紹介する。

展覧会概要

特別展「皇室の美と広島─宮内庁三の丸尚蔵館の名品から─」
会期:2022年9月16日(金)~10月30日(日) 会期中に大幅な展示替えあり
[前期 9月16日(金)~10月10日(月・祝) / 後期 10月12日(水)~10月30日(日)]
会場:広島県立美術館 3階企画展示室
住所:広島市中区上幟町2-22
開館時間:9:00~17:00(金曜日は19:00まで)
※9月16日(金)は10:00開場
※入場はいずれも閉館30分前まで
休館日:月曜日(祝日は開館)、10月11日(火)休室
観覧料:一般 1,400円、高校・大学生 1,000円、中学生以下 無料
※会期中,本展チケット半券の提示により,当日料金より200円引き
※前売、20名以上の団体は当日料金より200円引き
※学生券の購入、入場の際は、学生証を提示
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳の所持者、および介助者(1名まで)の当日料金は半額
※本展のチケットで所蔵作品展も観覧可

【問い合わせ先】
広島県立美術館
TEL:082-221-6246

Photos(2枚)

特別展「皇室の美と広島」広島県立美術館で - 伊藤若冲など、宮内庁三の丸尚蔵館所蔵の名品を展示|写真1 特別展「皇室の美と広島」広島県立美術館で - 伊藤若冲など、宮内庁三の丸尚蔵館所蔵の名品を展示|写真2

Photos(2枚)

特別展「皇室の美と広島」広島県立美術館で - 伊藤若冲など、宮内庁三の丸尚蔵館所蔵の名品を展示|写真1 特別展「皇室の美と広島」広島県立美術館で - 伊藤若冲など、宮内庁三の丸尚蔵館所蔵の名品を展示|写真2

キーワードから探す

関連ショップ・スポット