menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   映画   >   インタビュー

【インタビュー】モードに愛される女優・菊地凛子 映画「47RONIN」で演じる妖艶な役&独自のファッション観

2013年12月6日(金)、映画『47RONIN』が公開を向かえる。本作は、ハリウッドが手がけた『忠臣蔵』のリメイク版で、型破りなストーリー展開と迫力満点のCG映像が魅力の3Dアクション大作だ。日米の豪華な俳優陣故に、2年前、キャストが発表された直後からすでに注目を集めていた話題作だが、その中に女優・菊地凛子の名前もあった。演じるのは、"謎の妖女"ミヅキ。響きからして、何とも興味深く、そそられる役どころだ。

菊地凛子と言えば2006年、ほぼ無名の状態からアカデミー賞へのノミネートで、一気にその存在を日本中、いや、世界に、なんともドラマチックな形で示した。以後、"国際的実力派女優"が、菊地に対する世間の持つイメージとして定着した。だが、同時に彼女は日本を代表するファッションアイコンでもある。きれいな女優は、日本にだってたくさんいる。それでも、一流のモードが似合う女優はほとんど思い浮かばない。モデル出身だけあって、プロポーションに恵まれていることは確かだ。 しかし、それだけではない。纏う服にぴったりの女性を演じることができる、女優ならではの豊かな表現力。そしてどんな服でも自分のものとして着こなす、圧倒的な存在感と強烈な個性。菊地の場合、それらを持ち合わせた上でのプロポーションが良い、なのだ。

そんな彼女には、やはりファッション界からのラブコールは絶えない。モードの帝王カール・ラガーフェルドにミューズの一人として選ばれ、VOGUEやHarper's BAZAARといった数々の有名ファッション誌の誌面を飾ってきた。最近では、ケンゾーの広告モデルに起用され、ヴィヴィアン・タム×レスリー・キーの写真集のモデルに抜擢されたといったニュースが駆け巡った。

なぜこれほどまでに、モードに愛されるのだろう。彼女の何がデザイナー、クリエイターたちを魅了するのか。役、本人ともに"謎"に包まれた菊地凛子という存在に、「映画」と「ファッション」という2つの方向から迫っていく。

役はオーディションで勝ち取る

菊地さんが演じた"ミヅキ"は、物語のキーともなるキャラクターですよね。彼女のかけた妖術が、戦いのきっかけを生んだ訳ですし。ずばりこの役の魅力とは?

ミヅキは、魔女なので何でもできるんですよ。それに何百年も生きている設定なので、中性的に描こうと思いました。だから、あるシーンでは男性的、だけどまた別のシーンでは女性的だったりするんです。妖艶だと思えば、ふいに子供っぽい部分を見せたりもします。

"こういう女性"と決めてやるつもりはなくて、いろんなカラーが出せたらいいかなと思って演じました。そこがやりがいでもあったし、役の魅力だと思いますね。

その中でも特に妖艶さが際立ってました。見た目や仕草はもちろんですが、一番ゾクゾクさせられたのは、彼女の話し方。息使いや声の出し方が絶妙で。しかも、英語のセリフに感情を乗せるんですもんね。

彼女がどうしたいのか、どこへ向かおうとしているのかを想像すると、声の出し方や仕草は後からついてくるんです。このシーンで彼女はどういう目的でこれを話 しているんだろう。あっ、吉良(役:浅野忠信)のアテンションが欲しいのかな、って。言葉を発する前に彼女の気持ちというのがあるので、そこを大事にして います。役作りもキャラクターのバックグラウンドを掘り下げていくんですよ。

今回の役もオーディションで勝ち取ったのですか?

はい。もともとロサンゼルスで映画の話を聞いて。それで監督にお会いしてオーディションを受けました。監督は始めから魔女がいいな、とは言っていたのですが、当初はとても小さな役でした。でも凛子がやるなら大きくしたい、と言ってくれて今の形になったんです。

どのような役だと「やってみたい!」と思うのでしょう。

チャンスがあれば何でもやりたいと思います。ただ私の場合、監督がキー。監督が良ければ良い作品になっていくことが多いです。

なるべくリスクを取らないようにしたい、っていうのが本当の気持ちなので。

次のページ:世界に目を向けるということ

Photos(15枚)

【インタビュー】モードに愛される女優・菊地凛子 映画「47RONIN」で演じる妖艶な役&独自のファッション観 画像1 【インタビュー】モードに愛される女優・菊地凛子 映画「47RONIN」で演じる妖艶な役&独自のファッション観 画像2 【インタビュー】モードに愛される女優・菊地凛子 映画「47RONIN」で演じる妖艶な役&独自のファッション観 画像3 【インタビュー】モードに愛される女優・菊地凛子 映画「47RONIN」で演じる妖艶な役&独自のファッション観 画像4 【インタビュー】モードに愛される女優・菊地凛子 映画「47RONIN」で演じる妖艶な役&独自のファッション観 画像5 【インタビュー】モードに愛される女優・菊地凛子 映画「47RONIN」で演じる妖艶な役&独自のファッション観 画像6 【インタビュー】モードに愛される女優・菊地凛子 映画「47RONIN」で演じる妖艶な役&独自のファッション観 画像7 【インタビュー】モードに愛される女優・菊地凛子 映画「47RONIN」で演じる妖艶な役&独自のファッション観 画像8 【インタビュー】モードに愛される女優・菊地凛子 映画「47RONIN」で演じる妖艶な役&独自のファッション観 画像9 【インタビュー】モードに愛される女優・菊地凛子 映画「47RONIN」で演じる妖艶な役&独自のファッション観 画像10 【インタビュー】モードに愛される女優・菊地凛子 映画「47RONIN」で演じる妖艶な役&独自のファッション観 画像11 【インタビュー】モードに愛される女優・菊地凛子 映画「47RONIN」で演じる妖艶な役&独自のファッション観 画像12 【インタビュー】モードに愛される女優・菊地凛子 映画「47RONIN」で演じる妖艶な役&独自のファッション観 画像13 【インタビュー】モードに愛される女優・菊地凛子 映画「47RONIN」で演じる妖艶な役&独自のファッション観 画像14 【インタビュー】モードに愛される女優・菊地凛子 映画「47RONIN」で演じる妖艶な役&独自のファッション観 画像15

関連ニュース

キーワードから探す

関連用語

ピックアップ

【映画】2018年公開の話題作<洋画編>ファンタビ続編、実写版くまのプーさんほか
【映画】2018年公開の話題作<洋画編>ファンタビ続編、実写版くまのプーさんほか
映画『雪の華』登坂広臣×中条あやみ、中島美嘉の名曲を映画化 - フィンランドが舞台のラブストーリー
2019年2月1日(金)公開
映画『雪の華』登坂広臣×中条あやみ、中島美嘉の名曲を映画化 - フィンランドが舞台のラブストーリー
【映画】2019年の話題作<洋画編>スパイダーマンやスター・ウォーズの新作が登場
【映画】2019年の話題作<洋画編>スパイダーマンやスター・ウォーズの新作が登場
【映画】2019年 邦画作品を一挙紹介 - 人気コミックや小説の実写化作など注目作が満載
【映画】2019年 邦画作品を一挙紹介 - 人気コミックや小説の実写化作など注目作が満載
オーディオテクニカの“くすみ色”新ヘッドホン、ダスティカラーで遊ぶ大人の秋冬コーデ
11月9日(金)発売
オーディオテクニカの“くすみ色”新ヘッドホン、ダスティカラーで遊ぶ大人の秋冬コーデ

スケジュール

MOVIXあまがさきで「爆音映画祭」ラ・ラ・ランド、名探偵コナン ゼロの執行人など爆音上映
11月22日(木)~11月25日(日)開催
MOVIXあまがさきで「爆音映画祭」ラ・ラ・ランド、名探偵コナン ゼロの執行人など爆音上映
映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』グリンデルバルド役にジョニー・デップ
11月23日(金)公開
映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』グリンデルバルド役にジョニー・デップ
映画『ハード・コア』山田孝之×佐藤健×荒川良々で実写化、苦役列車の山下敦弘が監督
11月23日(金)公開
映画『ハード・コア』山田孝之×佐藤健×荒川良々で実写化、苦役列車の山下敦弘が監督
映画『ギャングース』コミック実写化、裏社会で生きる男の友情を高杉真宙・加藤諒・渡辺大知が熱演
11月23日(金)公開
映画『ギャングース』コミック実写化、裏社会で生きる男の友情を高杉真宙・加藤諒・渡辺大知が熱演
映画『家族のはなし』岡田将生主演で鉄拳の心温まるパラパラ漫画を映画化
11月23日(金)公開
映画『家族のはなし』岡田将生主演で鉄拳の心温まるパラパラ漫画を映画化
 スケジュール一覧