menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント   /  
  5. [PR]

グラフィックの次世代を担う「1_WALL」グランプリ・平手の個展が銀座で、“実在しない誰か”を作品化

第23回グラフィック「1_WALL」グランプリ受賞者個展「平手展『拳に綿を詰める』」が、東京・銀座のガーディアン・ガーデンにて、2022年4月12日(火)から5月21日(土)まで開催される。入場は無料。

平手「実在しない誰かと生きる」をテーマに個展開催

グラフィックの次世代を担う「1_WALL」グランプリ・平手の個展が銀座で、“実在しない誰か”を作品化|写真2

「1_WALL」は、これからのグラフィック界を担う若手アーティストによる、個展開催をかけたコンペティション形式のグループ展だ。第23回グラフィック「1_WALL」展では、1997年生まれの作家・平手がグランプリを受賞。個展「拳に綿を詰める」を開催する。

グラフィックの次世代を担う「1_WALL」グランプリ・平手の個展が銀座で、“実在しない誰か”を作品化|写真3

平手は、人間の形状をモチーフとするテキスタイルオブジェを中心に構成された作品《あなたは風穴》により、第23回グラフィック「1_WALL」のグランプリを受賞。知人から譲り受けた布を用い、ファッションとして身にまとうことができる作品の造形力や技術力、そして制作に対する実直な姿勢が高い評価を受けた。

グラフィックの次世代を担う「1_WALL」グランプリ・平手の個展が銀座で、“実在しない誰か”を作品化|写真1

今回の個展「拳に綿を詰める」では、「実在しない誰かと生きる」ことをテーマに、染色した布や綿などを素材とした人型のオブジェを展示。オブジェは、話しかけたり、拳を振りかざしたり、あるいは音を奏でたりするなど、鑑賞者に働きかける機能を有しており、いわば実在しない“誰か”の存在を具現化し、展示空間内の鑑賞者との相互作用をもたらすことになる。

グラフィックの次世代を担う「1_WALL」グランプリ・平手の個展が銀座で、“実在しない誰か”を作品化|写真6

本展では、町に見立てた展示空間を舞台に、インスタレーション作品のほか、映像、写真、ドローイング、そして漫画なども展示する。

上西祐理とのトークイベントも

グラフィックの次世代を担う「1_WALL」グランプリ・平手の個展が銀座で、“実在しない誰か”を作品化|写真5

本展の開催にあわせて、2022年4月26日(火) には、平手とアートディレクター・グラフィックデザイナーの上西祐理によるトークイベントも開催、オンラインでライブ配信される予定だ。

展覧会概要

第23回グラフィック「1_WALL」グランプリ受賞者個展
平手展「拳に綿を詰める」
会期:2022年4月12日(火)〜5月21日(土)
会場:ガーディアン・ガーデン
住所:東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル B1F
開館時間:11:00〜19:00
※4月26日(火)はトークイベント準備のため18:30閉館
休館日:日曜日、4月29日(金)〜5月5日(木)
入場料:無料
※状況に応じて入場制限を行う場合あり

■トークイベント 上西祐理(アートディレクター、グラフィックデザイナー)×平手
参加無料、要予約、オンライン配信
日程:2022年4月26日(火)
時間:19:10〜20:40
視聴予約URL:http://rcc.recruit.co.jp/gg/?p=45146

Photos(7枚)

グラフィックの次世代を担う「1_WALL」グランプリ・平手の個展が銀座で、“実在しない誰か”を作品化|写真1 グラフィックの次世代を担う「1_WALL」グランプリ・平手の個展が銀座で、“実在しない誰か”を作品化|写真2 グラフィックの次世代を担う「1_WALL」グランプリ・平手の個展が銀座で、“実在しない誰か”を作品化|写真3 グラフィックの次世代を担う「1_WALL」グランプリ・平手の個展が銀座で、“実在しない誰か”を作品化|写真4 グラフィックの次世代を担う「1_WALL」グランプリ・平手の個展が銀座で、“実在しない誰か”を作品化|写真5 グラフィックの次世代を担う「1_WALL」グランプリ・平手の個展が銀座で、“実在しない誰か”を作品化|写真6 グラフィックの次世代を担う「1_WALL」グランプリ・平手の個展が銀座で、“実在しない誰か”を作品化|写真7

Photos(7枚)

キーワードから探す