YUKI TORII

ユキ トリヰ

ユキ トリヰ について

ユキ トリヰ(YUKI TORII)は日本のファッションブランド。

「ユキ トリヰ インターナショナル」がコレクションライン。「ユキ トリヰ」が結婚式、パーティーなどのシーンに活躍する上質でエレガントなアイテムを展開している。

創業者の鳥居ユキは、日本だけでなく、1975年から2008年までパリで発表し続け、日本を代表するファッションデザイナーの1人と言われている。

ユキ トリヰ の沿革・歴史

鳥居ユキ(Yuki Torii)は1943年、東京都生まれ。その母・君子が、終戦後、その母であるミツと共に洋装店を開業。これがトリヰブランドの事実上のスタートとなった。君子は、デザインを学び、さらに洋裁店を会社にするなど組織も整えていった。1950年、銀座に店舗を出店。ディオールのショーを見たことをきっかけにパリのデザインに傾向。

1962年、そんな母・君子のコレクションに鳥居ユキ(Yuki Torii)が初参加。以後、年2回のコレクションを開催。1971年、株式会社トリヰを設立。

ファッションコンサルタントとして有名なジャン・ジャック・ピカールと出会いをきっかけに、75年より「ユキ トリヰ」としてパリコレクションを開催。

76年、88年FEC賞受賞。85年パリのギャラリー・ヴィヴィエンヌに店舗をオープン。著書「着物、着ましょ。」出版。95年、FEC(ファッション・エディターズ・クラブ)話題賞と毎日ファッション大賞受賞。2005年同特別賞受賞。2008年10月上海でコレクションを発表。

2011年、デザイナーとしての活動50周年を迎え、発表してきたコレクションが100回目を超える。

2014年、著書『YUKI TORII STYLE BOOK』を出版。

[ 続きを読む ]

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ユキ トリヰ インターナショナル取り扱い店舗

Data - ユキ トリヰ の関連データ

ブランド: ディオール

ブランド・デザイナー紹介