menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

展覧会「サロン!雅と俗」京都国立近代美術館で - 江戸〜昭和期における京都・大坂画壇の日本画を紹介

展覧会「サロン!雅と俗─京の大家と知られざる大坂画壇」が、京都国立近代美術館にて、2022年3月23日(水)から5月8日(日)まで開催される。

京都と大坂で活躍した画家による代表作を展示

国宝 与謝蕪村《夜色楼台図》江戸時代[3月23日~4月3日展示]
国宝 与謝蕪村《夜色楼台図》江戸時代[3月23日~4月3日展示]

展覧会「サロン!雅と俗─京の大家と知られざる大坂画壇」は、江戸時代から昭和時代にかけて京都と大坂で活躍した画家の作品を紹介する、最大規模の展覧会だ。

上村松園《楚蓮香之図》1924年頃 京都国立近代美術館蔵
上村松園《楚蓮香之図》1924年頃 京都国立近代美術館蔵

江戸時代の京都では、文人画家の池大雅や与謝蕪村、写実的な表現を開拓した円山応挙、そして蕪村や応挙に学んで叙情的な画風を確立した呉春など、個性的な画家が活躍した。とりわけ応挙の流れは、気品あふれる美人画を手がけた上村松園に至るまで、長く継承された。

重要美術品 岡田米山人《秋山蕭寺図》1807年 個人蔵[前期展示]
重要美術品 岡田米山人《秋山蕭寺図》1807年 個人蔵[前期展示]

一方で大坂には、木村蒹葭堂(きむら けんかどう)や岡田米山人(おかだ べいさんじん)など、町人としての本業がありながらも絵画を描いた文人が数多く存在。京都の円山・四条派の流れを汲む画家も多く、独自の画風を展開した。

伊藤若冲 賛:売茶翁《売茶翁像》賛:1757年 個人蔵
伊藤若冲 賛:売茶翁《売茶翁像》賛:1757年 個人蔵

密接な関係のもとで発展を遂げた京都と大坂の文化人には、身分や職業にとらわれない交流があり、こうした広範なネットワークは明治時代以降にも引き継がれた。加えて、京坂にはほかの地域からも多くの文化人が集まり、浦上玉堂や田能村竹田、谷文晁らを含む文化サロンが形成されることとなった。

本展は、江戸時代から近代に至る大坂画壇の全容を紹介する初の機会。会場では、国宝である与謝蕪村《夜色楼台図》を筆頭に、上村松園《楚蓮香之図》や岡田米山人《秋山蕭寺図》(重要美術品)など、京坂の文化人による代表作約240件を展示し、大英博物館所蔵の貴重な作品20件も里帰りする。さらに、京坂の交流によって形成された文化サロンにも着目し、当時の文化交流の様相にも光をあてる。

展覧会概要

展覧会「サロン!雅と俗─京の大家と知られざる大坂画壇」
会期:2022年3月23日(水)~5月8日(日) 会期中に一部展示替えあり
[前期 3月23日(水)~4月17日(日) / 後期 4月19日(火)~5月8日(日)]
会場:京都国立近代美術館
住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
開館時間:9:30~17:00(金・土曜日は20:00まで)
※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日(5月2日(月・祝)は開館)
観覧料:一般 1,200円(1,000円)、大学生 500円(400円)
※( )内は20名以上の団体、夜間開館時(金・土曜日17:00以降)の夜間割引料金
※高校生以下・18歳未満、心身障がい者と付添者1名、母子家庭・父子家庭の世帯員は無料(入館時に証明できるものを提示)
※本料金でコレクション展も観覧可
※開館時間は変更となる場合あり(来館前に最新情報を確認のこと)

【問い合わせ先】
京都国立近代美術館
TEL:075-761-4111 (代表)

Photos(4枚)

展覧会「サロン!雅と俗」京都国立近代美術館で - 江戸〜昭和期における京都・大坂画壇の日本画を紹介|写真1 展覧会「サロン!雅と俗」京都国立近代美術館で - 江戸〜昭和期における京都・大坂画壇の日本画を紹介|写真2 展覧会「サロン!雅と俗」京都国立近代美術館で - 江戸〜昭和期における京都・大坂画壇の日本画を紹介|写真3 展覧会「サロン!雅と俗」京都国立近代美術館で - 江戸〜昭和期における京都・大坂画壇の日本画を紹介|写真4

Photos(4枚)

展覧会「サロン!雅と俗」京都国立近代美術館で - 江戸〜昭和期における京都・大坂画壇の日本画を紹介|写真1 展覧会「サロン!雅と俗」京都国立近代美術館で - 江戸〜昭和期における京都・大坂画壇の日本画を紹介|写真2 展覧会「サロン!雅と俗」京都国立近代美術館で - 江戸〜昭和期における京都・大坂画壇の日本画を紹介|写真3 展覧会「サロン!雅と俗」京都国立近代美術館で - 江戸〜昭和期における京都・大坂画壇の日本画を紹介|写真4

キーワードから探す

関連ショップ・スポット