menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

企画展「画壇の三筆」富山県水墨美術館で - 熊谷守一・高村光太郎・中川一政の軌跡をたどる

企画展「画壇の三筆:熊谷守一・高村光太郎・中川一政の世界展」が、富山県水墨美術館にて、2021年10月8日(金)から11月28日(日)まで開催される。

明治・大正・昭和を生きた3人の芸術家の軌跡

中川一政《椿》1987年 株式会社源
中川一政《椿》1987年 株式会社源

企画展「画壇の三筆:熊谷守一・高村光太郎・中川一政の世界展」は、明治・大正・昭和へと連なる日本の近代美術の展開のなかで、ほぼ同時代を生きた3人の芸術家、熊谷守一、高村光太郎、そして中川一政を紹介する展覧会だ。

熊谷守一《猫》1976年 公益財団法人熊谷守一つけち記念館寄託
熊谷守一《猫》1976年 公益財団法人熊谷守一つけち記念館寄託

画家の熊谷守一は、東京美術学校洋画科で油彩画を学ぶも、世俗や束縛を嫌い、自宅の庭で眼前の自然や命を見つめて筆を執り続けた。単純化された形と平面的な画面構成からなる独特のその画風は、「モリカズ様式」と呼ばれている。

高村光太郎《白文鳥(雌雄)》1930年頃 個人蔵
高村光太郎《白文鳥(雌雄)》1930年頃 個人蔵

一方で高村光太郎は、木彫家・高村光雲の長男として生まれ、東京美術学校で彫刻と洋画を学んだのちに欧米に留学。ロダンに傾倒し、フランスの詩も学んだ。帰国後は彫刻ばかりでなく、評論や詩作も手がけた。

中川一政《鯛・大器晩成》1977年 白山市立松任中川一政記念美術館蔵
中川一政《鯛・大器晩成》1977年 白山市立松任中川一政記念美術館蔵

さらに、セザンヌやファン・ゴッホに触発されて独学で油絵を描くようになった中川一政は、岸田劉生に認められて二科会に出品。小杉放庵らとともに洋画団体の春陽会を設立し、自由な色彩と筆致による油彩画を描いた。

熊谷守一《蟻》1977年 公益財団法人熊谷守一つけち記念館寄託
熊谷守一《蟻》1977年 公益財団法人熊谷守一つけち記念館寄託

熊谷、高村、中川ら3人が手がけたのは、「西洋」化する日本の美術と「東洋」的な精神の交錯から生まれた、「模倣を嫌う」日本人の作品であるといえる。本展では、書作品をはじめ、日本画、水墨画、彫刻、陶芸などを展示し、3人の軌跡をたどる。

展覧会概要

企画展「画壇の三筆:熊谷守一・高村光太郎・中川一政の世界展」
会期:2021年10月8日(金)~11月28日(日) 会期中に一部展示替えを実施
会場:富山県水墨美術館
住所:富山県富山市五福777
開館時間:9:30〜18:00(入室は17:30まで)
休館日:月曜日、11月4日(木)
観覧料:
・前売券=一般のみ 1,000円
・当日券=一般 1,200円(1,000円)、大学生 1,000円(700円)
※( )内は20人以上の団体料金
※前売券の詳細は美術館ホームページを参照
※企画展観覧券で常設展も観覧可
※小学校・中学校・高校等の児童・生徒およびこれらに準ずる方、各種障がい者手帳の所持者は観覧無料
※大学生料金の対象は、大学、大学院、短期大学、高等専門学校(4学年以上)、専修学校(専門課程)、専修学校(一般課程の19歳以上)、通信制大学、放送大学(チケット購入時に学生証を提示)
※会場の混雑状況に応じて入場を制限する場合あり
※内容などは変更となる場合あり(最新情報は美術館ウェブサイトなどにて確認)

【問い合わせ先】
富山県水墨美術館
TEL:076-431-3719

Photos(5枚)

企画展「画壇の三筆」富山県水墨美術館で - 熊谷守一・高村光太郎・中川一政の軌跡をたどる|写真1 企画展「画壇の三筆」富山県水墨美術館で - 熊谷守一・高村光太郎・中川一政の軌跡をたどる|写真2 企画展「画壇の三筆」富山県水墨美術館で - 熊谷守一・高村光太郎・中川一政の軌跡をたどる|写真3 企画展「画壇の三筆」富山県水墨美術館で - 熊谷守一・高村光太郎・中川一政の軌跡をたどる|写真4 企画展「画壇の三筆」富山県水墨美術館で - 熊谷守一・高村光太郎・中川一政の軌跡をたどる|写真5

Photos(5枚)

企画展「画壇の三筆」富山県水墨美術館で - 熊谷守一・高村光太郎・中川一政の軌跡をたどる|写真1 企画展「画壇の三筆」富山県水墨美術館で - 熊谷守一・高村光太郎・中川一政の軌跡をたどる|写真2 企画展「画壇の三筆」富山県水墨美術館で - 熊谷守一・高村光太郎・中川一政の軌跡をたどる|写真3 企画展「画壇の三筆」富山県水墨美術館で - 熊谷守一・高村光太郎・中川一政の軌跡をたどる|写真4 企画展「画壇の三筆」富山県水墨美術館で - 熊谷守一・高村光太郎・中川一政の軌跡をたどる|写真5

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

新版画の版画家・川瀬巴水、風景木版画の代表作とともにたどる創作の軌跡 - 東京の展覧会情報も
2021.10.2(土)~2021.12.26(日)
新版画の版画家・川瀬巴水、風景木版画の代表作とともにたどる創作の軌跡 - 東京の展覧会情報も
特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
2021.12.4(土)~2022.2.6(日)
特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
展覧会「ロートレックとベル・エポックの巴里―1900年」福岡で、ポスターや版画・絵画など314点
2021.12.18(土)~2022.2.6(日) 開催予定
展覧会「ロートレックとベル・エポックの巴里―1900年」福岡で、ポスターや版画・絵画など314点
浜田知明の展覧会が茅ヶ崎市美術館で - 戦後日本を代表する版画家・彫刻家、その軌跡をたどる
2021.12.11(土)~2022.2.6(日)
浜田知明の展覧会が茅ヶ崎市美術館で - 戦後日本を代表する版画家・彫刻家、その軌跡をたどる
銀座メゾンエルメス フォーラムの展覧会「転移のすがた」“共鳴”する現代アーティストたちの芸術的感性
2021.12.17(金)~2022.4.3(日) 開催予定
銀座メゾンエルメス フォーラムの展覧会「転移のすがた」“共鳴”する現代アーティストたちの芸術的感性

スケジュール

深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」神戸&東京で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
2021.12.2(木)~2022.1.31(月)
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」神戸&東京で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
2021.12.4(土)~2022.2.6(日)
特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
2021.12.7(火)~2022.2.20(日)
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
2021.12.7(火)~2021.12.19(日)
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
2021.12.7(火)~2022.1.30(日)
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
 スケジュール一覧