menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察

愛知の豊田市美術館では、「コレクション展:絶対現在」を、2021年10月23日(土)から2022年1月23日(日)まで開催する。

歴史に向き合う“今ここ”の時間

下道基行《torii》2006-2012年 写真
下道基行《torii》2006-2012年 写真

「コレクション展:絶対現在」では、歴史に対する“現在の時間”についての意識に着目し、河原温をはじめとするコレクション作品を紹介する。

河原温の「デイト・ペインティング」を中心に

河原温《MAY 13, 1971 Todayシリーズ(1966-2013)より》1971年 アクリル、カンヴァス
河原温《MAY 13, 1971 Todayシリーズ(1966-2013)より》1971年 アクリル、カンヴァス

河原温は、その日のうちに当日の日付を描く「デイト・ペインティング」シリーズを手がけた。時間は目に見えぬまま流れてゆくが、「デイト・ペインティング」は、移ろう時の一瞬を作品に捉えることで、歴史的な時間と個人が“今ここ”で体験する時間へと、観る者の意識を促すものである。

豊田市美術館は、1971年に制作された1か月分の「デイト・ペインティング」を所蔵している。本展では、この1ヶ月分の「デイト・ペインティング」を中心に、同シリーズが制作されてから経過した50年=半世紀という時間に向き合う“今ここ”の視点を、コレクション作品を通して探る。

杉本博司や李禹煥らが出品

杉本博司《Agean Sea, Pilion》1990年 写真 寄託作品
杉本博司《Agean Sea, Pilion》1990年 写真 寄託作品

たとえば杉本博司は、古来より人類が見つめてきた唯一変わらない風景として、静謐な海の水平線を撮影する。一方で下道基行は、戦中に国外に建てられた鳥居に着目し、それらがかつて担っていた機能や象徴性を失ってもなお、人びとの生活や風景とともにある重層的な時間を捉える。さらにイギリス出身のライアン・ガンダーは、娘がシーツに潜ってオバケに扮している様子を、彼女が幽霊を信じている間だけ毎年彫刻で表現する。

李禹煥《風と共に》1991年 油彩、岩絵具、カンヴァス
李禹煥《風と共に》1991年 油彩、岩絵具、カンヴァス

そのほかにも本展では、李禹煥やボリス・ミハイロフらの作品を出品。太古の昔から近過去、そして現代に至る、歴史的事象や自然、個人的な記憶といった時間が多層的に折り重なる作品を通して、“今ここ”でそれらと向き合う自分自身にも意識を向けることができそうだ。

展覧会概要

コレクション展:絶対現在
会期:2021年10月23日(土)〜2022年1月23日(日)
会場:豊田市美術館
住所:愛知県豊田市小坂本町8-5-1
休館日:月曜日(1月10日(月・祝)は開館)、年末年始(12月27日(月)〜1月4日(火))
開館時間:10:00〜17:30(入場は17:00まで)
観覧料:一般 300円(250円)、高校・大学生 200円(150円)、中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金
※障がい者手帳の所持者および介添者1名、豊田市内在住または在学の高校生、豊田市内在住の75歳以上は無料(要証明)
※そのほかの観覧料の減免対象者・割引などについては、美術館ウェブサイトを確認、あるいは美術館へ問い合わせのこと
※会期、関連事業の内容、来館者の受入態勢などは変更となる場合あり(最新情報は美術館ウェブサイトにて確認のこと)

■主な出品作家
ライアン・ガンダー、河原温、ジェームズ・リー・バイヤース、 李禹煥、ボリス・ミハイロホフ、下道基行、杉本博司

■同時開催
企画展「ホー・ツーニェン 百鬼夜行(ひゃっきやこう)
会期:2021年10月23日(土)〜2022年1月23日(日)

【問い合わせ先】
豊田市美術館
TEL:0565-34-6610

Photos(6枚)

「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察|写真1 「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察|写真2 「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察|写真3 「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察|写真4 「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察|写真5 「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察|写真6

Photos(6枚)

「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察|写真1 「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察|写真2 「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察|写真3 「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察|写真4 「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察|写真5 「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察|写真6

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都現代美術館で”ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展、ヴィデオ彫刻「デュシャンピアナ」などを展示
2021.11.13(土)~2022.2.23(水) 開催予定
東京都現代美術館で”ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展、ヴィデオ彫刻「デュシャンピアナ」などを展示
佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示
2021.11.13(土)~2022.1.30(日) 開催予定
佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示
「聖徳太子 日出づる処の天子」展が大阪&東京で - 太子ゆかりの品や絵画・彫刻などを一挙公開
2021.11.27(土)~2022.1.10(月) 開催予定
「聖徳太子 日出づる処の天子」展が大阪&東京で - 太子ゆかりの品や絵画・彫刻などを一挙公開
ディズニー・ミッキーマウスの“今と未来”を表現したアート展、渋谷パルコで - 田名網敬一や空山基など
2021.11.19(金)~2021.12.19(日) 開催予定
ディズニー・ミッキーマウスの“今と未来”を表現したアート展、渋谷パルコで - 田名網敬一や空山基など
ゲルハルト・リヒターの展覧会、エスパス ルイ・ヴィトン大阪で - 初公開を含む抽象作品を紹介
2021.11.19(金)~2022.4.17(日) 開催予定
ゲルハルト・リヒターの展覧会、エスパス ルイ・ヴィトン大阪で - 初公開を含む抽象作品を紹介

スケジュール

“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
2021.10.29(金)~2022.2.27(日)
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
2021.10.29(金)~2022.1.23(日)
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
冨安由真の個展が金沢21世紀美術館で、幼少期の夢に着想“現実と虚構が交わる”新作インスタレーション
2021.10.30(土)~2022.3.21(月)
冨安由真の個展が金沢21世紀美術館で、幼少期の夢に着想“現実と虚構が交わる”新作インスタレーション
「第73回 正倉院展」奈良国立博物館で - 天平文化の華やぎを伝える楽器や調度品、染織品など出陳
2021.10.30(土)~2021.11.15(月)
「第73回 正倉院展」奈良国立博物館で - 天平文化の華やぎを伝える楽器や調度品、染織品など出陳
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
2021.10.30(土)~2021.11.28(日)
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
 スケジュール一覧