menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

弘前れんが倉庫美術館、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を軸とした展覧会 - “りんご”から広がる美術

青森の弘前れんが倉庫美術館では、ケリス・ウィン・エヴァンスによる新作を基点とした展覧会を、全2部で開催。春夏プログラム「りんご宇宙 ─Apple Cycle / Cosmic Seed」は2021年4月10日(土)から8月29日(日)まで、秋冬プログラム「りんご前線 ─Hirosaki Encounters」(仮)は9月18日(土)から2022年1月30日(日)までの会期を予定している。

ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を基点に

ケリス・ウィン・エヴァンス《....the Illuminating Gas》
Exhibition view at Pirelli HangarBicocca, Milan, 2019.
Courtesy of the artist and Pirelli HangarBicocca, Milan.
Photo: Agostino Osio [参考図版]
ケリス・ウィン・エヴァンス《....the Illuminating Gas》
Exhibition view at Pirelli HangarBicocca, Milan, 2019.
Courtesy of the artist and Pirelli HangarBicocca, Milan.
Photo: Agostino Osio [参考図版]

ケリス・ウィン・エヴァンスは、イギリス・ウェールズ出身で世界的に活躍するアーティストだ。1980年代から実験的な映像作品により作家活動を開始し、1990年代以降、哲学や音楽、天文学、物理学といった多彩な分野を背景に、ネオンや音、鏡などを用いた作品を手掛けている。

2019年に弘前を訪れたウィン・エヴァンスは、この地で出会った“りんご”に触発されて、ネオン管を使用した高さ約7mもの彫刻作品を生み出した。その発想源には、“植物”としてのりんごにとどまらず、シードル、原罪、ニュートンの万有引力といった自然法則など、りんごにまつわる象徴や連想、イメージがあるのだ。

和田礼治郎《VANITAS》2017年 Photo: Enric Duch  Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE
和田礼治郎《VANITAS》2017年 Photo: Enric Duch Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE

2021年度の本プログラムは、同館のためにウィン・エヴァンスが手掛けたこの新作を中心とする展覧会。異なるテーマのもと、複数のアーティストの作品から構成された展示を、春夏・秋冬の全2部で展開する。

春夏プログラム「りんご宇宙 ─Apple Cycle / Cosmic Seed」

雨宮庸介《Apple》2018年 Courtesy of SNOW Contemporary
雨宮庸介《Apple》2018年 Courtesy of SNOW Contemporary

第一部の春夏プログラム「りんご宇宙 ─Apple Cycle / Cosmic Seed」では、りんごをめぐる豊かな思考と想像の広がりに着目し、国内外の現代アーティスト8名の作品を展示。

りんごは、西洋美術史において、古くより豊穣や生命の儚さを表すものとして描かれてきた。本展では、そうしたりんごの伝統的なイメージにとらわれず、現代作家によるりんごを素材とした創作、生と死、循環や種子、変容といった視点を踏まえて、日常の身近な存在から宇宙規模にまで広がるりんごの“かたち”を紹介する。

8名の現代アーティストによる多彩な作品群

タカノ綾《Near the Source》2017年
タカノ綾《Near the Source》2017年
©2017 Aya Takano/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

会場では、りんごをモチーフとした彫刻などを手掛ける雨宮庸介、多彩なジャンルから着想を得て独自の神話的宇宙を構築するタカノ綾、社会と個人の関係裡で生じる疑問や戸惑いを、自身の身体や日用品により表現する潘逸舟(ハン・イシュ)らが、展示場所に合わせた新作を発表。

河口龍夫《関係―鉛の郵便・ふた粒のリンゴ》1988年 Courtesy of SNOW Contemporary
河口龍夫《関係―鉛の郵便・ふた粒のリンゴ》1988年 Courtesy of SNOW Contemporary

また、不可視の関係性そのものを作品を通じて顕在化してきた河口龍夫が、“りんごの種子”を鉛に閉じ込めた代表作を展示するなど、多彩なジャンルの作品を通して、“りんご”が誘う思考と想像の世界にふれることができる。

ジャン゠ミシェル・オトニエルのガラス彫刻も初公開

ジャン゠ミシェル・オトニエル《エデンの結び目》(Simulation from the artist studio)
ジャン゠ミシェル・オトニエル《エデンの結び目》(Simulation from the artist studio)
©︎Othoniel Studio

さらに、ムラーノガラスなどを用いた、展示環境と調和する大型作品で知られるジャン゠ミシェル・オトニエルは、直径2mにもわたるガラス彫刻の新作《エデンの結び目》を初公開。同作は、今後数年にわたり館内に設置される予定だ。

秋冬プログラム「りんご前線 ─Hirosaki Encounters」(仮)

一方、第二部の秋冬プログラム「りんご前線 ─Hirosaki Encounters」(仮)では、大きな気象の変化を引き起こす気団の境界・交線や、運動の第一線などを意味する「前線」をキーワードに、異文化の出会いが育む作品を紹介。さらに、りんごの名産地である弘前の土地に関する作品や、弘前ゆかりのアーティストらの活動にも着目する。

展覧会概要

■2021年度 春夏プログラム「りんご宇宙 ─Apple Cycle / Cosmic Seed」
会期:2021年4月10日(土)〜8月29日(日)
会場:弘前れんが倉庫美術館
住所:青森県弘前市吉野町2-1
開館時間:9:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:火曜日(祝日の場合は翌平日、ただし4月27日(火)・5月4日(火・祝)・8月3日(火)は開館)
観覧料:一般 1,300円(1,200円)、大学生・専門学校生 1,000円(900円)
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下、弘前市内の留学生、満65歳以上の弘前市民、ひろさき多子家族応援パスポートの所持者、障がい者と付添者1名は無料

〈参加アーティスト〉
雨宮庸介、ケリス・ウィン・エヴァンス、河口龍夫、タカノ綾、和田礼治郎、ジャン゠ミシェル・オトニエル、笹本晃、潘逸舟(ハン・イシュ)

■2021年度 秋冬プログラム「りんご前線 ─Hirosaki Encounters」(仮)
会期:2021年9月18日(土)〜2022年1月30日(日)〈予定〉
会場:弘前れんが倉庫美術館

【問い合わせ先】
弘前れんが倉庫美術館
TEL:0172-32-8950

Photos(8枚)

弘前れんが倉庫美術館、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を軸とした展覧会 - “りんご”から広がる美術 画像1 弘前れんが倉庫美術館、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を軸とした展覧会 - “りんご”から広がる美術 画像2 弘前れんが倉庫美術館、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を軸とした展覧会 - “りんご”から広がる美術 画像3 弘前れんが倉庫美術館、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を軸とした展覧会 - “りんご”から広がる美術 画像4 弘前れんが倉庫美術館、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を軸とした展覧会 - “りんご”から広がる美術 画像5 弘前れんが倉庫美術館、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を軸とした展覧会 - “りんご”から広がる美術 画像6 弘前れんが倉庫美術館、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を軸とした展覧会 - “りんご”から広がる美術 画像7 弘前れんが倉庫美術館、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を軸とした展覧会 - “りんご”から広がる美術 画像8

Photos(8枚)

弘前れんが倉庫美術館、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を軸とした展覧会 - “りんご”から広がる美術 画像1 弘前れんが倉庫美術館、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を軸とした展覧会 - “りんご”から広がる美術 画像2 弘前れんが倉庫美術館、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を軸とした展覧会 - “りんご”から広がる美術 画像3 弘前れんが倉庫美術館、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を軸とした展覧会 - “りんご”から広がる美術 画像4 弘前れんが倉庫美術館、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を軸とした展覧会 - “りんご”から広がる美術 画像5 弘前れんが倉庫美術館、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を軸とした展覧会 - “りんご”から広がる美術 画像6 弘前れんが倉庫美術館、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を軸とした展覧会 - “りんご”から広がる美術 画像7 弘前れんが倉庫美術館、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を軸とした展覧会 - “りんご”から広がる美術 画像8

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報
<2021年>おすすめ音楽アーティスト、スポティファイが選ぶ注目株を人気楽曲と共に紹介
<2021年>おすすめ音楽アーティスト、スポティファイが選ぶ注目株を人気楽曲と共に紹介

スケジュール

写真家・澤田知子の大規模個展、東京都写真美術館で - “内面と外見の関係”を問うポートレイト作品
2021.3.2(火)~2021.5.9(日)
写真家・澤田知子の大規模個展、東京都写真美術館で - “内面と外見の関係”を問うポートレイト作品
「最果タヒ展」現代詩人の“詩の展示”名古屋&大阪・心斎橋で、歩き回って詩の世界を体感
2021.3.5(金)~2021.3.21(日)
「最果タヒ展」現代詩人の“詩の展示”名古屋&大阪・心斎橋で、歩き回って詩の世界を体感
「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う
2021.3.6(土)~2021.5.9(日)
「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う
荒川弘の漫画「銀の匙 Silver Spoon」松屋銀座で初の大型展覧会、直筆原稿など約200点
2021.3.8(月)~2021.3.21(日)
荒川弘の漫画「銀の匙 Silver Spoon」松屋銀座で初の大型展覧会、直筆原稿など約200点
特別展「大地のハンター展」国立科学博物館で - 動物の“捕食”テクを解明、絶滅種など標本300点以上
2021.3.9(火)~2021.6.13(日)
特別展「大地のハンター展」国立科学博物館で - 動物の“捕食”テクを解明、絶滅種など標本300点以上
 スケジュール一覧