menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

弘前れんが倉庫美術館で「りんご前線」展、ウィン・エヴァンスのネオン彫刻や“出会い”から生まれる作品

青森の弘前れんが倉庫美術館では、2021年度 秋冬プログラム「りんご前線─Hirosaki Encounters」を、2021年10月1日(金)から2022年1月30日(日)まで開催する。なお、当初は9月18日(土)の開幕予定であったが、臨時休館に伴い変更。

“りんご”から広がる展覧会の第二部

村上善男《気象 1998.11.6 射影》(西の窓) 1999年 弘前大学50周年記念会館 撮影:柴田祥[参考図版]
村上善男《気象 1998.11.6 射影》(西の窓) 1999年 弘前大学50周年記念会館 撮影:柴田祥[参考図版]

イギリスを代表する現代アーティスト、ケリス・ウィン・エヴァンスの新作を起点に、二部構成で展開される2021年度の展覧会。第一部の「りんご宇宙─Apple Cycle / Cosmic Seed」に続き、第二部の「りんご前線─Hirosaki Encounters」では、弘前ゆかりのアーティストの作品や、当地との出会いから生まれた作品を紹介する。

6人のアーティストの作品を展示

ケリス・ウィン・エヴァンス《Drawing in Light (and Time) ...suspended》2020年 弘前れんが倉庫美術館蔵
Photo: ToLoLo studio
ケリス・ウィン・エヴァンス《Drawing in Light (and Time) ...suspended》2020年 弘前れんが倉庫美術館蔵
Photo: ToLoLo studio

本展では、ケリス・ウィン・エヴァンスが弘前のりんごとの出会いに着想を得て制作した、巨大なネオン彫刻を第一部から継続して展示。さらに、弘前とさまざまな接点をもつアーティストの作品を、煉瓦倉庫を改修した美術館の展示空間に合わせて展示する。

弘前との接点を展示空間に展開

小林エリカ《誕生》2021年
小林エリカ《誕生》2021年

出品作家は、ウィン・エヴァンスに加え、小林エリカ、斎藤麗、佐野ぬい、塚本悦雄、村上善男ら。小説やマンガ、インスタレーションなどを幅広く手がける小林エリカは、弘前とゆかりの深い祖父や父の足跡を通して、過去や加増区の歴史、弘前での個人的な旅から発展させた展示を展開する。

斎藤麗《Cossöcossömogonie》2021年
Installation view at Palais Synodal, Musée de Sens, Sens, Fance[参考図版]
斎藤麗《Cossöcossömogonie》2021年
Installation view at Palais Synodal, Musée de Sens, Sens, Fance[参考図版]

また、弘前出身の斎藤麗が、美術館の空間や弘前の風景に合わせてセラミックによる新作などを組み合わせたインスタレーションを展開するほか、洋画家の佐野ぬいは「原点」や「現在」、作家自身がかつて想像した「夢の美術館」などをキーワードに、展示を行う予定だ。

“出会い”から生まれる可能性

佐野ぬい《青の時間》2014年 青森県立美術館蔵(弘前市民会館ステンドグラス原画)
佐野ぬい《青の時間》2014年 青森県立美術館蔵(弘前市民会館ステンドグラス原画)

本展のタイトルにある「前線」とは、異なる気団の境界・交線で生じる大きな気象の変化、ないし運動の第一線などを意味する。本展ではこの言葉をキーワードに、さまざまな遭遇や対峙、交流から生まれる可能性を探るととも、弘前という地に固有な力や風土性にも光をあてる。

展覧会概要

2021年度 秋冬プログラム「りんご前線─Hirosaki Encounters」
会期:2021年10月1日(金)〜2022年1月30日(日)
※当初は9月18日(土)の開幕予定であったが、臨時休館に伴い変更
会場:弘前れんが倉庫美術館
住所:青森県弘前市吉野町2-1
開館時間:9:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:火曜日(祝日の場合は翌平日、ただし11月23日(火・祝)は開館)、11月24日(水)、12月26日(日)〜1月1日(土・祝)
観覧料:一般 1,300円(1,200円)、大学生・専門学校生 1,000円(900円)
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下、弘前市内の留学生、満65歳以上の弘前市民、ひろさき多子家族応援パスポートの所持者、障がい者と付添者1名は無料

〈参加アーティスト〉
小林エリカ、斎藤麗、佐野ぬい、塚本悦雄、村上善男、ケリス・ウィン・エヴァンス

【問い合わせ先】
弘前れんが倉庫美術館
TEL:0172-32-8950

Photos(6枚)

弘前れんが倉庫美術館で「りんご前線」展、ウィン・エヴァンスのネオン彫刻や“出会い”から生まれる作品|写真1 弘前れんが倉庫美術館で「りんご前線」展、ウィン・エヴァンスのネオン彫刻や“出会い”から生まれる作品|写真2 弘前れんが倉庫美術館で「りんご前線」展、ウィン・エヴァンスのネオン彫刻や“出会い”から生まれる作品|写真3 弘前れんが倉庫美術館で「りんご前線」展、ウィン・エヴァンスのネオン彫刻や“出会い”から生まれる作品|写真4 弘前れんが倉庫美術館で「りんご前線」展、ウィン・エヴァンスのネオン彫刻や“出会い”から生まれる作品|写真5 弘前れんが倉庫美術館で「りんご前線」展、ウィン・エヴァンスのネオン彫刻や“出会い”から生まれる作品|写真6

Photos(6枚)

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も
洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も
池内晶子の個展が府中市美術館で - 絹糸をつないでつくる、しなやかで繊細な空間
2021.12.18(土)~2022.2.27(日)
池内晶子の個展が府中市美術館で - 絹糸をつないでつくる、しなやかで繊細な空間
彫刻家・横溝美由紀の個展、ポーラ ミュージアム アネックスで - 半透明の彫刻インスタレーションなどを展示
2021.12.10(金)~2022.1.30(日)
彫刻家・横溝美由紀の個展、ポーラ ミュージアム アネックスで - 半透明の彫刻インスタレーションなどを展示
「めぐるアール・ヌーヴォー展」国立工芸館で - 異文化間の“還流”に着目、ミュシャや杉浦非水など展示
2021.12.25(土)~2022.3.21(月) 開催予定
「めぐるアール・ヌーヴォー展」国立工芸館で - 異文化間の“還流”に着目、ミュシャや杉浦非水など展示
菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点
2021.12.18(土)~2022.2.20(日)
菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点

スケジュール

展覧会「MONDO 映画ポスターアートの最前線」東京&京都で、“もう1つの”映画ポスター71点を展示
2021.12.7(火)~2022.3.27(日)
展覧会「MONDO 映画ポスターアートの最前線」東京&京都で、“もう1つの”映画ポスター71点を展示
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
2021.12.7(火)~2021.12.19(日)
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
2021.12.7(火)~2022.1.30(日)
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
2021.12.7(火)~2022.2.20(日)
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
スタジオジブリの原点を辿る「アニメージュとジブリ展」宮城・大阪などで、“編集者”鈴木敏夫の仕事に迫る
2021.12.9(木)~2022.1.10(月)
スタジオジブリの原点を辿る「アニメージュとジブリ展」宮城・大阪などで、“編集者”鈴木敏夫の仕事に迫る
 スケジュール一覧