ホーム > ニュース > 映画 > 【映画】2017年 洋画作品を一挙紹介 - 人気シリーズ続編から話題作まで

【映画】2017年 洋画作品を一挙紹介 - 人気シリーズ続編から話題作まで

2017年公開の映画から、注目の洋画作品を一挙紹介。日本で話題のものから、すでに公開されている国で話題になっているもの、アカデミー賞有力候補作など盛りだくさんなので、年明けのお出かけプランの参考にしてほしい。

話題作

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』は、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ待望の5作目。海賊船ブラック・パール号の船長にして、決して北を指さないコンパスを持つ伝説の海賊ジャック・スパロウはもちろんジョニー・デップ、そしていつもペットの猿を肩に連れた海賊ヘクター・バルボッサは、引き続きとジェフリー・ラッシュが演じる。

公開日:2017年7月1日(土)
詳細はこちら>>

映画『メッセージ』

映画『メッセージ』は、映像化不可能と言われていたアメリカ人作家テッド・チャンによる短編小説「あなたの人生の物語」を映像化したもの。突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。その内部にいる謎の知的生命体と意志の疎通をはかるため軍に雇われた言語学者・ルイーズを主人公に、“彼ら”が人類に何を伝えようとしているのかを探っていくSFドラマとなっている。

公開時期:2017年5月
詳細はこちら>>

映画『ダンケルク』

『ダークナイト』3部作や『インセプション』、『インターステラー』などで知られるクリストファー・ノーラン監督の最新作、映画『ダンケルク』。1940年、ドイツ軍に侵攻されたフランス北部の都市ダンケルクから、軍の船や民間船まであらゆる手段を動員して、イギリス軍とフランス軍の兵士約30万人を救出した「ダンケルクの戦い」を映像化したスペクタクル・サスペンスだ。

公開日:2017年9月
詳細はこちら>>

映画『T2 トレインスポッティング』

トレインスポッティングの待望の続編、映画『T2 トレインスポッティング』。大金を持ち逃げし20年ぶりにオランダからエディンバラに舞い戻ってきたマーク・レントンと、御馴染みのメンバーとの再会。そして彼らが選ぶ未来とは?

日本公開:2017年4月8日(土)
>>詳細はこちら

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol. 2』

人気作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の第2作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol. 2』。ピーターの出生の秘密や新キャラクターの登場など、気になる要素が満載で、かつての敵対者は新たな同盟者に、コミックスのファンにはなじみのあるキャラクターがガーディアンズのために集合する。

日本公開:2017年5月12日(金)。
詳細はこちら>>

映画『ブレードランナー 2049』

コンセプトアート

リドリー・スコット監督映画『ブレードランナー』の続編の映画化が、34年の歳月を経て遂に実現した『ブレードランナー 2049』。続編の舞台は、1982年公開のオリジナル作品から数十年後の世界で、リドリー・スコットは製作総指揮、ハリソン・フォードが前作の主人公リック・デッカード役を再び演じている。

日本公開:2017年11月
詳細はこちら>>

映画『美女と野獣』

ディズニー・アニメーション『美女と野獣』の実写映画。アニメーション公開から25周年目という節目の年にエマ・ワトソンが主人公のベルを演じる。野獣役はダン・スティーヴンス、父親のモーリスをケヴィン・クライン、野獣の城のウェイターでろうそくのルミエール役にはユアン・マクレガーなど豪華なキャストも見所。これまでに幾度となく実写化されてきた「美女と野獣」だが、アニメーション映画史上初のアカデミー作品賞ノミネート、作曲賞と歌曲賞を受賞したものの実写化とあり、注目が集まる。

公開日:2017年4月21日(金)
詳細はこちら>>

映画『攻殻機動隊』

ハリウッド版実写映画『攻殻機動隊』は、スカーレット・ヨハンソンが草薙素子、北野武が荒巻大輔を演じている。発表された登場人物の中にクゼ ヒデオの名前がある事から、TVアニメシリーズ「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」が題材となる可能性が高まっている。

公開時期:2017年3月31日(金)
詳細はこちら>>

映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』

世界中で大ヒットを記録している「ワイルド・スピード」シリーズの最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』。ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサムといったシリーズお馴染みキャストの再集結に加え、アカデミー賞主演女優賞を獲得しているシャーリーズ・セロンなどの出演も決定している。メガホンを取るのは、『交渉人』『ミニミニ大作戦』『ストレイト・アウタ・コンプトン』などで知られるF・ゲイリー・グレイだ。

公開日:2017年4月28日(金)
詳細はこちら>>

映画『エイリアン:コベナント』

映画『プロメテウス』の続編であり、『エイリアン』の前日譚に当たる『エイリアン:コベナント』。原題に“Alien”の文字があることで、作品にエイリアンが登場する可能性も示唆されている。舞台は、『プロメテウス』から10年後の世界。コベナント号が未知の楽園と思われる惑星を発見するも、そこには暗く危険な世界が広がっていた。唯一見つかったのはプロメテウス号の調査チームの生存者、デイヴィットだけだった…というところからストーリーが展開されるそうだ。

※日本の公開時期は未定。
詳細はこちら>>

映画『スパイダーマン:ホームカミング』

スパイダーマンシリーズの最新作、映画『スパイダーマン:ホームカミング』は、アイアンマンと夢の競演を果たすことで注目が集まる作品。15歳の少年ピーターが本作のスパイダーマンなのだが、彼の真のヒーローへの道がどう切り開かれていくのかが注目される。

日本公開:2017年8月11日(金・祝)
詳細はこちら>>

日本のスーパー戦隊を元にした、アメリカの人気テレビシリーズ「パワーレンジャー」が映画化される。社会現象とまで言われるほどの影響を出した同シリーズを描くため、これまで超大作を手掛けてきたスタッフが集結。大迫力のアクションシーンは必見。不思議なコインを手にし、超人的なパワーを得た5人の高校生が、地球を守るために立ち上がる。

公開日:2017年7月15日(土)

ドラマ・ラブストーリー

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

サンダンス映画祭で話題になり、その後、主要な映画賞を席捲する話題作『マンチェスター・バイ・ザ・シー』。人から避けるように孤独に生きていたリー・チャンドラー。兄の死をきっかけに生まれ故郷”マンチェスター・バイ・ザ・シー”に戻り、パトリックの後見人として、つらい過去を懸命に乗り越えようとする姿を描く。

公開日:2017年5月
詳細はこちら>>

映画『ラ・ラ・ランド』

アメリカ・ロサンゼルスを舞台に、女優志望のミアとジャズピアニストのセバスチャンの恋模様を描いたミュージカル作品『ラ・ラ・ランド』。セバスチャン役には、日本でも人気の高いライアン・ゴズリング、そしてミア役には、アカデミー賞を始め数多くの賞にノミネートされた経歴のあるエマ・ストーンが抜擢された。

公開日:2017年2月24日(金)
詳細はこちら>>

映画『ムーンライト』

黒人少年の成長を描く人間ドラマ 『ムーンライト』。ドラッグ、いじめ、虐待、父親の不在と、たくさんの傷を負いながらも強く生きる主人公シャロンを描いていく。賞レースを席捲中だ。

公開時期:2017年
詳細はこちら>>

映画『20TH CENTURYWOMEN』(原題)

“自身の母親”をテーマに、1970年代後半の南カリフォルニアで愛と自由を探し求める3人の女性たちの生き方を描く映画『20TH CENTURYWOMEN』(原題)。アネット・ベニングが主演。

公開日:2017年6月
詳細はこちら>>

映画『たかが世界の終わり』

若き天才、グザヴィエ・ドラン監督の最新映画『たかが世界の終わり』。12年間家を離れていた主人公ルイ(ギャスパー・ウリエル)が、自らの死を告げに家に帰った1日を舞台にした作品だ。家族の誰もがルイに対し大きな愛情を抱き、再会の日を楽しいものにしようとしているのだが、すれ違い、ぶつかってしまうそれぞれの思い。レア・セドゥやヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール、ナタリー・バイと言った実力派が演じきる1日から一時も目が離せないだろう。

公開日:2017年2月11日(土)
詳細はこちら>>

映画『マリアンヌ』

映画『マリアンヌ』は、ブラッド・ピット主演最新作。極秘諜報員とフランス人レジスタンスの男女にはばかる過酷な運命と究極の愛が試されるロマンチックスリラーだ。相手役には、数々の話題作に出演するマリオン・コティヤール。愛する2人を阻む社会的立場や、その間柄でも言えないような“秘密”など様々な要素の絡み合いが楽しめる作品となっている。

公開日:2017年2月10日(金)
詳細はこちら>>

映画『はじまりへの旅』

映画『はじまりへの旅』は、コメディのようなタッチでありながら、「普通とはなにか」、「自分らしさとはなにか」といった誰もが抱えている普遍的な問いを観るものに問いかける作品。カンヌ映画祭を始めとする数々の国際的な映画賞を受賞しており、日本に先行して公開されたアメリカでは、わずか4館での公開から口コミで評判が広がり、600館にまで拡大した話題作だ。

公開日:2017年4月1日(日)
詳細はこちら>>

映画『ジャッキー/ファーストレディ』

映画『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』は、2017年春に全国で公開される話題作。“ジャッキー”の愛称で親しまれ、今なお高い人気を誇るファーストレディ「ジャクリーン・ケネディ」をナタリー・ポートマンが外見だけでなく、話す英語のアクセントまで徹底的に再現して情感豊かに演じ切っている。

公開日:2017年3月31日(金)
詳細はこちら>>

映画「ビリー・リンの永遠の一日」

巨匠アン・リー監督の最新作『ビリー・リンの永遠の一日』。19歳でイラク戦争の英雄となった、青年ビリーの戦争体験と心の葛藤を、美しい映像に乗せて描いた作品だ。ビリーが、英雄として取り上げられていく中で感じる葛藤や違和感。戦争が作り出した“ヒーロー”として彼の姿を通して、9・11以降のアメリカ社会のあり方、戦争とは何かを社会に問う感動の人間ドラマを描いている。

公開日:2017年2月11日(土・祝)
詳細はこちら>>

映画『僕と世界の方程式』

映画『僕と世界の方程式』は、2017年1月28日(土)に公開されるヒューマンドラマ。自閉症と診断された天才少年ネイサンが母親の深い愛情に支えられながら、数学の才能で自ら道を拓いていく姿を描く物語だ。主演は英国次世代スター、エイサ・バターフィールド。サリー・ホーキンス、エディ・マーサン、レイフ・スポールなどイギリス屈指の名優たちが脇を固めるキャスティングにも注目したい。

公開日:2017年1月28日(土)
詳細はこちら>>

映画『天使にショパンの歌声を』

小さなカナダの寄宿学校を舞台に物語が展開される『天使にショパンの歌声を』。劇中には、ショパンの「別れの曲」、リストの「愛の夢」など涙を誘うピアノの有名曲から、モーツァルト、ベートーヴェンのピアノソナタ曲、そして心洗われるヴィヴァルディの合唱曲「グローリア」まで数々の名曲が登場し物語を彩る。

公開日:2017年1月14日(土)
詳細はこちら>>

SF・アクション

映画『ジャスティス・リーグ』

2017年冬に公開される映画『ジャスティス・リーグ』。スーパーマン亡き世界に台頭しつつある強大な敵に対抗するため、バットマンとワンダーウーマンが仲間たちを集めていくところからスタートする物語だ。ベン・アフレック(バットマン)、ガル・ガドット(ワンダーウーマン)、ジェイソン・モモア(アクアマン)と言ったお馴染みのキャストも楽しみの一つ。

日本公開時期:2017年冬
詳細はこちら>>

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』

2017年夏、全国で公開される映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』。世界中で大ヒットしている「トランスフォーマー」シリーズの新3部作第1弾が本作だ。新キャストとして『羊たちの沈黙』でハンニバル・レクター博士を演じた大御所のアンソニー・ホプキンス、新ヒロインに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のローラ・ハドックが参加。そのほか、御馴染みのジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロ、スタンリー・トゥッチなどが再び出演する。

公開:2017年夏
詳細はこちら>>

映画『トリプルX:再起動』

ヴィン・ディーゼル主演で“トリプルX”(2002年公開)現象を巻き起こし、日本でも大ヒットを記録したアクションシリーズ。再び彼を主演に迎え、“トリプルX”が再起動。想像を超えるエクストリーム・アクション、芸術の域に到達したマーシャルアーツに期待だ。そして、さらにFCバルセロナ所属、ブラジル代表のネイマールJr.が今作でハリウッド映画デビューを果たすという。

公開日:2017年2月24日(金)
詳細はこちら>>

映画『グレートウォール』

映画『グレートウォール』は、チャン・イーモウ監督の最新作。今や世界遺産となっている中国・万里の長城を舞台に、マット・デイモン演じる主人公ウィリアム・ガリンが中国の王朝と力を合わせ、“未知の怪物”との戦いを繰り広げる。

公開日:2017年4月14日(金)
詳細はこちら>>

映画『Valerian(原題)』

リュック・ベッソン(Luc Besson)監督の最新作『Valerian and the City of a Thousand Planets(原題)』は、フランスのSFコミック『Valerian and Laureline』を実写化した作品。舞台は28世紀で、700年後の宇宙空間やそこに棲む不思議な生き物たちが織り成す幻想的な世界は、リアルに再現されていながらも、現実を超えるほどの美しい光や色で、観るもの引き込む。

※日本の公開時期は未定。
詳細はこちら>>

映画『ドクター・ストレンジ』

マーベルが贈る異色の魔術師ヒーロー『ドクター・ストレンジ』。主人公のストレンジは、天才的な脳外科医でありながら、不慮の事故で両手の機能を失ってしまった男で、その傷を治す最後の手段として魔術師を頼る。すると手の感覚が戻るばかりかあらゆる“魔術”が使えるようになるのだが、医者という職業柄、人を傷つけることができず、大きな葛藤に悩まされる。

公開日:2017年1月27日(金)
詳細はこちら>>

映画『ナイスガイズ!』

映画『ナイスガイズ!』は、酒浸りの私立探偵マーチと腕っ節の強い示談屋ヒーリーの凸凹コンビに、マーチの娘・ホリーが加わった3人が事件解決に奔走するアクション・エンターテイメント。主演を務めるのは、オスカー俳優ラッセル・クロウとライアン・ゴズリングで、彼ら以外にも、アンゴーリー・ライスやマット・ボマーら豪華キャストが集結する。

公開日:2017年2月18日(土)
詳細はこちら>>

映画『アサシン クリード』

全世界でシリーズ累計3,700万本以上を売り上げている同名の人気アクションゲームをベースにしたミステリーアクション映画『アサシン クリード』。ゲームの世界観はそのままに、新しいキャラクターとストーリーが描かれる実写作品となっている。主人公は、記憶をなくした死刑囚のカラム・リンチ。遺伝子操作によってDNAに眠る記憶を強制的に呼び覚まされた彼は、ルネサンス期のスペインでテンプル騎士団に立ち向かう伝説のアサシンであった祖先の記憶を追体験させられることになる。

公開時期:2017年
詳細はこちら>>

サスペンス・ファンタジー

映画『A Monster Calls』

パトリック・ネスによる傑作児童文学「怪物はささやく」を実写映画化した『A Monster Calls(ア・モンスター・コールズ)』。夢と現実の狭間で、孤独な少年と樹木の怪物の不思議な交流が描いたダークファンタジー。

公開:2017年6月
詳細はこちら>>

映画『ザ・コンサルタント』

ベン・アフレックが主演を務める『ザ・コンサルタント』。彼が演じるのは本作のアンチ・ヒーロー“クリスチャン・ウルフ”だ。会計士の仮面をかぶり、夜は裏社会の殺し屋として巨悪に対峙するウルフ。年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。本籍・本名・私生活、そのすべてが謎に包まれた会計士が、アメリカ政府、マフィア、一流企業に追われてまで危険な仕事に手を出す本当の理由とは?

公開日:2017年1月21日(金)
詳細はこちら>>

映画『ネオン・デーモン』

エル・ファニング主演、モデル業界の煌めきと闇を描いた映画『ネオン・デーモン』。鬼才として知られるニコラス・ウィンディング・レフン監督が手がける最新作は、ロサンゼルスを舞台にモデル志望の女子が業界へ深く入れば入るほど、危険な存在になっていくというサスペンスホラーだ。

公開日:2017年1月13日(金)
詳細はこちら>>

映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』

ティム・バートン監督最新作、映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』が2017年2月3日(金)に全国の劇場で公開される話題作。原作は、ランサム・リグズによる小説『ハヤブサが守る家』(邦題)。ニューヨークタイムズ・ベストセラーにも選ばれた、ウェールズの小島を舞台に主人公の少年ジェイクの摩訶不思議な冒険を描いた作品で、映画内では、奇妙な能力を持つ子供達の世界を描いている。

公開時期:2017年2月3日(金)
詳細はこちら>>

映画『Nocturnal Animals(原題)』

トム フォード(Tom Ford)のデザイナーであるトム・フォードが監督を務める映画『Nocturnal Animals(原題)』。1993年に出版されたオースティン・ライトの小説「ミステリ原稿(Tony and Susan)」の実写化作品だ。アートギャラリーのオーナーであるスーザンのもとに、20年前に別れた元夫のトニーから小説原稿が届く。それを読み進めていくうちにあまりの衝撃的内容から不安に駆られ、彼の真意に迫る様子を描いたサスペンスとなっている。

米国公開日:2016年11月18日(金)
詳細はこちら>>

ドキュメンタリー

映画『人類遺産』

かつて人間の手によって作られ利用され、やがて人間の都合で放置され朽ちてゆく世界中の「廃墟」を映し出した映画『人類遺産』。人々の健康を支えた病院や、高度成長期を支えたマンモス団地、壮大な建造物は朽ちて風が吹きすさび、子供たちの楽園だったテーマパークは、海の波に飲まれている。誰もいない風景に、まるでその場にいるかのような臨場感と不思議な生命力を感じさせられる。

公開時期:2017年2月
詳細はこちら>>

映画『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』

映画『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』は、イタリア最南端のランペドゥーサ島という穏やかな島の難民・移民の玄関口という別の顔に着目した作品。この島に住む12歳の少年・サムエレの何気ない日々と“もう一つの日々”を取り上げたドキュメンタリー映画だ。

公開時期:2017年2月11日(土)
詳細はこちら>>

映画『アメリカンズ ロバート・フランクの写した時代』

Photo of Robert Frank by Ed Lachman, copyright Assemblage Films LLC

映画『アメリカンズ ロバート・フランクの写した時代』は、写真界の巨匠ロバート・フランクの人生と彼が生きた時代を、貴重映像や各時代の空気を伝える豪華な音楽を収録したドキュメンタリー。彼のチャーミングな人柄と作品群に魅了されたアーティストたちの協力を得て完成した作品で、「老齢を迎えた彼の遺産を残したい」という思いのこもったレガシー・プロジェクトとも言えるものに仕上がってる。

公開時期:2017年4月下旬
詳細はこちら>>

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

【映画】2017年 洋画作品を一挙紹介 - 人気シリーズ続編から話題作まで 画像1

ニュースデータ

日時:2017-01-18 03:25