ETRO

エトロ

ブランドのはじまり

1968年、ジンモ・エトロがミラノに会社を設立。

エトロについて

ジンモ・エトロ(Gimmo Etro)は1940年ミラノに生まれ。アンティークの収集家で、68年インドのカシミール・ショールの紋様を自身の手で再現すべく、テキスタイルメーカーとしてミラノに「エトロ」社を設立。19世紀後半には完全に姿を消していたカシミール紋様を独自の技法とセンスで現代に蘇らせる。

テキスタイルメーカーとして評価を得る中で、1981年、ジンモは自らが創り出した「ペイズリー」の名称でお馴染みのカシミール紋様をあしらった生地や家具、カーテン等を発表。ここで、製品に「ETRO」というブランド名をつける。

85年には2000種以上にも及ぶカシミール紋様をあしらったホームコレクション(ベッドカバー、テーブルクロス、毛布、ガウンなど)を発表する。

89年、ペイズリー柄をジャカード織で表現したバッグを完成させ、ネクタイ、ショール、小物類を加えたのアクセサリー分野にも進出。89年に香水を発表し、さらにメンズ・ウィメンズウェアを含めたトータルブランドに成長。

1997S/S、ミラノで初のウィメンズコレクションを発表。1997A/Wには、次男キーン・エトロがクリエイティブ・ディレクターを務め、メンズコレクションも発表。2000S/Sより長女ヴェロニカ・エトロがウィメンズウェアのチーフデザイナーに就任し、兄キーンとの共同製作としてコレクションを発表。

現在はジンモ・エトロの子どもである、ヤコポ、キーン、イッポリト、ヴェロニカの4人が経営している。

■デザイナー

ヴェロニカ・エトロ(Veronica Etro)は、1974年、ミラノ生まれ。イギリスのセントマーチンズを卒業。 2000S/Sシーズンからウィメンズのチーフデザイナーに就任。現クリエイティブ・ディレクター。

キーン・エトロ(Kean ETRO)は、 1964年ミラノ生まれ。ケンブリッジ大学とミラノ大学で中・近世史を学ぶ。 86年、エトロ社に入社。90年より現在まで、シーズンカタログのアートディレクターとしてイメージ戦略を総括。1997A/Wよりウィメンズ・メンズコレクションのクリエイティヴ・ディレクターを務め、現在はメンズのみ担当。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.etro.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

エトロ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介