ホーム > ニュース > 映画 > 映画『ワンダーウーマン』DC最強の“美女戦士”、主演は兵役経験もあるガル・ガドット

映画『ワンダーウーマン』DC最強の“美女戦士”、主演は兵役経験もあるガル・ガドット

映画 『ワンダーウーマン』が、2017年8月25日(金)より全国の劇場で公開される。

“ワンダーウーマン”が誕生するまでの軌跡を描く

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』『スーサイド・スクワッド』のDCが贈る実写映画第3弾となる本作では、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも登場した美女戦士ワンダーウーマンが主人公。

圧倒的な美しさと強さを持つ彼女が、自分の真の姿や運命に気づき、ワンダーウーマンとして生きていくまで、そしてその活躍が描かれている。

なぜ、プリンセスが最強美女戦士になったのか

そもそもワンダーウーマンとはどんな人物か。彼女の本名はダイアナ。人間社会から孤立した、女性だけが住むパラダイス島を統治するヒッポリタ女王の娘=プリンセスとして生まれた。そんな地に不時着したパイロットとの出会いを通し、故郷を離れ人間社会で暮らし始め、やがて自身の持つ大きな力に気づき始める。そして、人を助けることに目覚め、ワンダーウーマンとして生きていくことを決意する。

彼女の戦闘力は並外れたものだ。銃を撃たれてもブレスレットで弾き飛ばし、縄や剣を巧みに操って攻撃、車すらも持ち上げるほどのパワーでしなやかに美しくぶっ飛ばす。また、特殊な能力として、投げる輪にかかった者に真実を話させる“真実の投げ縄”などのパワーを備えている。

こうして世界を救うため、生まれ育った島を飛び出したダイアナだが、新しい人たちと出会い、今まで知らなかった現実を知るうちに、彼女自身が成長していく。一見遠い存在であるワンダーウーマンだが、内面は誰もが持つ悩みや葛藤を抱えている。だからこど、その姿に誰もが共感できるのだろう。

演じるのは、兵役経験のあるガル・ガドット

ワンダーウーマン役を演じるのは、ミス・イスラエルにも選ばれた美貌を持つ、モデルでハリウッド女優のガル・ガドット。実際の兵役経験による圧倒的なアクションセンスも持つ彼女が、DC史上最強と謳われる美女戦士役に挑戦する。

ガルはワンダーウーマンの魅力に関して次のように話す。
「この役は本当にすごいんです。あらゆる愛、思いやりや真実、正義、平和を表現している。彼女を好きにならない理由なんてどこにもありません。」
「彼女がいかに大人になっていき、世界を違った目で見るようになるかという旅路を描いた成長物語」

また、ワンダーウーマンが暮らす地に不時着し、彼女に助けられたパイロットのスティーブ・トレバー役を『スター・トレック BEYOND』のクリス・パインが務める。物語のキーを握る彼にも注目したい。

監督は『モンスター』のパティ・ジェンキンス

監督は『モンスター』で主演のシャーリーズ・セロンをアカデミー賞主演女優賞へ導いた実力派パティ・ジェンキンス。マーベル・スタジオからもオファーがあったと言われている注目の女性監督だ。アクションシーンはもちろんのこと、ワンダーウーマンの内面に迫るドラマチックなストーリー展開となっている。

世界で旋風を巻き起こす

アメリカではアメリカでは、ジョニー・デップ主演『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』、トム・クルーズ主演の『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』、X-MENシリーズ新作『ローガン』など並み居るアクション映画を抑えて興行収入で成功を収めた。初公開から4週間、全世界65ケ国で合計収入で約718億円を突破した。(1ドル110円計算)

そのほか、『美女と野獣』『ラ・ラ・ランド』を超えて2017年1番ツイートされた映画に躍り出た。人類が待ち望んだスーパーヒーロー像が描かれた『ワンダーウーマン』が、全ての人が勇気をもらえる作品として時代に新しい風を吹き込む。

既に『ワンダーウーマン』の続編の制作も決定

アメリカ・サンディエゴで実施された世界最大級のポップカルチャーの祭典、コミコンで2017年7月22日、映画『ワンダーウーマン』続編決定を発表。強さに加えて、チャーミングな魅力も表現したガル・ガドットが続投する。

アンバサダーに乃木坂46

乃木坂46が本作の公式アンバサダーに就任。また、書き下ろしイメージソングを担当する。なお、本作とコラボ―レーションしたミュージックビデオの発表も予定しており、日本の美女アイドルグループと美女戦士ワンダーウーマンとのコラボレーションに期待が高まる。

アンバサダーに乃木坂46 が抜擢されたのは、パティ・ジェンキンス監督からの直々のオファーから。「乃木坂46はワンダーウーマンが象徴しているものと同じものを持っていると思う。ワンダーウーマンの素晴らしさ、力強さ、美しさ、優しさ、愛情深さ、偉大さを伝えてほしい」とコメントを寄せている。

日本のアーティストやキャラとのコラボ

公開に先駆けて、日本のアーティストたちとのコラボレーションが続々発表されている。第1弾では「リカちゃん」×ワンダーウーマンが登場。リカちゃん史上最もパワフルなコスチュームに身を包んだ。リカちゃん以外にも足立慎吾、高田明美らとのコラボで様々なワンダーウーマンが描かれる。

『魔法の天使 クリィミーマミ』や『機動警察パトレイバー』などを生み出したキャラクターデザイナーの高田明美
『ソードアート・オンライン』などのキャラクターデザイン・総作画監督で知られる足立慎吾

第2弾では、『夜は短し歩けよ乙女』などの書籍カバーを手掛けるイラストレーター中村佑介、『DC スーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』の監督・脚本を務めるFROGMAN、『いつかティファニーで朝食を』の漫画家マキヒロチらの作品が発表された。なお、このコラボを紹介するワンダーウーマンアート展が、2017年7月28日(金)よりルミネエスト新宿店で開催される。

”美女戦士”になりきり!コスプレ「ハローキティ」登場

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
©1976, 2017 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. G580752

映画『ワンダーウーマン』公開を記念して、人気のサンリオキャラクター「ハローキティ」とのコラボレーションが実現。「ハローキティ」は、ブーツを履き、冠をあわせて、主人公のワンダーウーマンさながら”美女戦士”なりきっている。

作品情報

映画『ワンダーウーマン』
公開日:2017年8月25日(金) 全国ロードショー
監督:パティ・ジェンキンス
出演:ガル・ガドット、クリス・パインほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

映画『ワンダーウーマン』DC最強の“美女戦士”、主演は兵役経験もあるガル・ガドット 画像1
映画『ワンダーウーマン』DC最強の“美女戦士”、主演は兵役経験もあるガル・ガドット 画像2
映画『ワンダーウーマン』DC最強の“美女戦士”、主演は兵役経験もあるガル・ガドット 画像3
映画『ワンダーウーマン』DC最強の“美女戦士”、主演は兵役経験もあるガル・ガドット 画像4
映画『ワンダーウーマン』DC最強の“美女戦士”、主演は兵役経験もあるガル・ガドット 画像5
映画『ワンダーウーマン』DC最強の“美女戦士”、主演は兵役経験もあるガル・ガドット 画像6
映画『ワンダーウーマン』DC最強の“美女戦士”、主演は兵役経験もあるガル・ガドット 画像7
映画『ワンダーウーマン』DC最強の“美女戦士”、主演は兵役経験もあるガル・ガドット 画像8
映画『ワンダーウーマン』DC最強の“美女戦士”、主演は兵役経験もあるガル・ガドット 画像9
映画『ワンダーウーマン』DC最強の“美女戦士”、主演は兵役経験もあるガル・ガドット 画像10
映画『ワンダーウーマン』DC最強の“美女戦士”、主演は兵役経験もあるガル・ガドット 画像11
映画『ワンダーウーマン』DC最強の“美女戦士”、主演は兵役経験もあるガル・ガドット 画像12
映画『ワンダーウーマン』DC最強の“美女戦士”、主演は兵役経験もあるガル・ガドット 画像13

ニュースデータ

日時:2017-08-08 10:35