ホーム > ニュース > 映画 > 続編映画『ブレードランナー 2049』ライアン・ゴズリング&ハリソン・フォード主演で30年後の世界を描く

続編映画『ブレードランナー 2049』ライアン・ゴズリング&ハリソン・フォード主演で30年後の世界を描く

SF映画の金字塔と言われる映画『ブレードランナー』の続編の映画化が、34年の歳月を経て遂に実現。日本では、『ブレードランナー 2049 (Blade Runner 2049)』として、2017年10月27日(金)に公開される。

続編の舞台は、1982年公開のオリジナル作品から30年後、2049年の荒廃した世界。時が経っても埋まらない”人間”と”レプリカント”の間の深い溝。世界に新たな危機が迫るなか、30年間行方不明で「何かを知る」デッカードを”K”が探す所から物語はスタートする。レストランのような場所で2人のブレードランナーが向き合うシーンでは、デッカードが殴りかかりそうな殺気をだしている。

主人公の新人ブレードランナー“K”

主人公の新人ブレードランナー“K”を演じるのはライアン・ゴズリング。ゴズリングは最近彼の出演作『ラ・ラ・ランド』『ドライヴ』がヒットして注目を集めている。

リック・デッカード役にハリソン・フォード

人間とは見分けのつかない“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官”リック・デッカード”この前作の主人公となったデッカード役をハリソン・フォードが再び演じる。
「デッカードの30年後を演じるのは凄く面白かったし、昔の服がピッタリだったのも嬉しかった。時を経て、キャラクターを作り上げていく事はとてもやりがいがあります。」とコメントしている。

そのほか、謎の男としてジャレット・レトーや、ロビン・ライトが出演する。

リドリー・スコット製作総指揮

前作『ブレードランナー』で監督を務めたリドリー・スコットは「2049」では製作総指揮を執る。監督は『プリズナーズ』『ボーダーライン』などで独特の映像美と世界観が高く評価されているドゥニ・ヴィルヌーヴが務める。2016年公開の『メッセージ』では、賞レースでも続々とノミネートを果たして注目度はさらに高まった。

メンバーオフショット
左から)ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、リドリ ー・スコット、ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリング

脚本はハンプトン・ファンチャーとマイケル・グリーンで、前作の脚色を手掛けたコンビ。フィリップ・K・ディックの原作小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』のストーリーを継承しているようだ。当時の『ブレードランナー』を彷彿とさせる、もしくはそれ以上の新しい世界観に驚きと更なる期待感を煽られるに違いない。

作品情報

映画『ブレードランナー 2049』
原題:Blade Runner 2049
日本公開:2017年10月27日(金)
製作総指揮:リドリー・スコット
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レトー、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

続編映画『ブレードランナー 2049』ライアン・ゴズリング&ハリソン・フォード主演で30年後の世界を描く 画像1
続編映画『ブレードランナー 2049』ライアン・ゴズリング&ハリソン・フォード主演で30年後の世界を描く 画像2
続編映画『ブレードランナー 2049』ライアン・ゴズリング&ハリソン・フォード主演で30年後の世界を描く 画像3
続編映画『ブレードランナー 2049』ライアン・ゴズリング&ハリソン・フォード主演で30年後の世界を描く 画像4
続編映画『ブレードランナー 2049』ライアン・ゴズリング&ハリソン・フォード主演で30年後の世界を描く 画像5

ニュースデータ

日時:2017-07-19 16:40