ホーム > ニュース > 映画 > エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス

エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス

映画『ベイビー・ドライバー』が、2017年8月19日(土)より新宿バルト9ほか全国の劇場で公開される。

『ベイビー・ドライバー』ストーリー

主人公は、天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。幼少期の事故の後遺症で激しい耳鳴りを持病に持つ彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。そんな最高のテクニックを発揮するための唯一無二の小道具は、完璧なプレイリストが揃っているiPodだ。

ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまったベイビーは、犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし、彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられたことから、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

主人公ベイビーにアンセル・エルゴート

主人公ベイビーには、その甘い顔立ちで世界中の女性を虜にした『きっと、星のせいじゃない。』『ダイバージェント』のアンセル・エルゴート。

ヒロインのデボラにリリー・ジェームズ

ウェイトレスとして働くデボラを演じるのはリリー・ジェームズ。『シンデレラ』のみずみずしい演技が記憶に新しいイギリス人女優。

ジェイミー・フォックスら豪華キャスト集結

ベイビーとチームを組むメンバーで、凶悪な犯罪者バッツ役にアカデミー主演男優賞を獲得したジェイミー・フォックス、犯罪組織の一員バディ役にTVシリーズ「MAD MEN マッドメン」で大ブレイクしたジョン・ハム、そしてその恋人ダーリンにエイザ・ゴンザレス。さらに、組織をまとめるボス役を、同じくアカデミー賞を二度受賞の大ベテラン、ケヴィン・スペイシーが務める。

エドガー・ライトがハリウッドの長編映画デビュー

そんな本作の監督を務めるのが、『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホットファズ-俺たちスーパーポリスメン!』『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う』などを手がけたエドガー・ライト。サイモン・ペグとのコンビで、ホラー×アクション×コメディなど、様々なジャンルをミックスした独自の世界観を作りだし暴れまわってきたイギリスの新鋭だ。

ハリウッド長編映画としては監督デビュー作となる『ベイビー・ドライバー』最大の見どころは、ストーリー全体がベイビー自身のサウンドトラックのようになっており、彼が聞く曲に合わせて物語が進んでいくというユニークな構成だ。

導入で主人公ベイビーは真っ赤なスバル・インプレッサを乗りこなし、軽快なロックミュージックとともに天才的なドライビング・テクニックを披露するが、クライム・ムービーに不可欠な大迫力のカーチェイスと銃撃戦に加えて、テンポの良い音楽とカーアクションがシンクロしていく。このシーンに限らず、作品全体が流れる楽曲に合わせた構成となっており、“カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』”とも評される、ミュージカル風の要素をも取り込んだ新感覚の作品となっている。

オープニングを飾るジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンの「ベルボトム」、疾走感を煽るダムドの「ニート・ニート・ニート」、劇中でベイビーもNo.1フェイバリットと語るクイーンの「ブライトン・ロック」、マーサ・リーヴス&ザ・ヴァンデラスの「ノーホエア・トゥ・ラン」など、ロック、オルタナティブ、ソウル、ジャズ、ダンスと様々なジャンル、そして幅広い年代から監督によって選ばれた全30曲が、物語とシンクロしながら各シーンを彩る。

監督エドガー・ライトにインタビュー - 自身の映画哲学と、オリジナル作品にかける思い

今回、エッジの効いた音楽センスとヴィジュアルの魅せ方、そしてさまざまな映画の引用で、世界のファンから期待を集めているエドガー・ライトにインタビューを実施。自身の映画哲学や、『ベイビー・ドライバー』の制作秘話などを語ってもらった。

エドガー・ライト
エドガー・ライト

『ベイビー・ドライバー』は、デビュー作品以来、初めて脚本全てを手がけた作品です。オリジナル作品の存在意義について、エドガー・ライト監督はどのように思っていますか?

凄く重要だと思っています。『ベイビー・ドライバー』を作る前と後で、オリジナルの作品への想いは全く変わっていない。シリーズものの作品と同じくらい、オリジナル作品は存在すべきだし、ハリウッドがシリーズものにかける時間を、オリジナル作品にも同様に費やす事ができれば、もっと多様性のある映画界になるはず。

ただ、オリジナルの作品を作って、それがどのように世界に受け止められるかはわからない。正直プレッシャーも大きくて。少し上手くいかなかっただけでも、メディアには「観客はオリジナル作品を求めていない。それは興行収入が示してる」と酷評されてしまいます。

だからこそ、これだけ周りに大作のシリーズものがある中で、『ベイビー・ドライバー』が興行収入と観客の評判を上げているということは、凄く嬉しい。そして、仮にこれが僕の作品ではなかったとしても、「オリジナルの作品がこれだけ頑張っているんだ!」という事実に、僕自身も誇らしく感じていたはずです。

エドガー・ライト監督のオリジナリティとして、様々なジャンルをミックスする作風があげられます。それはどのように生まれたのでしょうか?

一言で答えるにはともて難しい質問です。まず映画、音楽、そして文学とか、様々なアートへの愛情がベースにあり、そこに僕の人生経験そのものが加わって、自分の感性が磨かれているのだと思います。これまで映画が大好きで沢山の作品を見てきましたが、この自分の感性という名のフィルターを通して、それらを吸収してきました。

そう考えると、自分が手がけた作品、特に『ベイビー・ドライバー』に関しては、シンプルに自分の“パッション=愛するもの”を一つに凝縮して生まれた作品、と言えるかもしれません。

様々なジャンルを組み合わせる上で、それらのバランスはどのように保っているのでしょうか?

それは本能的な部分が大きいです。だからこそ、自分で作品全体の“トーン”をコントロールし、日々の撮影現場できちんと保っていくことが重要だと思っています。映画を撮影する前に作品のあるべき姿は見えているので、アクションのリアリティ、音楽のチョイス、キャラクターがどんなリアクションをするのか、演技の大・小など、自分のイメージを、スタッフとコミュニケーションを取りながら伝えていきます。

『ベイビー・ドライバー』ではカーアクションと音楽が融合していますが、そのアプローチのアイデアはどのように生まれたのでしょうか?

アイデア自体を思い付いたのは、『ショーン・オブ・ザ・デッド』を製作するよりも前のことです。21歳の時に、劇中でも使われているジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンの「ベルボトム」を聞いて、「これはカーチェイスにぴったりだ。映画に使ったら最高だ」と思ったのがきっかけ。その時から音楽とアクションを融合させるビジョンは持っていて、長いスパンで製作できないかとずっと考えていたんですが、そこで思いついたのが、音楽なしでは生きられない若きドライバーの物語。『ベイビー・ドライバー』は、いわば音楽から生まれた映画なんです。

主人公のベイビーは、事故の後遺症で音楽がないと生きていけない人物ですね。

ベイビーは元々音楽を常に聴いていて、音楽を聴いている時でしか機能できないキャラクター。オリヴァー・サックスの『音楽嗜好症』という書籍の中で、人によっては耳鳴りの症状を抑えるためにずっと音楽を聴いている人もいると知って、それも参考にしています。

エドガー・ライト作品は特に、音楽との強い結びつきを感じます。最初に選曲した30曲をベースにストーリーを構成されたそうですが、監督にとっての映画と音楽の関係性とはどういったものでしょうか?

もちろん、撮る作品によってその関係性というものは違ってきますが、なにより僕は、作品の内容と音楽が共に深く作用し合っている作品が好きです。ただ、そのやり方も様々で、作品自体に物凄く良いオリジナルのサウンドトラックがある事もあれば、『ベイビー・ドライバー』のように既存曲をメインにオリジナル曲も組み合わせるケース、あるいは逆に音楽を使わないことで意味を持たせる作品もあるかもしれません。

『ベイビー・ドライバー』について言えば、全ての楽曲が、物語の中で、それぞれのシーンと合致した形で存在していること。また、(アクションシーンだからただテンポの速い曲を使うというわけではなく)全てのシーンにおいて、きちんとした理由があってその曲を使用している。これは、この映画を撮っていて自分でも気に入っている部分の一つですね。

どのように音楽と演技をシンクロさせたのでしょうか?

撮影前のテストの段階から、音楽を現場でかけて撮影しました。セリフがないシーンは大音量で音楽をかけ、主人公ベイビーだけが楽曲を聴いているというシーンは(主役の)アンセル・エルゴート自身がヘッドホンで楽曲を聴いて撮影しています。また、すべての登場人物が楽曲に反応しているシーンでは、皆にイヤーウィックを使用して撮りました。シーンによって手法は違いますが、全編音楽をかけながらの撮影。ここで大きなキーとなるのは、出来上がった作品で流れる音楽をキャストも実際に撮影で聴いているということです。

音楽に合わせてベイビーがオープニングのカーアクションで乗りこなすのは、スバルのWRX。

実はトヨタのカローラをオープニングで使用する予定でしたが、スタントチームからアドバイスがあり、四輪駆動車でラリーカーと同じ走りができるセダンタイプのスバルWRXを最終的に起用しました。お陰でスバルファンには大変好評です。

また、これは逃走車を実際に運転していた人たちから聞いた話なんですが、彼らは街中を普通に走っていて、交通の流れに溶け込むような車を使うということでした。なので、劇中で使用する車については、高級車やド派手な車ではなく、銀行強盗という目的にあった実用的な車を使おうと。そこで、アメリカで一番多く盗難に遭っている車種を調べて、それを念頭に置きながら強盗シーンに使う車を決めていったんです。

カーアクションのシーンは、ほぼCGを使わずに実際のドライバーを使っているそうですが。

その通りです。なぜ今回なるべく物理的なアクションにこだわったかというと、リアリズムを追求するため。作るほうも見る方も、実際にリアルでやっている方がワクワクしますから。実は観客というのは、CGに対する理解がなくても、それがリアルであるか、そうではないかが、見ていてわかるものなんです。だからCGを全く知らない人が見ても、本当にやっていると、「リアルだ」と思ってもらえる。それから、僕自身がカーアクションを作るにあたって、道路でやらずCGでやるというのは奇妙な感じがするので、実際にやってみたかったというのもありますね。

エドガー・ライト監督は、現在、母国のイギリスから拠点を移し、L.A.に住んでいるそうですね。二つの都市にはカルチャーの違いがあると思いますが、いかがでしょうか?

L.A.には非常に興味深い文化的側面があります。ただ、ロンドンに居た頃の方が、海外の映画を見ることが多かったな、とふと思うことがあるんです。特にアジアの作品については、もっと劇場で見る機会があったと思います。L.A.だと上映されたとしても1、2館で、それもすぐ上映が終わってしまう。外国映画、特にインディーズ系の作品はそうですね。

アジアの作品もお好きなんですね。過去の作品を見ると日本のエッセンスを取り入れているものもありますが、個人的にインスパイアされた作品をあげると?

『ベイビー・ドライバー』を観た人からは、鈴木清順監督の『東京流れ者』に似ているとよく言われます。そのほか、10代の時に『HANABI』や『ソナチネ』、『その男、狂暴につき』など北野武の作品を観ていました。

ではL.A.の魅力は?

映画以外のところでいうと、アート全般、写真、コメディー、音楽。それぞれ都市によって特徴がありますが、例えばロンドンやNYは、劇場、お芝居が強いですよね。でもL.A.の場合は、音楽とコメディーのシーンが凄く活き活きとしていて、充実しているんです。

『ベイビー・ドライバー』にもその影響があるのでしょうか?

L.A.に住んでいる事が作品に影響を与えたか、でいうと、そうではないですね。インターネットの存在が重要で、例えばTwitterでタイムラインを見ていれば、英国で起こったことも、(ユーモラスなツイートと共に)大体把握出来ますから。

僕が好きなのは、常に沢山の情報に触れて、様々な物事を沢山知っているということ。なので、どこに住むかではなく、たとえば旅をして違ったユーモアに触れたりすることで、自分のセンスが幅広くなっていくという感覚が強いし、それが作品に影響を与えていると思います。

続編のオファーもきているようですが、具体的なアイデアはありますか?

実は続編の話は公開前からあったのですが、実際に作品に着手するまでは続編の事は考えていませんでした。製作中は、キャラクター達について考えるのが楽しくて、彼らが今後どうなっていくのかには僕自身も興味があります。ただ、今はまだ決定しているわけではないし、実際に話は出ている、ということだけお伝えしておきます。

作品情報

映画『ベイビー・ドライバー』
公開日:2017年8月19日(土)
監督・脚本:エドガー・ライト
製作:ニラ・バーク、ティム・ビーバン、エリック・フェルナー
出演:アンセル・エルゴート、ケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームズ、エイザ・ゴンザレス、ジョン・ハム、ジェイミー・フォックス
原題:Baby Driver

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像1
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像2
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像3
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像4
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像5
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像6
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像7
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像8
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像9
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像10
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像11
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像12
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像13
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像14
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像15
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像16
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像17
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像18
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像19
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像20
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像21
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像22
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像23
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像24
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像25
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像26
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像27
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像28
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像29
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像30
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像31
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像32
エドガー・ライト監督映画『ベイビー・ドライバー』音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス 画像33

ニュースデータ

日時:2017-08-03 21:00