menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. インタビュー

映画『美女と野獣』ベル役エマ・ワトソンでディズニーが実写化、コンドン監督が明らかにする物語の真実

ディズニー・アニメーション『美女と野獣』が、ベル役にエマ・ワトソンを迎えついに実写映画化。アニメーション公開から26年の時を経て、2017年4月21日(金)日本公開となる。

ディズニーと『美女と野獣』

エマ・ワトソン インタビュー|写真8

ディズニーがアニメーション映画『美女と野獣』を公開したのは、1991年のこと。1740年にヴィルヌーヴ夫人によって最初に書かれた「美女と野獣」は、これまで文学やテレビドラマ、バレエ、舞台など、様々な解釈によって感動の物語を綴ってきた。映画化は幾度となく行われ、1940年代にジャン・コクトー監督が、2014年にもレア・セドゥ主演で実写化されている。しかし、ディズニーアニメーションの誕生は、その中でも決定的な存在であった。

アニメーション映画史上初となるアカデミー賞作品賞にノミネート。さらに、一つの作品から「朝の風景」「ひとりぼっちの晩餐会」「美女と野獣」と3つの楽曲がアカデミー歌曲賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞、グラミー賞でも次々に賞を獲得。社会現象といえるほどの勢いで、一大センセーションを巻き起こすこととなった。

ベル役に女優エマ・ワトソンを迎え実写化

エマ・ワトソン インタビュー|写真1
(c)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

公開から25周年を迎えたディズニー『美女と野獣』は、実写映画化され現代へ。主人公ベルを演じるのは「4歳からベルに夢中!」とキャラクターの大ファンであるエマ・ワトソン。『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役で、世代や性別を超えて人々に愛された彼女が、抜群の歌唱力を手に、21世紀のニューヒロインを演じる。

ベルの相手役・野獣には、TVドラマ『ダウントン・アビー』で脚光を浴びたダン・スティーヴンスが抜擢。フェイシャル・キャプチャーとパフォーマンス・キャプチャーといった映像テクノロジーを用いて、現代版野獣がリアルに描かれる。

なぜベルは野獣を愛したのか?知られざる真実が明かされる

エマ・ワトソン インタビュー|写真10

『美女と野獣』は、魔女の呪いによって野獣の姿に変えられてしまった美しい王子と、一人の少女ベルとの物語。”人と違う外見に縛られ”本当の自分を受け入れられない野獣が、”人と違うことを自分の輝きに変える”ベルと出会い、人を愛し愛されることを学んでいく。実写映画化に伴い、大きなテーマとなるのは「なぜベルは野獣を愛したのか?」という一つの問いだ。

ビル・コンドン監督インタビュー

エマ・ワトソン インタビュー|写真35

日本公開に先駆け、監督ビル・コンドンが来日。映画『シカゴ』『ドリームガールズ』と数々のミュージカル映画を世に送り出してきた彼が、ディズニー作品をどう描いたのか。『美女と野獣』実写化にかける思いについて話を聞くことができた。

Q:数多くのディズニー作品の中から、なぜ『美女と野獣』が実写化されたのでしょう。

コンドン:ディズニーにとって大きなチャレンジだったと思います。ここ数年、ディズニーは、スタジオ部門の会長ララ・ホーンを中心に、いわゆる古典と呼ばれる作品を実写化して現代風にリメイクしてきました。

これらの作品と比べると『美女と野獣』は近年のもの。実際、アニメーション作品もとても多くの人に愛され、子供の頃に見た人々が今は自分の子供たちと見ている。早い段階で、舞台・ミュージカル化もされ、もちろん日本でも上演されていますよね。またアニメーション映画『美女と野獣』が生まれた時期は、ディズニースタジオの中でルネッサンスを迎えた時期でした。

そういう点で、他の過去のアニメーション作品と『美女と野獣』は立ち位置が異なる。近代作品を実写化することはもちろん、人気のある『美女と野獣』を選ぶことは、ディズニーにとって大きな決断に繋がったと思います。

エマ・ワトソン インタビュー|写真2

Q:人気作品を実写化する上で、ビル監督が挑戦したことはどんなことでしょうか。

コンドン:物語をリアルに描くこと。私が実写化する上で必要だと思ったことは、主人公のベルや野獣、そして城の住人たちであるルミエールやポット夫人といったキャラクターたちに新たな観点からさらなる深みを与えることです。

アニメーションで描かれているキャラクターたちは、いわゆる「典型」という形でしか表現されていない。様々な側面やニュアンスを持った、人間味が描かれているわけではないんですよね。

今回、本物の役者たちに演じてもらうということで、各キャラクターに人間性を持たせました。バックストーリー、心理描写を掘り下げることによって、それぞれのキャラクターたちの個性をきちんと描き出す。特に、ベルが野獣に恋に落ちるところは、現実世界のようにリアルに映し出したかったんです。

Q:ベルと野獣はどういった人物だと捉えましたか。

コンドン:ベルと野獣に共通しているところは、喪失感を持っているのに、未だそれが解決していないことです。

ベルに関しては、頭の中に雲がかかっているというか。現実を飛び出して、冒険に出たいんだけれど、彼女の中にあるいくつかの疑問を脱ぎされない。父親がなぜ彼女に対して過保護なのか。どうしてパリからこの小さな村へ引っ越したのか。母親の死因は何なのか。父親は、ベルを大切にするあまり守ることしか考えていない。結果、彼があまりに秘密にしすぎたため、ベルは自分の過去や母親について疑問を抱いてしまうんですよね。

野獣の方も、母親を失ったことによって、愛情を感じられる唯一の相手がいなくなってしまった。その後はひどい父親と残されてしまう。

本作では、ストーリーを通して二人の過去を解いていく。野獣はベルの母親の死因を知り、ベルは母親を亡くして野獣が変化したことに気付く。二人がお互いを理解していく中で、心の接点を見つけ、互いに心の傷を癒していく。そして、似たような過去の心の痛みを持っている人と出会うことで、自分の問題も解決できるように成長していきます。

エマ・ワトソン インタビュー|写真9

Q:二人の成長シーンに、込めたメッセージとは。

コンドン:基本的なメッセージは、「美女と野獣」で語り継がれているもので、「表面的なものにとらわれず、さらに深いところを見ることが大切だ」ということです。

現代は、表面的なものが明るみになりやすいく、そういったものばかりが取り上げられやすい。だからこそ、特に若い世代には作品を通して、表面に惑わされずちゃんと知識を持つ必要があることを感じて欲しい。愛の道筋は、見つけ出さなくてはいけないものですので。

と同時に、ベルと野獣は互いに心を開くことによって、自分でも知らなかった自分自身を知る。その当たりも作品から感じとって欲しいですね。

Photos(35枚)

エマ・ワトソン インタビュー|写真1 エマ・ワトソン インタビュー|写真2 エマ・ワトソン インタビュー|写真3 エマ・ワトソン インタビュー|写真4 エマ・ワトソン インタビュー|写真5 エマ・ワトソン インタビュー|写真6 エマ・ワトソン インタビュー|写真7 エマ・ワトソン インタビュー|写真8 エマ・ワトソン インタビュー|写真9 エマ・ワトソン インタビュー|写真10 エマ・ワトソン インタビュー|写真11 エマ・ワトソン インタビュー|写真12 エマ・ワトソン インタビュー|写真13 エマ・ワトソン インタビュー|写真14 エマ・ワトソン インタビュー|写真15 エマ・ワトソン インタビュー|写真16 エマ・ワトソン インタビュー|写真17 エマ・ワトソン インタビュー|写真18 エマ・ワトソン インタビュー|写真19 エマ・ワトソン インタビュー|写真20 エマ・ワトソン インタビュー|写真21 エマ・ワトソン インタビュー|写真22 エマ・ワトソン インタビュー|写真23 エマ・ワトソン インタビュー|写真24 エマ・ワトソン インタビュー|写真25 エマ・ワトソン インタビュー|写真26 エマ・ワトソン インタビュー|写真27 エマ・ワトソン インタビュー|写真28 エマ・ワトソン インタビュー|写真29 エマ・ワトソン インタビュー|写真30 エマ・ワトソン インタビュー|写真31 エマ・ワトソン インタビュー|写真32 エマ・ワトソン インタビュー|写真33 エマ・ワトソン インタビュー|写真34 エマ・ワトソン インタビュー|写真35

関連ニュース

関連用語

ピックアップ

『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』あの感動再び⁉大森貴弘監督×吉田玲子脚本
2021.11.5(金) 公開予定
『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』あの感動再び⁉大森貴弘監督×吉田玲子脚本
ヴィンチェンゾ・ナタリ監督の映画『CUBE』菅田将暉主演でリメイク、恐怖の密室サスペンス再び
2021.10.22(金)
ヴィンチェンゾ・ナタリ監督の映画『CUBE』菅田将暉主演でリメイク、恐怖の密室サスペンス再び
映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』忍者ヒーロー・スネークアイズ誕生秘話、日本が舞台
2021.10.22(金)
映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』忍者ヒーロー・スネークアイズ誕生秘話、日本が舞台
2022年公開予定の<アニメ映画>話題作はコレ!スラムダンク映画化やミニオンズ最新作など
2022年公開予定の<アニメ映画>話題作はコレ!スラムダンク映画化やミニオンズ最新作など
映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』燃え殻の人気小説を実写化、森山未來主演のラブストーリー
2021.11.5(金) 公開予定
映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』燃え殻の人気小説を実写化、森山未來主演のラブストーリー

スケジュール

映画『ビルド・ア・ガール』冴えない女子高校生が辛口音楽ライターに?!90年代英国の音楽業界が舞台
2021.10.22(金)
映画『ビルド・ア・ガール』冴えない女子高校生が辛口音楽ライターに?!90年代英国の音楽業界が舞台
「日比谷シネマフェスティバル 2021」“入場無料”名作&人気映画を屋外上映、『ミニオンズ』など
2021.10.22(金)~2021.10.29(金)
「日比谷シネマフェスティバル 2021」“入場無料”名作&人気映画を屋外上映、『ミニオンズ』など
アニメ映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』ひとりぼっちの少年&不良品ロボットの“本当の友情”探し
2021.10.22(金)
アニメ映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』ひとりぼっちの少年&不良品ロボットの“本当の友情”探し
映画『ひらいて』綿矢りさの小説が原作、女子高生の屈折した恋心を描く
2021.10.22(金)
映画『ひらいて』綿矢りさの小説が原作、女子高生の屈折した恋心を描く
映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』忍者ヒーロー・スネークアイズ誕生秘話、日本が舞台
2021.10.22(金)
映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』忍者ヒーロー・スネークアイズ誕生秘話、日本が舞台
 スケジュール一覧