American Apparel

アメリカンアパレル

ブランドのはじまり

1989年、ダヴ・チャーニーがアメリカンアパレルを設立。2016年、破産法適用申請。

アメリカンアパレルについて

アメリカンアパレル(American Apparel)はアメリカを拠点とするアパレルブランド。1989年、カナダ出身のダヴ・チャーニー(Dov Charney)が設立。その後、アメリカのロサンゼルスに拠点を移す。垂直的統合型の展開により急速に成長。デザイン、広告、マーケティング手法も注目を集めている。

ブランドポリシーは「Made in Downtown LA」。ロサンゼルスのダウンタウンにある建物内では、製造からカスタマーサービス、デザイン、写真撮影まですべてが行われている。この珍しい体制の理由のひとつが「スウェットショップ(劣悪な労働環境にある衣料工場)」の廃止。低賃金、暴力、過酷な懲罰、エアコンなし、飲料水の不足といった搾取が行われている工場をなくしていこうという理念の元に会社が運営されている。従業員への良い待遇なくして良い物は作れないという志を持つ。

誰もが着こなせるベーシックなアイテム展開、そして幅広いライン数と豊富なカラーバリエーションで世界中で人気となった。モデルとなる被写体の日常的な自然な姿をキュートに映し出したヴィジュアルも注目を集めている。

ニットアイテム、Tシャツ、デニム、アンダーウェア、レギンス、ドレスなど幅広いラインナップでメンズ、レディースともに展開している。

アメリカンアパレルが2005年9月、日本にて第一号店をオープン。以来、プレスやファッション感度の高い客層の注目を集めて来た。 店舗は代官山や渋谷など人気の高いショッピングエリアを中心に展開。2007年には大阪にも出店。 現在日本での店舗数は5店舗(自由が丘、渋谷、渋谷Ⅱ、代官山、心斎橋)。

2016、破産法適用申請。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://americanapparel.co.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

アメリカンアパレル取り扱い店舗

Data - アメリカンアパレルの関連データ

用語: スウェット

ブランド・デザイナー紹介