menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド

IN-PROCESS Tokyoイン-プロセス トーキョー

ブランドのはじまり

デザイン・デュオのスティーブン・ホール(ロンドン生まれ)と大原由梨佳(東京生まれ)が2005年に「HALL OHARA(ホール・オーハラ)」を立ち上げる。2010年に「IN-PROCESS BY HALL OHARA」をスタート。

イン-プロセス トーキョーについて

イン-プロセス バイ ホール オーハラ(IN-PROCESS)は日本のウィメンズブランド。

スティーブン・ホールと大原由梨佳は共に2003年、ロンドンのセントラル・セント・マーティンズ美術大学を首席で卒業。その後、2004年に結婚に至り、2005年に「HALL OHARA(ホール・オーハラ)」ブランドを立ち上げる。

2006年春夏にブリティッシュ・ファッション・カウンシルより新人デザイナーに寄与される「NEW GENERATION賞」を受賞し、ロンドン・コレクション中にオフ・スケジュールでデビュー。
2シーズン目からパリ・コレクションでも展示を始め、2007年より日本へ拠点を移す。

2009年春夏よりメンズライン「ARP(アープ)」をスタートし、2009/2010秋冬よりセカンドライン「doodling(ドゥーダリン)」をスタート。

そして、2010年春夏より、ブランド名を「インプロセス(IN-PROCESS BY HALL OHARA)」に変更し、新しいコンセプトを掲げる。2014年、第7回「DHL デザイナーアワード」を受賞。

2017年春夏シーズンより、ブランド名を「インプロセス(IN-PROCESS)」に変更。

【ブランドコンセプト】
「IN PROCESS」とは、“進行中”を意味し、洋服のエネルギー源はその作業プロセスにある、という概念がコンセプト。

また、洋服とは常に進行中であり、デザインや生産の過程においてだけでなく、ユーザーに渡った後も、その人によって色々な形に進行し続ける。
そんな想いを大切に、コレクション毎のメッセージを自由で素直に表現したストーリー展開を広げる。

モダン・ノスタルジアをスタイルの特徴とし、モダンさと手作り感のあるディテールが加わったアンティーク調な雰囲気が融合したコレクション展開を打ち出す。

オシャレを楽しむ事は、日常生活において女性が元気になるひとつの要素。時にはキュートに、時にはカジュアルに、時にはボーイッシュに、時にはクラシカルに、時には少しセクシーに。落ち込んだ時には一層オシャレに磨きをかけて自分を元気づける。そんな想いを持つ人達へ展開されたコレクションとなっている。

2019年秋冬より、ブランド表記を「イン-プロセス トーキョー(IN-PROCESS Tokyo)」に変更。

公式サイト

http://www.in-process.org/

Collections - イン-プロセス トーキョーのコレクション

News - イン-プロセス トーキョーのニュース

Shop - イン-プロセス トーキョー 店舗・取り扱いコーナー

A STORY TOKYO 新宿東口店
東京都新宿区新宿3-22-13
ア ストーリー トーキョー 新宿新南口店
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-6

Shop Search - イン-プロセス トーキョー 店舗・取り扱いコーナー検索

インプロセス取り扱い店舗・コーナー

関連用語

スケジュール

アネロ、東京初の店舗が原宿にオープン - 着れるバッグ“リュックベスト”を限定発売
12月12日(木)オープン
アネロ、東京初の店舗が原宿にオープン - 着れるバッグ“リュックベスト”を限定発売
「北欧展 2019」ジェイアール名古屋タカシマヤで、映画『かもめ食堂』ロケ地のシナモンロールなど
12月12日(木)~12月24日(火)開催
「北欧展 2019」ジェイアール名古屋タカシマヤで、映画『かもめ食堂』ロケ地のシナモンロールなど
池袋のプラネタリウム“満天”、ハワイの自然を星空と香りで楽しむ冬プログラムを上映
12月12日(木)開催
池袋のプラネタリウム“満天”、ハワイの自然を星空と香りで楽しむ冬プログラムを上映
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る