BOUCHERON

ブシュロン

ブランドのはじまり

1858年、フランスにて創業

ブシュロンについて

ブシュロンは、1858年、フランスのパリにてフレデリック・ブシュロン(Frédéric bouchern)が創業。

現在はフランスを代表するジュエリーブランドとしての地位を確立。ヴァン クリーフ&アーペルショーメメレリオ・ディ・メレーモーブッサンと並んで「グランサンク(5大宝飾店)」と呼ばれるほどの伝統と格式を持つ名門ジュエラー。フレグランスや腕時計の展開も積極的に行っている。

時計に関してはヴァンドーム広場にちなんで、リフレ、ロンド、キャレなどのコレクションを展開。また、文字盤や竜頭に、ブシュロン本店の位置、住所などが表示されたコレクションが多いところも特徴。

デザインはスネーク(蛇)などの動物や植物など自然をモチーフにしたものや、アールヌーボースタイルがよく使用されており、ブシュロンの象徴となっている。

1867年、時計の製作をスタート。宝飾技術を取り入れたラグジュアリーな時計が人気となる。1893年、ジュエラーとしては初めてヴァンドーム広場に本店を構える。

1988年、ブシュロンのスピリットを香水で表現した初のビジュー・パルファンを発表した。

2000年、グッチグループ(現ケリング社)の傘下に入る。

2006年、アレキサンダー・マックイーンとコラボレーションで限定ノヴァックバッグを発表。2007年、ジラール ペルゴと提携し、高度な機械式ムーブメントを搭載したコレクション「MEC ジャングル」を発表。ゴールド、サファイア、ダイヤモンドなどの素材が施された。

2008年、ブシュロンの創業150周年を記念して、ラ・メゾン・デュ・ショコラとのコラボレーションで、ショコラジュエリーを製作。動物モチーフのスネークをチョコレートで形作り、先端に20.08カラットのハートシェイプカットイエローダイヤモンドを飾ったハイジュエリーネックレスを発表。20.08カラットはもちろん2008年にちなんでいる。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:https://www.boucheron.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ブシュロン取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介