Rafe New York

ラフェニューヨーク

ブランドのはじまり

1994年、ラフェ ニューヨークは、ラフェ・トテングコがニューヨークにて設立。

ラフェニューヨークについて

ラフェ ニューヨークはニューヨークを拠点にした、バッグブランド。シーズンによって変わるが、オレンジ、ピンク、グリーン、ライトブルーなどの色、メタル系の光沢ある素材を取り入れた、カラフルな色使いで、キュートなデザインが特徴。さまざまな施しを加えており、シンプルというよりは、デザイン性は高い部類にはいるバッグ。セレブリティに人気で、ジェシカアルバ、リンジーローハン、パリス・ヒルトンなどが持ち歩く姿が目立つ。

バッグ以外のアイテムは靴や財布などのアクセサリーなど。(メンズのバッグもある)

ラフェ ニューヨークのデザイナー、ラフェ・トテングコ(Rafe Totengco)はフィリピン出身。フィリピンでビジネスに成功。それを資金に、ファッションデザイナーとして成功する夢を求め、89年にニューヨークに渡る。ファッションデザインを学ぶため、ニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)に入学。

94年、ブランド「ラフェニューヨーク」をスタートさせ、初のアクセサリーコレクションを発表。ベルトと時計がメインで、ニューヨークのソーホーにあるショップに供給した。ベルトが好評たったため、ショップから、バッグのデザインをオーダーされたことを機に、バッグのデザインを始める。

ラフェニューヨークのバッグのファーストコレクションは、ニューヨークの高級百貨店バーグドルフグッドマンでデビューした。

2001年アクセサリー協会のベストアクセサリーデザイナーに選出される。2006年にはアメリカのアパレルメーカーのターゲット(Target)とコラボレーションを行う。

取扱店:BEYES表参道ヒルズ店あるいはBEYESのショッピングサイト、公式サイトでもオンラインで取扱がある。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.rafe.com/

Data - ラフェニューヨークの関連データ

用語: バーグドルフグッドマン ヨーク ブランド: Target

ブランド・デザイナー紹介