TARGET

ターゲット

ブランドのはじまり

アメリカ、オーストラリアとそれぞれ独自に展開をスタート。

ターゲットについて

Target(ターゲット)は小売デパートチェーンで、同名の企業がアメリカとオーストラリアにある。両者は似た業態で、名前は同じであり、ロゴも似ているが資本関係はない。

なお、ロゴなどに使用される企業ブランド名の表示がアメリカのターゲットは「TARGET」、オーストラリアのターゲットは「Target」とフォントや大文字・小文字の表記が異なる。

どちらのターゲット共に、近年ファッションデザイナーとのコラボレーションを積極的に行い、低価格で商品を販売している。

TARGET(アメリカ)

ターゲット・コーポレーションが運営する、ディスカウント百貨店チェーン「ターゲット(Target)」。小売店を約1600店(2007年)を運営している。企業としては、1902年、ミネソタ州・ミネアポリスにて設立された。赤い二重丸のマークが目印。2008年、ターゲット・コーポレーションとしてフォーチュン500で31位にランクし、全米の小売業では5番目に大きい(2007年)。

近年、デザイナーとのコラボレーションを積極的に展開。もちろんコラボ製品はターゲットの価格で設定され、非常に低価格で販売される。

■主なコラボレーションデザイナー(ブランド)

2009年、アレキサンダー・マックイーン、アナスイ、オーラカイリー(ホームウェアコレクションを展開)、コンバースジョナサン サンダース

2008年
ウェア:リチャード チャイ、ローガン(ROGAN)、ジョヴォヴィッチ ホーク

アクセサリー(シューズ、バッグ、ジュエリーなど):シガーソン モリソン、ディーン・ハリス(Dean Harris)、アニヤ ハインドマーチボトキエ、グライソン(GRYSON)、サブヴァーシヴ・ジュエリー(Subversive Jewelry)、ロフラー・ランダル(Loeffler Randall)、コンバース

2007年
ウェア:エリン フェザーストンパトリック ロビンソン

補足:シーズンごとにアイザック ミズラヒのレディースウェアコレクション、また、2006A/W~2007A/Wにかけてキーナン・ダフティー(Keanan Duffty)のメンズコレクションを発表した。その他にもフィオルッチラフェニューヨークなどとのコラボレーションも行った。


Target(オーストラリア)

小売、産業用品など多角展開するウェスファーマーズ社が運営する小売デパートチェーン。約270の店舗(2007年)を展開している。ターゲット自体は、1925年、ドレスの生地などを販売するショップからスタートした。買収など、再編を繰り返し、現在のような業態に至る。近年、デザイナーとのコラボレーションを積極的に展開。もちろんコラボ製品はターゲットの価格で設定され、非常に低価格で販売される。

主なコラボレーションデザイナー

2008年:ザック ポーゼン
2007年:ステラ マッカートニー、ジョシュ・グート(Joshua Goot)

[ 続きを読む ]

ブランド・デザイナー紹介