M・MAGLIA

エム・マグリア

ブランドのはじまり

エム・マグリア(M・MAGLIA)は、2016年、日本に設立。

エム・マグリアについて

エム・マグリア(M・MAGLIA)は、江川暢之がデザインを手掛ける日本のニット専門ブランド。

「ニット本来の魅力を突き詰めて作り上げた上質なアイテム。本物を求める人に最上の品質を伝えたい」という想いがブランドには込められている。

縫製は、海外メゾンブランドに並ぶ最高品質の糸を選び、ニット専門の工場で行っている。1シーズンで消費される洋服ではなくじっくり大切に着てもらえるよう、シンプル+αのデザインを心掛け、過度なデザインを避けた美しいシルエットを提案。1から糸を編み立て作る生地による上質な着心地を目指している。

定番で作っている「圧縮ニットジャケット」は、古い丸編み機を改造したもので、生地を作成。この丸編み機は、通常考えられない糸番手の広さを持ち、通常丸編み不可能な糸でも編み立て可能。その編み機でセーター用に撚られたカシミヤ混のソフトな糸を編み立てる事により、他社では真似の出来ない生地を作り上げている。

さらに、TPS縫製といって、縫い代の全く無い、生地の重なりの無い縫製を採用しており、縫い代が無い事から軽く、着心地の良いジャケットを作る事が出来る。なお、この縫製には国内で特許を持った特殊なミシンを使用している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://m-maglia.com/

Data - エム・マグリアの関連データ

用語: メゾン

ブランド・デザイナー紹介