Albertus Swanepoel

アルバトス スワンポエル

ブランドのはじまり

2006年、アメリカ、ニューヨークにてスタート。

アルバトス スワンポエルについて

アルバトス スワンポエル(Albertus Swanepoel)はアルバトス・クォータスが設立したアメリカの帽子ブランド。

アルバトス・クォータス(Albertus Quartus)。南アフリカ出身。ヨハネスブルグでファッションを学ぶ。南アフリカで衣服を中心としたファッションレーベル「Quartus Manna」をスタート。約7年続けた後、1989年、アメリカ、ニューヨークに渡る。しかし、アメリカでは、南アフリカ同様にレーベルを続けることが困難になったため、一旦活動を休止。企業デザイナー、フリーランスのデザイナーとして働く。また、さらにファッションを学ぶため、ファッション工科大学(FIT)に通い、夜間コースで帽子(Millinery)の授業を受講していた。

2004年、マーク・バイ・マーク ジェイコブスのショー向けに帽子を制作。これが注目を集め、以降、ロエンザスクーラー、キャロリーナ ヘレラタクーンピーター ソムなどに帽子を提供。

2006年、レーベル「アルバトス スワンポエル(Albertus Swanepoel)」を設立し、レディースの帽子コレクションをスタート。南アフリカを去った際にクローズした自身のレーベルを再度スタートすることとなった。

2008年、CFDA/ヴォーグ・ファッションファンドアワードにて、ファイナリストに選出される。グランプリはアレキサンダー ワンに譲るも、ヴェナ カヴァと共に次点に選ばれ、賞金及び、ファッションビジネスのプロによる指導権を受けとる。

2009年、GAPとコラボレーションしたデザイナーシリーズ「デザインエディション」の一環として、カーキ地の帽子が日本国内の一部GAP店舗で販売される。

ハンドワークによる工芸要素の強いコレクションが特徴で、素材はストロー、サテンなどを好んで使用する。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://albertusswanepoel.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

アルバトス スワンポエル取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介