MOSCOT

モスコット

ブランドのはじまり

1899年、ハイマン・モスコット(Hyman Moscot)がニューヨークでアイウェアを販売する。

モスコットについて

モスコット(MOSCOT)はニューヨークのアイウェアブランド。1899年に、ハイマン・モスコット(Hyman Moscot)がニューヨークでアイウェアを販売する。

1925年にハイマンの息子ソル・モスコット(Sol Moscot)が最初となる路面点を構える。

1951年、ソルの息子ジョエル・モスコット(Joel Moscot)が後を継ぐ。ジョエルの人柄や顧客に対する懸命な姿勢から、次第に有名になる。

1986年、ジョエルの息子ハーベイ・モスコット(Harvey Moscot)がモスコット家のビジネスに参加。1992年には、ジョエルの末息子のケニー・モスコット(Kenny Moscot)も参加。

その後すぐに2店舗となるショップをオープン。この店が現在モスコットのフラッグシップショップとなっている。

モスコットの4世代目のバーベイやケニーらは、モスコットを近所のアイウェアショップから、世界中にファンを持つグローバルなライフスタイルブランドへ変えた。

現在モスコットが作り出すアイウェアやアクセサリーはニューヨークの店舗以外にも、世界中の高感度なブティックやアイウェアショップでも販売されている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.moscot.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

モスコット取り扱い店舗

Data - モスコットの関連データ

用語: ヨーク

ブランド・デザイナー紹介