Y’s Red Label

ワイズレッドレーベル

ブランドのはじまり

2005年、ワイズの実験的なラインとしてワイズレッドレーベルが設立。

ワイズレッドレーベルについて

2006A/Wコレクションでヨウジヤマモトが展開する、ワイズの実験的な新ラインを展開。デザイナーには鈴木道子が就任した。このラインは、赤色で名前(ラベル)を書いたことから、途中、それがそのままブランド名「ワイズレッドレーベル(Y’s Red Label)」となった。

2008S/S、ワイズレッドレーベルで、東京コレクションにデビュー。始めのコレクションは結婚がテーマ。コルセットドレスやミリタリー調のスーツなどの要素を取り入れ、素材は、コットン、シルクなどの自然素材を使用。デザイン、精神はワイズのベースにしており、それを若干フェミニンにした印象。

鈴木道子は、コレクションの際、新聞のインタビューで「ワイズの原点は反骨精神。結婚という形が束縛の象徴に思えて、既成概念を壊したかった。男に媚びないマニッシュな服、というワイズの原点を、違う世代の私が自分なりに解釈し直してみた」と語っている。

2007年、ヨシコクリエーション・パリとの コラボレーションラインを発表。また、2008S/Sには帽子のデザイナー、MISA HARADA(ミサハラダ)とコラボレーションを展開。ヘッドピースを制作した。

■デザイナーについて

鈴木道子(Michiko Suzuki)。1979年生まれ。山形県生まれ。紳士服の仕立屋をを営む祖父の影響を受け、服飾に興味を持つ。仕立て仕事場で遊んで育ったという。文化服装学院に入学し服装科服飾専門課程を専攻、2000年に卒業。卒業後はヨウジヤマモトに入社。「ヨウジヤマモト・ノワール」、「ワイズ」のパタンナーを経験。

[ 続きを読む ]

Data - ワイズレッドレーベルの関連データ

用語: ミリタリー マニッシュ フェミニン ブランド: セット ミサハラダ ヨウジヤマモト ワイズ

ブランド・デザイナー紹介