menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加

東京のアーティゾン美術館では、第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展「ダムタイプ|2022: remap」を、2023年2月25日(土)から5月14日(日)まで開催する。

ダムタイプの新作を再構成して公開

ダムタイプ《2022》撮影:高谷史郎 ©ダムタイプ 提供:国際交流基金
ダムタイプ《2022》撮影:高谷史郎 ©ダムタイプ 提供:国際交流基金

日本のアート・コレクティブの先駆的な存在であるダムタイプは、1984年の活動開始以来、集団による共同制作の可能性を探る独自の活動を続けてきた。ビジュアル・アートや映像、コンピューター・プログラムをはじめ、多様な分野のアーティストの緩やかなコラボレーションによって展開される制作活動は、既成のジャンルにとらわれないマルチメディア・アートとして、国内外で紹介されている。

ダムタイプ《2022》撮影:高谷史郎 ©ダムタイプ 提供:国際交流基金
ダムタイプ《2022》撮影:高谷史郎 ©ダムタイプ 提供:国際交流基金

2022年にダムタイプは、イタリア・ヴェネチアで2年に1度開催される現代美術の国際展「ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展」の日本館展示に選出された。1984年の結成以来、身体とテクノロジーの関係性に着目してきたダムタイプは、坂本龍一を新たなメンバーに迎え、同展で新作《2022》を発表。客観的な真実よりも、個人の感情に訴えかける意見が影響を持つようになった「ポスト・トゥルース」時代におけるコミュニケーションの方法や、世界を知覚する方法についての思考を促すことを試みた。

ダムタイプ《2022》撮影:高谷史郎 ©ダムタイプ 提供:国際交流基金
ダムタイプ《2022》撮影:高谷史郎 ©ダムタイプ 提供:国際交流基金

ダムタイプの日本館展示の帰国展である「ダムタイプ|2022: remap」では、新作《2022》をアーティゾン美術館の展示室で再構築し、《2022: remap》として日本初公開。ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展という世界各国のパヴィリオンが立ち並ぶなか、世界における日本の地理的・政治的位置、そして国境を越えて広がるインターネットを基調としたコミュニケーションの様相を再考した《2022》を、サイト・スペシフィックなかたちで展示する。

ダムタイプ《2022》撮影:高谷史郎 ©ダムタイプ 提供:国際交流基金
ダムタイプ《2022》撮影:高谷史郎 ©ダムタイプ 提供:国際交流基金

《2022》では、2000年代後半よりダムタイプの高谷史郎と作品を手がけ続けてきた坂本龍一が、ダムタイプのメンバーとして初めて作品制作に携わっている。坂本が新たに制作したサウンドトラックと世界各地でフィールドレコーディングされた音に、ダムタイプの視覚表現を組み合わせた本作は、その場で人が音に耳を澄ませることの意味、そして機械を通じた知覚のあり方を浮かびあがらせることになる。

ダムタイプ《Trace/React II》撮影:福永一夫 ©ダムタイプ
ダムタイプ《Trace/React II》撮影:福永一夫 ©ダムタイプ

さらに、《2022》は、これまでのダムタイプの活動を凝縮した作品でもある。ダムタイプは結成以来、映像や音、機械装置、空間の組み合わせによって、急速な変化を遂げるテクノロジーと身体の関係を問い直してきた。ダムタイプのインスタレーション作品はパフォーマンス作品と連動しており、新作《2022》も、18年ぶりに発表されたパフォーマンス《2020》との関わりを持っている。加えて、本展で再構成される《2022: remap》では、過去作《Playback》で使用したターンテーブルや、《TRACE/REACT II》の表現言語を新たに交えることで、これまでの視覚的・音響的表現を更新することを試みている。会場では、ダムタイプの創造性や関心を凝縮した展示にふれることができるだろう。

展覧会概要

第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展「ダムタイプ|2022: remap」
会期:2023年2月25日(土)〜5月14日(日)
会場:アーティゾン美術館 6階 展示室
住所:東京都中央区京橋1-7-2
開館時間:10:00〜18:00(5月5日(金)を除く金曜日は20:00まで)
※入館はいずれも閉館30分前まで
休館日:月曜日
入館料:ウェブ予約チケット 1,200円、当日チケット(窓口販売) 1,500 円、学生無料(要ウェブ予約)
※日時指定予約制(2022年12月23日(金)よりウェブ予約開始)
※当日チケット(窓口販売)は、ウェブ予約枠に空きがある場合に販売
※中学生以下はウェブ予約不要
※この料金で同時開催の展覧会をすべて観覧可

■同時開催
・展覧会「アートを楽しむ ─見る、感じる、学ぶ」(5階 展示室)
・石橋財団コレクション選 特集コーナー展示「画家の手紙」(4階 展示室)

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600 (ハローダイヤル)

Photos(11枚)

ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真1 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真2 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真3 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真4 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真5 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真6 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真7 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真8 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真9 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真10 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真11

Photos(11枚)

ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真1 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真2 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真3 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真4 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真5 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真6 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真7 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真8 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真9 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真10 ダムタイプ展がアーティゾン美術館で - 現代のコミュニケーションを再考する新作を展示、坂本龍一も参加|写真11

キーワードから探す

関連ショップ・スポット