menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

東京都現代美術館で「ジャン・プルーヴェ」展 - 家具や移送可能な建築物など、仕事を網羅的に紹介

「ジャン・プルーヴェ」展が、東京都現代美術館にて、2022年7月16日(土)から10月16日(日)まで開催される。

ジャン・プルーヴェの仕事を網羅的に紹介

マクセヴィルのアトリエ・ジャン・プルーヴェにて(1955年頃)
マクセヴィルのアトリエ・ジャン・プルーヴェにて(1955年頃)
©Centre Pompidou-MNAM/CCI-Bibliothèque Kandinsky-Dist. RMN-Grand Palais

デザイン・工芸・建築などの領域を横断し、20世紀の建築や工業デザインに大きな影響を与えたジャン・プルーヴェ。1901年、パリに生まれたプルーヴェは、芸術と産業の融合を試みたアール・ヌーヴォーの一派「ナンシー派」の影響のもと、金属工芸家として活動を開始。1923年に初めて自身の工房を開き、その後はル・コルビュジエやシャルロット・ぺリアンらとの共同作業を経験しつつ、その仕事を家具から建築へと広げていった。

ジャン・プルーヴェ《カフェテリア No.300 組立チェア》1950年頃
ジャン・プルーヴェ《カフェテリア No.300 組立チェア》1950年頃
© Galerie Patrick Seguin

プルーヴェは、アルミニウムやスチールなどの新たな建築素材を探求するとともに、解体・持ち運び可能な椅子やプレファブ建築といった新技術を開発するなど、建築生産の工業化に大きな役割を果たした。

ジャン・プルーヴェとピエール・ジャンヌレの共同設計《F 8×8 BCC 組立住宅》
フランス大使公邸/東京での「the CONSTRUCTOR ジャン・プルーヴェ:組立と解体のデザイン」(2016年)展示風景
ジャン・プルーヴェとピエール・ジャンヌレの共同設計《F 8×8 BCC 組立住宅》
フランス大使公邸/東京での「the CONSTRUCTOR ジャン・プルーヴェ:組立と解体のデザイン」(2016年)展示風景

「ジャン・プルーヴェ」展は、1990年代以降再評価が進んでいるジャン・プルーヴェの大規模展覧会。現存するオリジナル家具約100点、ドローイングや資料を展示するほか、移送可能な建築物の屋外展示も行い、プルーヴェの仕事を網羅的に紹介する。

展覧会概要

「ジャン・プルーヴェ」展
会期:2022年7月16日(土)〜10月16日(日)
会場:東京都現代美術館 企画展示室 1階・地下2階
住所:東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
開館時間:10:00〜18:00(展示室入場は閉館30分前まで)
※観覧料や休館日などの詳細については、決まり次第美術館ウェブサイトなどにて公開

【問い合わせ先】
ハローダイヤル(9:00〜20:00 年中無休)
TEL:050-5541-8600

Photos(4枚)

東京都現代美術館で「ジャン・プルーヴェ」展 - 家具や移送可能な建築物など、仕事を網羅的に紹介|写真1 東京都現代美術館で「ジャン・プルーヴェ」展 - 家具や移送可能な建築物など、仕事を網羅的に紹介|写真2 東京都現代美術館で「ジャン・プルーヴェ」展 - 家具や移送可能な建築物など、仕事を網羅的に紹介|写真3 東京都現代美術館で「ジャン・プルーヴェ」展 - 家具や移送可能な建築物など、仕事を網羅的に紹介|写真4

Photos(4枚)

東京都現代美術館で「ジャン・プルーヴェ」展 - 家具や移送可能な建築物など、仕事を網羅的に紹介|写真1 東京都現代美術館で「ジャン・プルーヴェ」展 - 家具や移送可能な建築物など、仕事を網羅的に紹介|写真2 東京都現代美術館で「ジャン・プルーヴェ」展 - 家具や移送可能な建築物など、仕事を網羅的に紹介|写真3 東京都現代美術館で「ジャン・プルーヴェ」展 - 家具や移送可能な建築物など、仕事を網羅的に紹介|写真4

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語