menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介

展覧会「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」が、東京のアーティゾン美術館にて、2022年11月5日(土)から2023年2月5日(日)まで開催される。

パリ・オペラ座の展開を総合芸術の視点からひもとく

エドゥアール・マネ《オペラ座の仮面舞踏会》1873年 ワシントン、ナショナル・ギャラリー
エドゥアール・マネ《オペラ座の仮面舞踏会》1873年 ワシントン、ナショナル・ギャラリー

パリ・オペラ座は、バレエやオペラの殿堂として知られる、フランスを代表する歌劇場だ。その前身はルイ14世によって1669年に設立された王立音楽アカデミーであり、現在の絢爛たる建築は、19世紀後半におけるパリ近代化の一環として計画されて1875年に完成、その設計者の名前にちなんでガルニエ宮とも呼ばれている。

シャルル・ガルニエ《ガルニエ宮ファサードの立面図》1861年 フランス国立図書館
©Bibliothèque Nationale de France
シャルル・ガルニエ《ガルニエ宮ファサードの立面図》1861年 フランス国立図書館
©Bibliothèque Nationale de France

パリ・オペラ座は17世紀半ばから現在に至るおよそ350年の歴史を通して、台本作家や作曲家、美術家に対して、芸術的な進展や技術的な革新を拓く表現を注文してきた。展覧会「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」では、パリ・オペラ座の歴史をたどりつつ、さまざまな芸術分野との関連性に光をあて、その魅力を総合芸術的な観点から紹介する。

パリ・オペラ座に関連する作品約250点を展示

ジャン゠バティスト・エドゥアール・ドゥタイユ《オペラ座の落成式、1875年1月5日》1878年 オルセー美術館(ヴェルサイユ宮殿に寄託)
Photo ©RMN-Grand Palais (Château de Versailles) / Gérard Blot/ distributed by AMF
ジャン゠バティスト・エドゥアール・ドゥタイユ《オペラ座の落成式、1875年1月5日》1878年 オルセー美術館(ヴェルサイユ宮殿に寄託)
Photo ©RMN-Grand Palais (Château de Versailles) / Gérard Blot/ distributed by AMF

パリ・オペラ座の約350年にわたる歴史のうち、本展が特に対象とするのは、19世紀から20世紀初頭にかけての時期だ。この期間は、ロマン主義の動向を反映した「ロマンティック・バレエ」、大規模な形式により壮麗に構築された「グランド・オペラ」、ロシア出身のディアギレフによって結成され、モダン・バレエの基礎を築いた「バレエ・リュス」の時代に当たっている。

エドガー・ドガ《バレエの授業》1873-76年 オルセー美術館
Photo © RMN-Grand Palais (musée d
エドガー・ドガ《バレエの授業》1873-76年 オルセー美術館
Photo © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Adrien Didierjean / distributed by AMF

会場では、パリ・オペラ座での上演作品を中心に、フランスのオペラやバレエ関係の資料を数多く収蔵するフランス国立図書館が所蔵する作品約200点をはじめ、オルセー美術館所蔵のエドガー・ドガ《バレエの授業》やワシントン・ナショナル・ギャラリー所蔵のエドゥアール・マネ《オペラ座の仮面舞踏会》など、オペラ座に関連する国内外の作品約250点を展示。芸術的、文化的、社会的な視点から多角的にパリ・オペラ座の魅力に迫る。

パリ・オペラ座と諸芸術の交流

《シェヘラザードでのイダ・ルビンシュタインの髪飾り》1910年 フランス国立図書館
©Bibliothèque Nationale de France
《シェヘラザードでのイダ・ルビンシュタインの髪飾り》1910年 フランス国立図書館
©Bibliothèque Nationale de France

本展で焦点を合わせるのが、パリ・オペラ座と諸芸術との多様な関係性である。絵画ばかりでなく、ヴァーグナーのオペラ「タンホイザー」のポスターや、バレエ「シェヘラザード」で使用された髪飾り、クリスチャン・ラクロワによる衣装デザイン画など、多彩なジャンルの作品を展示しつつ、舞台装飾家や衣装デザイナー、作曲家、バレエダンサー、そして現代の演出家など、パリ・オペラ座がさまざまな分野の創造者といかに連携して自らの芸術方針を築いてきたのかを探ってゆく。

展覧会概要

展覧会「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」
会期:2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
会場:アーティゾン美術館 6・5階展示室
住所:東京都中央区京橋1-7-2
開館時間:10:00〜18:00(金曜日は20:00まで)
※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日(1月9日(月・祝)は開館)、12月28日(水)〜1月3日(火)、1月10日(火)
入館料:ウェブ予約チケット 1,800円、当日チケット(窓口販売) 2,000円、学生無料(要ウェブ予約)
※日時指定予約制(2022年9月6日(火)よりウェブ予約開始)
※ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売
※中学生以下はウェブ予約不要
※内容は変更となる場合あり(最新情報については美術館ウェブサイトを確認のこと)

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600 (ハローダイヤル)

Photos(12枚)

「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真1 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真2 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真3 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真4 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真5 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真6 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真7 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真8 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真9 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真10 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真11 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真12

Photos(12枚)

「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真1 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真2 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真3 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真4 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真5 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真6 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真7 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真8 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真9 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真10 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真11 「パリ・オペラ座─響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館で、オペラ座の魅力を総合芸術的な視点から紹介|写真12

キーワードから探す

関連ショップ・スポット