Christian Lacroix

クリスチャン ラクロワ

ブランドのはじまり

1988年、クリスチャン ラクロワがパリでコレクションを発表。

クリスチャン ラクロワについて

クリスチャン ラクロワ(Christian Lacroix)は1951年、フランスの南部アルルに生まれる。南部の文化(ジプシーの伝統・闘牛士)は装飾的なラクロワのスタイルに影響を与える。モンペリエ大学卒業。73年美術館の学芸員になるためにパリへ移り住む。そこでソルボンヌ大学、エコール・デュ・ルーブルを卒業。

未来の妻となるフランソワーズの勧めでファッションの道に進む。78年、エルメスに入社し、当初はアクセサリーのデザインを手掛ける。80年、ギ・ポランのアシスタントに就任。81年、ジャン パトゥのオートクチュールのチーフデザイナーに就任。

ジャン パトゥでの活躍が認められて、87年、CFDA(The Council of Fashion Designers of America)の最優秀外国人デザイナー賞を受賞。また同年、86年に発表したカクテルドレスのコレクションが認められ「デ・ドール賞」というオートクチュールの賞を受賞。

クリスチャン ディオールを傘下に抱えたアガッシュ(後にLVMHを買収)を率いるベルナール・アルノーにその才能を惚れ込まれ、出資を受けることになる。これがきっかけとなり、87年、自身の名を冠したブランド「クリスチャン ラクロワ」の設立にいたる。ベルナール・アルノーは「ラクロアのスケッチを見たとき、天才だと思った」と語っている。

87年、ベルナール・アルノーが、イヴ・サンローラン以来となるオートクチュールのメゾンをクリスチャン ラクロワのために開設。同年7月、オートクチュール・コレクションを発表し、「金の指貫き賞(デ・ドール賞)」を受賞。

87年、自身の名を冠にしたブランドでパリ・プレタポルテコレクションを発表。90年、初めての香水「セラヴィ」を発表。 94年に「バザール」、96年に「ジーンズ・ド・クリスチャン ラクロワ」をスタート。 2002年から2005年まで、エミリオ・プッチのアーティスティック・ディレクターを務める。

クリスチャン・ラクロアのブランド自体は決して成功しているとは言えない。そのファッションは見るものを魅了し、ベルナール・アルノーも惚れ込んでいるが、ラクロアブランドはその投資に見合った売上を上げていない。

アルノーは「ラクロアを通じてクリスチャン ディオールやシャネルのようなブランドを1から築き上げていくのは難しく、偉大な才能だけではファッションブランドは成功しないことが分かりました。ブランドには伝統が必要なのです。」と語っている。

2005年、LVMHがラクロアを売却し、傘下から外れる。2008年、ミネラルウォーター「エビアン」の限定ボトルをデザインして話題となる

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.christian-lacroix.fr/

ブランド・デザイナー紹介