menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

展覧会「学者の愛したコレクション 」すみだ北斎美術館で、研究者が集めた浮世絵・絵画の名品約140点

展覧会「学者の愛したコレクション ―ピーター・モースと楢﨑宗重―」が、すみだ北斎美術館にて2021年10月12日(火)から12月5日(日)まで開催される。

北斎の研究者ピーター・モースと浮世絵研究者の楢﨑宗重

葛飾北斎「冨嶽三十六景 武州玉川」すみだ北斎美術館蔵(前期)
葛飾北斎「冨嶽三十六景 武州玉川」すみだ北斎美術館蔵(前期)

「学者の愛したコレクション ―ピーター・モースと楢﨑宗重―」では、北斎の研究者であり、世界有数の北斎作品コレクターでもあったピーター・モースと、葛飾派作品をはじめ貴重で多種多様な資料を収集した浮世絵研究の第一人者・楢﨑宗重、それぞれのコレクションから、珠玉の名品約140点を紹介。

希少な北斎作品や、高名な絵師・画家たちの作品を通して、ピーター・モースと楢﨑宗重、各々の作品に対するこだわりや、研究業績を辿っていく。

北斎の技巧が感じられる浮絵や空摺の作品

葛飾北斎「百人一首乳母かゑとき 猿丸太夫」すみだ北斎美術館蔵(前期)
葛飾北斎「百人一首乳母かゑとき 猿丸太夫」すみだ北斎美術館蔵(前期)

ピーター・モースは、北斎の「諸国瀧廻り」シリーズに関する論文の執筆や、単著『Hokusai: One Hundred Poets』の刊行、また、北斎の全作品目録を試みるなど、北斎の研究者・そして収集家として総数約600点にも及ぶコレクションを収集。希少価値の高い作品も多く、欧米における個人収集としては最高・最大の内容といわれているピーター・モースコレクションから、95点が会場に展示される。

葛飾北斎「新板浮絵三囲牛御前両社之図」すみだ北斎美術館蔵(後期)
葛飾北斎「新板浮絵三囲牛御前両社之図」すみだ北斎美術館蔵(後期)

保存状態が極めて良いことからピーター・モースが最も大切にしたとみられる北斎の「新板浮絵」シリーズより、参詣に向かう人々の賑わいを細かな風俗描写とともに描いた「新板浮絵三囲牛御前両社之図」を展示。遠近法によって奥行きを強調した、浮絵ならではの立体感のある描写が特徴だ。加えて、空摺(からずり)による凹凸をつけることで表現された川面の波紋がくっきりと確認できる「冨嶽三十六景 武州玉川」など、北斎や摺り師の技巧までも感じられる作品の数々を目にすることができる。

北斎の画法を継承した“葛飾派”作品や新版画も

蹄斎北馬「夕立図」すみだ北斎美術館蔵(前期)
蹄斎北馬「夕立図」すみだ北斎美術館蔵(前期)

昭和から平成にかけて活動した美術史家・楢﨑宗重のコレクションからは、北斎の画法を継承しつつ独自の画風を確立した葛飾派の絵師、蹄斎北馬(ていさいほくば)の「夕立図」が登場。大きな画面に、夕立に見舞われる峠の茶屋の様子を細かく描き込んだ肉筆画で、風俗描写に秀でた北馬の画風を象徴する作品の1つだ。

長沢蘆雪「洋風母子犬図」すみだ北斎美術館蔵(後期)
長沢蘆雪「洋風母子犬図」すみだ北斎美術館蔵(後期)

また、顔料を厚く塗るなど、西洋の油彩画を強く意識して描かれた長沢蘆雪の作品「洋風母子犬図」や、版画家・川瀬巴水が叙情的に風景を表現した新版画「雪の寺」なども展示。一部展示作品は、楢﨑宗重の著した作品解説とともに紹介する。

【詳細】
学者の愛したコレクション ―ピーター・モースと楢﨑宗重―
会期:2021年10月12日(火)~12月5日(日) ※前後期で一部展示替えあり
前期 10月12日(火)~11月7日(日)/後期 11月9日(火)~12月5日(日)
会場:すみだ北斎美術館
住所:東京都墨田区亀沢2-7-2
休館日:毎週月曜日
開館時間:9:30~17:30(入館は17:00まで)
料金:一般 1,000円、高校生・大学生 700円、65歳以上 700円、中学生 300円、障がい者 300円、小学生以下無料
※本展のチケットは、会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)も観覧可能。
※団体での来館は、当面の間、受付不可。

【問い合わせ先】
TEL:03-6658-8936(9:30~17:30 ※休館日を除く)

Photos(6枚)

展覧会「学者の愛したコレクション 」すみだ北斎美術館で、研究者が集めた浮世絵・絵画の名品約140点|写真1 展覧会「学者の愛したコレクション 」すみだ北斎美術館で、研究者が集めた浮世絵・絵画の名品約140点|写真2 展覧会「学者の愛したコレクション 」すみだ北斎美術館で、研究者が集めた浮世絵・絵画の名品約140点|写真3 展覧会「学者の愛したコレクション 」すみだ北斎美術館で、研究者が集めた浮世絵・絵画の名品約140点|写真4 展覧会「学者の愛したコレクション 」すみだ北斎美術館で、研究者が集めた浮世絵・絵画の名品約140点|写真5 展覧会「学者の愛したコレクション 」すみだ北斎美術館で、研究者が集めた浮世絵・絵画の名品約140点|写真6

Photos(6枚)

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

「めぐるアール・ヌーヴォー展」国立工芸館で - 異文化間の“還流”に着目、ミュシャや杉浦非水など展示
2021.12.25(土)~2022.3.21(月) 開催予定
「めぐるアール・ヌーヴォー展」国立工芸館で - 異文化間の“還流”に着目、ミュシャや杉浦非水など展示
「ハリー・ポッターと魔法の歴史」展が東京に、錬金術・魔法薬学など“魔法”の貴重資料を展示
2021.12.18(土)~2022.3.27(日)
「ハリー・ポッターと魔法の歴史」展が東京に、錬金術・魔法薬学など“魔法”の貴重資料を展示
企画展「new-fashioned:日本洋画 美の系譜」岐阜県美術館で - 洋画の誕生と展開をたどる
2021.12.10(金)~2022.3.13(日)
企画展「new-fashioned:日本洋画 美の系譜」岐阜県美術館で - 洋画の誕生と展開をたどる
企画展「北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか―」すみだ北斎美術館で、歴史的名場面を描いた浮世絵など
2021.12.21(火)~2022.2.27(日) 開催予定
企画展「北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか―」すみだ北斎美術館で、歴史的名場面を描いた浮世絵など
銀座メゾンエルメス フォーラムの展覧会「転移のすがた」“共鳴”する現代アーティストたちの芸術的感性
2021.12.17(金)~2022.4.3(日)
銀座メゾンエルメス フォーラムの展覧会「転移のすがた」“共鳴”する現代アーティストたちの芸術的感性

スケジュール

スタジオジブリの原点を辿る「アニメージュとジブリ展」宮城・大阪などで、“編集者”鈴木敏夫の仕事に迫る
2021.12.9(木)~2022.1.10(月)
スタジオジブリの原点を辿る「アニメージュとジブリ展」宮城・大阪などで、“編集者”鈴木敏夫の仕事に迫る
企画展「new-fashioned:日本洋画 美の系譜」岐阜県美術館で - 洋画の誕生と展開をたどる
2021.12.10(金)~2022.3.13(日)
企画展「new-fashioned:日本洋画 美の系譜」岐阜県美術館で - 洋画の誕生と展開をたどる
彫刻家・横溝美由紀の個展、ポーラ ミュージアム アネックスで - 半透明の彫刻インスタレーションなどを展示
2021.12.10(金)~2022.1.30(日)
彫刻家・横溝美由紀の個展、ポーラ ミュージアム アネックスで - 半透明の彫刻インスタレーションなどを展示
浜田知明の展覧会が茅ヶ崎市美術館で - 戦後日本を代表する版画家・彫刻家、その軌跡をたどる
2021.12.11(土)~2022.2.6(日)
浜田知明の展覧会が茅ヶ崎市美術館で - 戦後日本を代表する版画家・彫刻家、その軌跡をたどる
「ミッフィー展」東京・名古屋・福井で開催、ディック・ブルーナ直筆原画やスケッチ約250点
2021.12.11(土)~2022.1.16(日)
「ミッフィー展」東京・名古屋・福井で開催、ディック・ブルーナ直筆原画やスケッチ約250点
 スケジュール一覧