menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介

特別企画「和巧絶佳展 令和時代の超工芸」が、東京・東新橋のパナソニック汐留美術館にて、2020年7月18日(土)から9月22日(火・祝)まで開催される。

手仕事から生み出される、現代の美

舘鼻則孝《Heel-less Shoes》2014年 個人蔵
舘鼻則孝《Heel-less Shoes》2014年 個人蔵
©2020 NORITAKA TATEHANA K.K.

映像やデジタル技術を駆使した表現が増加するなか、日本各地で育まれてきた工芸や手仕事が、独自の表現として見直されつつある。「和巧絶佳展 令和時代の超工芸」は、工芸の素材と技法を駆使して、工芸美の可能性を広げる試みを取り上げる展覧会だ。

橋本千毅《花蝶螺鈿蒔絵箱》2018年 個人蔵
橋本千毅《花蝶螺鈿蒔絵箱》2018年 個人蔵

本展では、日本の工芸作品が有する特徴、「和」「巧」「絶佳」の3つを軸に、舘鼻則孝や桑田卓郎をはじめ、1970年以降に生まれた現代作家12人を紹介。今回のために制作された新作を含む、多岐にわたる工芸作品を展示する。

「和」伝統価値を再考

桑田卓郎《茶垸》2015年 個人蔵
桑田卓郎《茶垸》2015年 個人蔵
©2020 Takuro Kuwata

「和」を掲げる第1章では、日本の伝統価値を問い直す作家の作品を紹介。舘鼻則孝の《Heel-less Shoes》は、花魁の高下駄をモチーフにした靴だ。レディー・ガガが着用したことでも知られており、革に伝統的な友禅の技法で染めを施し、現代的なファッションへと昇華している。また、2020年秋冬ロエベ(LOEWE)とコラボレートした桑田卓郎が手がける、デフォルメされた器《茶垸》なども展示する。

「巧」手わざの極致

山本茜《截金硝子香合「無我」》2016年 個人蔵
山本茜《截金硝子香合「無我」》2016年 個人蔵
©T.MINAMOTO

第2章では、手わざの極致を追求する「巧」に着目。伝統的な陶磁器の手法を継承しつつも、独自の抽象的な文様を施す見附正康の大皿《無題》や、繊細な金箔・銀箔をガラスに閉じ込めた山本茜の《截金硝子香合「無我」》など、手仕事の粋に支えられた緻密な作品を目にすることができる。

「絶佳」工芸素材の可能性

新里明士《光器》2019年 Yutaka Kikutake Gallery
新里明士《光器》2019年 Yutaka Kikutake Gallery

第3章のテーマは「絶佳」、工芸素材の可能性を追求する試みに焦点。貝殻や金属を駆使することで、華やかな色彩をもった蝶や花々を表現した橋本千毅の《花蝶螺鈿蒔絵箱》や、光を透かす繊細な模様をあしらった新里明士の器《光器》などからは、素材が持つ表現の可能性を極限まで引き出した作品世界にふれられるだろう。

展覧会概要

特別企画「和巧絶佳展 令和時代の超工芸」
会期:2020年7月18日(土)~9月22日(火・祝)
会場:パナソニック汐留美術館
住所:東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル 4F
開館時間:10:00〜18:00(7月24日(金・祝)・31日(金)、8月7日(金)・28日(金)、9月4日(金)は20:00まで開館) ※入館は閉館30分前まで
休館日:7月22日(水)、8月12日(水)~14日(金)・19日(水)、9月9日(水)・16日(水)
入館料:一般 1,000円、65歳以上 900円、大学生 700円、中・高校生 500円、小学生以下 無料
※20名以上の団体は100円割引
※障がい者手帳の所有者および付添者1名まで無料

■巡回情報
・宮崎会場
会期:2021年3月20日(土・祝)~5月9日(日)
会場:みやざきアートセンター (宮崎県宮崎市橘通西3-3-27)
・京都会場
会期:2021年9月18日(土)〜12月5日(日)
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 (京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3)
・名古屋会場
会期:2022年2月5日(土)〜27日(日)
会場:松坂屋美術館 (愛知県名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋名古屋店 南館7階)

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(NTTハローダイヤル)

Photos(12枚)

現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真1 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真2 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真3 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真4 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真5 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真6 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真7 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真8 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真9 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真10 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真11 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真12

Photos(12枚)

現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真1 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真2 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真3 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真4 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真5 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真6 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真7 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真8 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真9 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真10 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真11 現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介|写真12

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

商業施設・エリア

関連用語

ピックアップ

東京都内人気アフタヌーンティー&スイーツビュッフェ[高級ホテル編]おすすめイベント情報カレンダー
東京都内人気アフタヌーンティー&スイーツビュッフェ[高級ホテル編]おすすめイベント情報カレンダー
東京都現代美術館で”ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展、ヴィデオ彫刻「デュシャンピアナ」などを展示
2021.11.13(土)~2022.2.23(水) 開催予定
東京都現代美術館で”ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展、ヴィデオ彫刻「デュシャンピアナ」などを展示
「メトロポリタン美術館展」大阪&東京で、フェルメールやルノワールなどの名品でたどる西洋絵画の500年
2021.11.13(土)~2022.1.16(日) 開催予定
「メトロポリタン美術館展」大阪&東京で、フェルメールやルノワールなどの名品でたどる西洋絵画の500年
展覧会「コレクター福富太郎の眼」新潟・大阪などで、“昭和のキャバレー王”が蒐集した近代日本画・洋画
2021.9.18(土)~2021.11.7(日)
展覧会「コレクター福富太郎の眼」新潟・大阪などで、“昭和のキャバレー王”が蒐集した近代日本画・洋画
「第73回 正倉院展」奈良国立博物館で - 天平文化の華やぎを伝える楽器や調度品、染織品など出陳
2021.10.30(土)~2021.11.15(月)
「第73回 正倉院展」奈良国立博物館で - 天平文化の華やぎを伝える楽器や調度品、染織品など出陳

スケジュール

写真家ロベール・ドアノー“パリの音楽”をテーマとした展覧会、美術館「えき」KYOTOで
2021.10.23(土)~2021.12.22(水)
写真家ロベール・ドアノー“パリの音楽”をテーマとした展覧会、美術館「えき」KYOTOで
エナ(ENA)初個展「f_a_c_e」“即日ソールドアウト”気鋭アーティストの作品が六本木に
2021.10.23(土)~2021.10.30(土)
エナ(ENA)初個展「f_a_c_e」“即日ソールドアウト”気鋭アーティストの作品が六本木に
企画展「木島櫻谷」京都・福田美術館&嵯峨嵐山文華館で、約110年ぶり公開の動物画など作品100点以上
2021.10.23(土)~2022.1.10(月)
企画展「木島櫻谷」京都・福田美術館&嵯峨嵐山文華館で、約110年ぶり公開の動物画など作品100点以上
「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察
2021.10.23(土)~2022.1.23(日)
「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察
戦後日本のデザイン運動の先駆け「デザインコミッティー」の展覧会、川崎市岡本太郎美術館で
2021.10.23(土)~2022.1.16(日)
戦後日本のデザイン運動の先駆け「デザインコミッティー」の展覧会、川崎市岡本太郎美術館で
 スケジュール一覧