menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   アート   >   イベント

加藤泉の展覧会が東京&群馬で同時期開催 - 力強い人物表現の彫刻や絵画

展覧会「加藤泉−LIKE A ROLLING SNOWBALL」が、2019年7月13日(土)から2020年1月13日(月・祝)まで群馬・ハラ ミュージアム アークで、2019年8月10日(土)から2020年1月13日(月・祝)まで、東京・原美術館にて開催される。

加藤泉の個展を東京・群馬で同時期開催

「無題」カンヴァスに油彩 130.5 x 73 cm 2019年 Photo: Kei Okano
「無題」カンヴァスに油彩 130.5 x 73 cm 2019年 Photo: Kei Okano
©2019 Izumi Kato

アーティストの加藤泉は、原始美術を思わせる、ミステリアスで力強い人物表現が特徴的な作家。1990年代半ばより絵画作品の発表を始め、以後、木彫作品や、ソフトビニール、石、ファブリックなど多様な素材を用いたインスタレーション、版画作品も⼿がけるなど、意欲的な創作活動を続けている。

「無題」木、油彩、アクリル絵具、石 185 x 167 x 110 cm 2008年 原美術館蔵 Photo: Ikuhiro Watanabe
「無題」木、油彩、アクリル絵具、石 185 x 167 x 110 cm 2008年 原美術館蔵 Photo: Ikuhiro Watanabe
©2008 Izumi Kato

また、2007年のヴェネチアビエンナーレ国際美術展への招聘をきっかけに、国際的な評価を獲得。日本からアジア・欧米へと、その活動の舞台を広げてきた。

「加藤泉−LIKE A ROLLING SNOWBALL」では、東京と群馬、全く異なる展示空間を持つ2館で、加藤泉の初期から最新作までを同時期に紹介。それぞれ異なるラインナップを楽しめる。

〈原美術館〉東京初の大規模個展、最新作を紹介

「無題」カンヴァスに油彩 228 x 130.5 cm 2019年 Photo: Kei Okano
「無題」カンヴァスに油彩 228 x 130.5 cm 2019年 Photo: Kei Okano
©2019 Izumi Kato

東京の美術館としては初の大規模個展となる原美術館では、最新の絵画、彫刻作品約30点を展示。元々は個人邸宅として建てられた独特の建築空間と対話するようにして、独特の世界観を作り出す。また、加藤泉の新たな試みの1つである、⼤判のファブリックを用いたインスタレーションも披露される。

〈ハラ ミュージアム アーク〉加藤泉の活動を辿る約100点が集結

「無題」布、皮、パステル、アクリル絵具、刺繍、石、リトグラフ、チェーン 510 x 120 cm (布部分)  サイズ可変 2018年 Photo: Yusuke Sato
「無題」布、皮、パステル、アクリル絵具、刺繍、石、リトグラフ、チェーン 510 x 120 cm (布部分)  サイズ可変 2018年 Photo: Yusuke Sato
©2018 Izumi Kato

ハラ ミュージアム アークでは、初期作品から近作まで、未発表作品を含む約100点が集結し、加藤泉の約25年間の活動に迫る。開放的でシンメトリーな空間の中に、今までの作品が網羅的に並べられることによって、加藤泉ならではの独特な人物表現がどのようにして広がりを見せていったのか、その変遷を辿ることができる。

また、メインギャラリーでは、代表的な大型の木彫作品を中心に、ソフトビニールや石を用いた多彩な彫刻作品が一堂に会する。

詳細

展覧会「加藤泉−LIKE A ROLLING SNOWBALL」
・ハラ ミュージアム アーク
会期:2019年7月13日(土)~2020年1月13日(月・祝)
住所:群馬県渋川市金井2855-1
TEL:0279-24-6585
休館日:木曜日(8月中は無休、2020年1月2日を除く)、2020年1月1日
開館時間:9:30~16:30(入館は16:00まで)
入館料:⼀般 1,100円、大高生 700円、小中生 500円、70歳以上 550円
※原美術館メンバーは無料、学期中の土曜日は群馬県内の小中学生の入館無料
※ぐーちょきパスポートの提示により5名まで入館料各200円割引/20名以上団体割引/学校団体は特別料金規定あり
※伊香保グリーン牧場とのセット券は、⼀般 1,800円、大高生 1,500円、中学生 1,400円、小学生 800円

・原美術館
会期:2019年8月10日(土)~2020年1月13日(月・祝)
住所:東京都品川区北品川4-7-25
TEL:03-3445-0651
休館日:月曜日(2019年8月12日、9月16日、23日、10月14日、11月4日、2020年1月13日を除く)、 2019年8月13日、9月17日、24日、10月15日、11月5日、年末年始
開館時間:11:00~17:00(水曜は20:00まで/入館は閉館時刻の30分前まで)
入館料:⼀般 1,100円、大高生 700円、小中生 500円、70歳以上 550円
※原美術館メンバーは無料、学期中の土曜日は小中高生の入館無料
※20名以上の団体は1人100円引

Photos(5枚)

加藤泉の展覧会が東京&群馬で同時期開催 - 力強い人物表現の彫刻や絵画 画像1 加藤泉の展覧会が東京&群馬で同時期開催 - 力強い人物表現の彫刻や絵画 画像2 加藤泉の展覧会が東京&群馬で同時期開催 - 力強い人物表現の彫刻や絵画 画像3 加藤泉の展覧会が東京&群馬で同時期開催 - 力強い人物表現の彫刻や絵画 画像4 加藤泉の展覧会が東京&群馬で同時期開催 - 力強い人物表現の彫刻や絵画 画像5

Photos(5枚)

加藤泉の展覧会が東京&群馬で同時期開催 - 力強い人物表現の彫刻や絵画 画像1 加藤泉の展覧会が東京&群馬で同時期開催 - 力強い人物表現の彫刻や絵画 画像2 加藤泉の展覧会が東京&群馬で同時期開催 - 力強い人物表現の彫刻や絵画 画像3 加藤泉の展覧会が東京&群馬で同時期開催 - 力強い人物表現の彫刻や絵画 画像4 加藤泉の展覧会が東京&群馬で同時期開催 - 力強い人物表現の彫刻や絵画 画像5

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

ミュシャ特集 - アール・ヌーヴォーのポスター作品から《スラヴ叙事詩》まで、展覧会の情報も
ミュシャ特集 - アール・ヌーヴォーのポスター作品から《スラヴ叙事詩》まで、展覧会の情報も
夏休み2019、旅行&帰省におすすめイベント - 東京・都内近郊など【東日本編】
夏休み2019、旅行&帰省におすすめイベント - 東京・都内近郊など【東日本編】
夏休み2019、旅行&帰省におすすめイベント - 大阪・京都・神戸など【西日本編】
夏休み2019、旅行&帰省におすすめイベント - 大阪・京都・神戸など【西日本編】
東京都内・都内近郊おでかけ情報 - デートや観光にも最適なおすすめイベントスケジュール
東京都内・都内近郊おでかけ情報 - デートや観光にも最適なおすすめイベントスケジュール
渋谷・原宿・表参道周辺のおでかけ美術館・ギャラリー&公園イベント情報スケジュール
渋谷・原宿・表参道周辺のおでかけ美術館・ギャラリー&公園イベント情報スケジュール

スケジュール

「エリック・カールと宙展」はらぺこあおむし作者の“宙”に注目した作品を映像で紹介
6月28日(金)~11月4日(月)開催
「エリック・カールと宙展」はらぺこあおむし作者の“宙”に注目した作品を映像で紹介
和×文字アートの西岡ペンシル作品展が東京・渋谷で、私立恵比寿中学関連ビジュアルなど
6月28日(金)~7月7日(日)開催
和×文字アートの西岡ペンシル作品展が東京・渋谷で、私立恵比寿中学関連ビジュアルなど
「メスキータ」日本初の回顧展、東京ステーションギャラリーで - エッシャーに影響を与えた版画家
6月29日(土)~8月18日(日)開催
「メスキータ」日本初の回顧展、東京ステーションギャラリーで - エッシャーに影響を与えた版画家
伝説の写真家“ロバート・フランク”23年振りの国内大規模個展、山梨・清里フォトミュージアムで
6月29日(土)~9月23日(月)開催
伝説の写真家“ロバート・フランク”23年振りの国内大規模個展、山梨・清里フォトミュージアムで
高畑勲の初回顧展が東京国立近代美術館で、アルプスの少女ハイジなどアニメーションと共に功績を辿る
7月2日(火)~10月6日(日)開催
高畑勲の初回顧展が東京国立近代美術館で、アルプスの少女ハイジなどアニメーションと共に功績を辿る
 スケジュール一覧