menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   映画   >   トピック

R・スコット新作映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』愛する人を救うのは金か愛か?

映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』が、2018年初夏に公開される。

監督は『エイリアン』『ブレードランナー』『グラディエーター』『オデッセイ』など、これまで数多くの名作を世に送り出してきた巨匠、リドリー・スコット。彼の最新作は、1973年に発生した誘拐事件を、重厚なドラマとスリリングな展開で描く人間ドラマだ。

『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』とは

“世界中のすべての金を手にした”と言われた大富豪ジャン・ポール・ゲティ。愛する17歳の孫ポールが誘拐され、1,700万ドル(当時の価値で約47億円)という破格の身代金を要求されたゲティだったが、その支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に、稀代の守銭奴でもあった。

離婚によりゲティ家から離れ、中流家庭の人間となっていたポールの母ゲイルは、息子のため誘拐犯のみならず世界一の大富豪とも戦うことに。一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫るが、事件は思いもよらぬ展開へと発展していく。

脚本の段から注目されていた『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』

ハリウッドには、映画化前の優秀脚本リスト「ブラックリスト」と呼ばれるリストがある。業界の重役をはじめ関係者が映画化されていない脚本を投票で評価するものだ。

『ソーシャル・ネットワーク』や『セッション』、日本でも人気の高い『(500)日のサマー』などが過去にリストに載った作品。リストに載った脚本は、後にアカデミーやゴールデングローブ賞を受賞することが多いことで知られており、デヴィッド・スカルパによる『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』の脚本は、制作前から既にお墨付きを受けていた。

ミシェル・ウィリアムズ、マーク・ウォールバーグなどが出演

巨匠リドリー・スコットが監督する上に、期待を集めた脚本だけにキャストも実力派揃い。アカデミー賞に多々ノミネートされる演技派がキャストに加えられた。主人公ゲイル・ハリス役を、前期『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー助演女優賞にノミネートされたばかりのミシェル・ウィリアムズ。元CIA捜査官で誘拐事件のアドバイザーとなる人物フレッチャーをマーク・ウォールバーグが演じるこになった。

公開を目前にゲティ役ケビン・スペイシーの降板劇が発生

そんな公開前から期待されていた作品だが事件が起こる。実はこの映画にはアカデミー賞受賞俳優ケビン・スペイシーの出演が決まっていたのだ。しかし、ハリウッドのプロデューサー、ハーベイ・ワインスタインのセクハラ告発に端を発した一連の騒動から派生する形で、全米公開の一ヶ月半前にケビン・スペイシーの降板劇が発生。しかもケビン・スペイシーは話の中心となるゲティ役。

お蔵入りまで囁かれたなか、急遽代役として名優クリストファー・プラマーがゲティ役で出演するこが決定。映画に関わる全てのクルーが協力し、短期間での再撮影を敢行。再撮影には1000万ドル(約11億円)もの費用がかかったのだが、C・プラマー以外のキャストはなんとギャラなしで臨んだそうだ。そして、なんと無事に予定通り全米公開されることになった。

ピンチから一転、ゴールデン・グローブ賞3部門でノミネート

本来であれば公開時期さえも見直された作品、クリストファー・プラマーにとっては準備の時間もそう多くはなかったはずだ。そんな異色の騒動で話題をさらった『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』だが、、なんと代役に抜擢されたクリストファー・プラマーが、アカデミー賞の前哨戦ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞で助演男優賞にノミネートされてしまった。このままアカデミー賞でもノミネーションを受ければ後に語り継がれるエピソードになるに違いない。

ノミネートを受けてプラマーは次のように話した。
「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールドを完成させたリドリー・スコットの素晴らしいチームに深い感銘を受けました。チームは驚異的な偉業を成し遂げ、私もこのかつてない機会に関われた事を嬉しく思います」

その他、ゴールデン・グローブ賞では、リドリー・スコットが監督賞、ミシェル・ウィリアムズが主演女優と主要部門でノミネートを受けている。

作品詳細

『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』
原題:All the Money in the World
公開時期:2018年初夏
監督:リドリー・スコット
出演:ミシェル・ウィリアムズ、クリストファー・プラマー、ロマン・デュリス、チャーリー・プラマー、マーク・ウォールバーグ
脚本:デビッド・スカルパ
原作:ジョン・パーソン『Painfully Rich: The outrageous Fortunes and Misfortunes of the Heirs of J.Paul Getty』
©2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

Photos(3枚)

R・スコット新作映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』愛する人を救うのは金か愛か? 画像1 R・スコット新作映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』愛する人を救うのは金か愛か? 画像2 R・スコット新作映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』愛する人を救うのは金か愛か? 画像3

Photos(3枚)

R・スコット新作映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』愛する人を救うのは金か愛か? 画像1 R・スコット新作映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』愛する人を救うのは金か愛か? 画像2 R・スコット新作映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』愛する人を救うのは金か愛か? 画像3
2017-12-13 05:00 更新

関連ニュース

キーワード

ピックアップ

【映画】2018年 邦画作品を一挙紹介 - 人気小説や漫画など注目作が満載
【映画】2018年 邦画作品を一挙紹介 - 人気小説や漫画など注目作が満載
【映画】2018年 洋画話題作を一挙紹介 - スターウォーズやW・アンダーソン新作
【映画】2018年 洋画話題作を一挙紹介 - スターウォーズやW・アンダーソン新作
ギレルモ・デル・トロ映画『シェイプ・オブ・ウォーター』孤独な女性とモンスターの言葉を超えた愛
3月1日(木)公開
ギレルモ・デル・トロ映画『シェイプ・オブ・ウォーター』孤独な女性とモンスターの言葉を超えた愛
スピルバーグ監督映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』今、報道の自由を問う
3月30日(金)公開
スピルバーグ監督映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』今、報道の自由を問う
映画『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』異文化結婚を愛と笑いで乗り越える感動作
2月23日(金)公開
映画『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』異文化結婚を愛と笑いで乗り越える感動作

スケジュール

キャスリン・ビグロー監督作、映画『デトロイト』暴動で街が戦場化する中で起きた“衝撃の事件”
1月26日(金)公開
キャスリン・ビグロー監督作、映画『デトロイト』暴動で街が戦場化する中で起きた“衝撃の事件”
映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』リンチの謎を紐解くドキュメンタリー
1月27日(土)公開
映画『デヴィッド・リンチ:アートライフ』リンチの謎を紐解くドキュメンタリー
映画『祈りの幕が下りる時』阿部寛×松嶋菜々子、東野圭吾原作の「新参者」シリーズ完結
1月27日(土)公開
映画『祈りの幕が下りる時』阿部寛×松嶋菜々子、東野圭吾原作の「新参者」シリーズ完結
映画『ラーメンヘッズ』なぜ日本人はラーメンが好きなのか?中華蕎麦 とみ田の店主に密着
1月27日(土)公開
映画『ラーメンヘッズ』なぜ日本人はラーメンが好きなのか?中華蕎麦 とみ田の店主に密着
坂本龍一“幻”のライブを映画に - ピアノやガラス板で演奏された「非同期的な音楽」
1月27日(土)公開
坂本龍一“幻”のライブを映画に - ピアノやガラス板で演奏された「非同期的な音楽」
 スケジュール一覧