menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド

S.T. Dupontエス・テー・デュポン

ブランドのはじまり

フランス人シモン・ティソ・デュポンが1872年に設立。ブランド名の「S.T.」は彼のイニシャルからとったもの。

エス・テー・デュポンについて

エス・テー・デュポン(S.T. Dupont)は1872年に創業。150年近い歴史を誇る、フランスのラグジュアリーブランド。

大工の息子で、宮廷の公式写真家であったシモン・ティソ・デュポンは、1872年、上流階級向けのトランスケースや革製品の工房を開き、エレガントで高品質な製品を製作。

数多くの王侯貴族やセレブリティが顧客リストに名を連ねるようになり、レザーブランドとしての地位を確立する。英国のエリザベス2世のご成婚の際にトラベルケースが贈られたことでも知られている。

1941年、パティアラのマハラジャからミノディエール100個と、それぞれに収めるためのソリッドゴールドのライターの注文を受け、最初のオイル式の高級ライターを完成させた。

洗練されたデザインと高い実用性を兼ね備えたエス・テー・デュポンのライターは、発売とともに人気を博しエレガンスの代名詞となる。その頃、第二次世界大戦によってレザーグッズの販売が困難となってゆき、ライターはそれに代わる商品として成長してゆく。

1952年、初の高級ガスライターを発表。

1973年、エス・テー・デュポンのライターを愛用していたジャクリーン・ケネディから、愛用のライターに合うペンの製作を依頼され、後にメゾンのアイコンの一つとなる「クラシック」ペンを完成させ、エス・テー・デュポンはペンの展開をスタート。当時まだボールペンは珍しく、この「クラシック」ペンは美しいデザインと滑らかな書き心地で人気を博す。

1977年、「ピーン」という澄み渡る開閉音が特徴的な、メゾンを代表する「ライン2」ライターを発表。同年、財布、カードケース等のレザーグッズのコレクションも発表する。

1980年後半には、カフリンクス等のアクセサリーコレクションが登場。

現在、デュポンの製品ラインは4つの「Art」で表現される。
The Art of Traveling: バッグ等のレザーグッズ
The Art of Fire: ライター
The Art of Writing: ペン
The Art of seduction: カフス等のアクセサリー

2008年にCEOに就任したアラン・クルベ氏はクリエイティブな発想を常に持ち、長年のデュポンの高い技術とCEOの発想力で次々と新しい商品を発表している。

公式サイト

https://www.st-dupont.jp

News - エス・テー・デュポンのニュース

Shop - エス・テー・デュポン 店舗・取り扱いコーナー

エス・テー・デュポン 池袋西武
東京都豊島区南池袋1-28-1
エス・テー・デュポン 新宿タカシマヤ
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
グッズメンズ
エス・テー・デュポン 渋谷西武
東京都渋谷区宇田川町21-1
アクセサリ
S.T.デュポン そごう横浜
神奈川県横浜市西区高島2-18-1
エス・テー・デュポン 名古屋名鉄
愛知県名古屋市中村区名駅1-2-1
グッズメンズ
エス・テー・デュポン 大丸梅田
大阪府大阪市北区梅田3-1-1
アクセサリ眼鏡&サングラス
エス・テー・デュポン 大丸心斎橋
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
アクセサリグッズメンズ
エス・テー・デュポン 大丸福岡天神
福岡県福岡市中央区天神1-4-1
アクセサリグッズメンズ

Shop Search - エス・テー・デュポン 店舗・取り扱いコーナー検索

エス・テー・デュポン取り扱い店舗・コーナー

関連用語

スケジュール

キットカット ショコラトリーの限定ストアが表参道に、さっぱり果肉or濃厚豆?カカオドリンク2種登場
12月17日(火)~12月25日(水)開催
キットカット ショコラトリーの限定ストアが表参道に、さっぱり果肉or濃厚豆?カカオドリンク2種登場
「北欧屋台 クリスマスマーケット」名古屋・大阪・東京ほかで、ムーミンなど北欧雑貨が集結
12月17日(火)~12月24日(火)開催
「北欧屋台 クリスマスマーケット」名古屋・大阪・東京ほかで、ムーミンなど北欧雑貨が集結
企画展「絵本でめぐる生命の旅」国立科学博物館で、絵本で辿る魚類からヒトへの進化
12月17日(火)~2020年3月1日(日)開催
企画展「絵本でめぐる生命の旅」国立科学博物館で、絵本で辿る魚類からヒトへの進化
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る