ホーム > ニュース > ライフスタイル・カルチャー > 東京の再開発スポットまとめ - 商業施設やホテルなど続々オープン!来るオリンピックに向けて

東京の再開発スポットまとめ - 商業施設やホテルなど続々オープン!来るオリンピックに向けて

2020年にやってくる東京オリンピック。世界に向けて扉を開く“TOKYO”には、来る近未来に向けて次々と新スポットがオープンする予定なのは知っているだろうか。今回は、2020年までに続々とできる商業施設やホテル、新駅、公園などの再開発をまとめて紹介。未来の東京の姿を思い浮かべながら、楽しみに待って欲しい。

渋谷エリア

渋谷駅の風景が圧巻の変化!未来の“SHIBUYA”に向けた再開発進む

【再開発概要】
・道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
施行地区:東京都渋谷区道玄坂一丁目2番地・8番地
階数:地上18階、地下4階
高さ:約110m
用途:店舗、事務所、駐車場等
・渋谷駅桜丘口地区(桜丘町1地区)開発計画
所在:東京都渋谷区桜丘町1番地、2番地、3番地、及び4番地、8番地の各地内、他
用途:事務所、店舗、住宅、生活支援施設、起業支援施設、教会、駐車場等
開業予定:2020年頃

計画の詳細はこちらから>>

渋谷パルコが複合施設として生まれ変わる

渋谷パルコが、大規模な建て替えを行い、2017年3月に着工、新しい施設として2019年秋の開業を目指す。なお、現在の渋谷パルコは、2016年8月7日で一時休業。43年の歴史に一旦幕を閉じる。

詳細はこちらから>>

渋谷・宇田川町に新たな商業施設誕生

【施設詳細】
開業:2016年秋頃 ※予定
住所:東京都渋谷区宇田川町83番4、5、6
構造・規模(予定):地下2 階/地上10階

施設の詳細はこちらから>>

宮下公園が東京オリンピックに向けリニューアル、宿泊施設も

【施設概要】
開業日:2019年8月
・新宮下公園(施設屋上部分)
・駐車場(現状の都市計画台数243台以上)
・民間施設(商業施設、宿泊施設)

施設の詳細はこちらから>>

六本木・永田町・虎ノ門付近

虎ノ門ヒルズ隣接地に新ビル&駅 - ビジネス、レジデンス、商業施設

虎ノ門ヒルズの両側にオフィスを中心とした「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(仮称)」と、住宅を中心とした「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(仮称)」の2つのプロジェクトが進行中。2019年度に竣工予定で2022年度の竣工目標で進められている。

施設の詳細はこちらから>>

複合ビル「トライセブン ロッポンギ」

東京ミッドタウンの真向かいに開業する、「トライセブン ロッポンギ(TRI-SEVEN ROPPONGI)」。1階から2階までの計2層には、バーニーズ ニューヨークが6号店となる旗艦店をオープンする。

【詳細】
トライセブン ロッポンギ(TRI-SEVEN ROPPONGI)
オープン日:2016年下期
住所:東京都港区六本木7-7-7
階数:地上14階、地下2階
(地下1階〜2階=店舗、3階=オフィスロビー、4階〜14階=オフィス)
敷地面積:約31,500㎡ (約9,528坪) 

詳細はこちらから>>

複合市街地「東京ガーデンテラス紀尾井町」

ホテル・商業施設・住居などが連なる新・複合市街地。地上36階建てのオフィス・ホテル・商業施設を備える「紀尾井タワー」、135戸の賃貸住宅を有する「紀尾井レジデンス」、東京都指定有形文化財である旧李王家東京邸(旧グランドプリンスホテル赤坂旧館)を保存しつつ、新たな機能を備えた「赤坂プリンス クラシックハウス」の3つの建物から成る。

【施設概要】
東京ガーデンテラス紀尾井町
所在地:東京都千代田区紀尾井町1-2
開業:
・第一期開業日 2016年5月10日(火)
・第二期開業 7月27日(水)

施設の詳細はこちらから>>

品川~浜松町エリア

品川〜田町駅付近の大規模再開発、山手線の新駅や駅直結の商業施設・オフィスなど

【計画詳細】
品川駅・田町駅周辺 まちづくり
開業:2020〜27年 ※予定

計画の詳細はこちらから>>

浜松町・竹芝駅・竹芝ふ頭の再開発、海や恩賜庭園に囲まれた階段状テラスやアトリウム空間

【施設・計画概要】
住所:東京都港区海岸一丁目20番9他
工事期間:2015年度~2019年度(予定)
・A街区(業務棟)概要
用途:事務所、店舗、コンテンツ関連施設、新産業貿易センター等
階数:地上39階、地下2階
高さ:約210m
・B街区(住宅棟)概要
用途:住宅、サービスアパートメント、子育て支援施設等
階数:地上21階
高さ:約100m

計画の詳細はこちらから>>

銀座エリア

銀座・数寄屋橋交差点にエリア最大級の新商業施設「東急プラザ銀座」

2016年3月31日(木)にオープンした、銀座最大級の大型商業施設「東急プラザ銀座」。「地下2階から地上11階までの全13フロアにファッション・雑貨・レストラン・カフェなどが集結。

詳細はこちからから>>

朝日新聞、東京・銀座に新ビル「銀座朝日ビル(仮称)」建設

【施設概要】
銀座朝日ビル(仮称)
完成予定日:2017年
住所:東京都中央区銀座6丁目6-7
アクセス:東京メトロ日比谷・丸の内・銀座線銀座駅から徒歩3分
階数:地下2階、地上12階、塔屋1階
主な用途:ホテル・物販店舗

施設の詳細はこちらから>>

松阪屋銀座店跡地に、エリア最大級の商業施設が誕生

【施設詳細】
完成:2017年1月末 ※2017年4月に開業を予定
住所:東京都銀座六丁目10番・11番街区
構造:地上13階、地下6階

施設の詳細はこちらから>>

下北沢エリア

シモキタ周辺が活性化!世田谷区の小田急線地下化で新しい街づくり

施設の詳細はこちらから>>

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

東京の再開発スポットまとめ - 商業施設やホテルなど続々オープン!来るオリンピックに向けて 画像1

ニュースデータ

日時:2016-07-12 01:25