menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ライフスタイル・カルチャー   /  
  4. トピック

パレットタウン地区再開発、約1万人収容の大型複合アリーナ25年秋開業 -ヴィーナスフォート他営業終了

東京・臨海副都心エリアの再開発により、複合型施設「パレットタウン」が位置する場所に大型複合アリーナが誕生。2025年秋を目途にオープン予定だ。

青海地区の景観が一変、大型複合アリーナが誕生へ

イメージパース(アリーナ内観)
※計画段階のイメージであり、変更の可能性あり。
©東和不動産株式会社
イメージパース(アリーナ内観)
※計画段階のイメージであり、変更の可能性あり。
©東和不動産株式会社

再開発を予定している東京都江東区青海地区⼀丁目の計画地は、りんかい線「東京テレポート」駅とゆりかもめ「青海」駅の間にあたり、現在、森ビルが展開するチームラボボーダレスやヴィーナスフォート、zepp tokyo、トヨタシティショウケースなどが立地する複合型施設「パレットタウン」地区のうち一部(約27,000㎡)を占める。臨海副都心エリアをけん引する観光スポットへと生まれ変わる。

イメージパース(鳥観図)
※計画段階のイメージであり、変更の可能性あり。
©東和不動産株式会社
イメージパース(鳥観図)
※計画段階のイメージであり、変更の可能性あり。
©東和不動産株式会社

新たに誕生する大型複合アリーナは、各種イベントなどが開催できる多目的ホールとしての使用を予定しており、その他詳細については計画途中。想定収容人数は、スポーツ時約10,000席、イベント時約10,000席~13,000席としている。

ヴィーナスフォートやパレットタウン大観覧車は営業終了

この開発によって、既存の施設は下記スケジュールで閉館。なお、各施設の閉館に向けた施策とイベントは後日発表される。

■各施設営業終了予定
2021年12月31日(金):メガウェブ(MEGA WEB)
2022年1月1日(土):Zepp Tokyo
2022年3月27日(日):ヴィーナスフォート(VenusFort)
2022年8月31日(水) :パレットタウン大観覧車
2022年8月31日(水):森ビル デジタルアート ミュージアム エプソン チームラボ ボーダレス(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless)

チームラボボーダレスについては、2023年に東京都心部で“新たなチームラボボーダレス”を開館予定となっている。

【詳細】
青海地区 大型複合アリーナ
開業予定時期:2025年秋

Photos(2枚)

パレットタウン地区再開発、約1万人収容の大型複合アリーナ25年秋開業 -ヴィーナスフォート他営業終了|写真1 パレットタウン地区再開発、約1万人収容の大型複合アリーナ25年秋開業 -ヴィーナスフォート他営業終了|写真2

Photos(2枚)

パレットタウン地区再開発、約1万人収容の大型複合アリーナ25年秋開業 -ヴィーナスフォート他営業終了|写真1 パレットタウン地区再開発、約1万人収容の大型複合アリーナ25年秋開業 -ヴィーナスフォート他営業終了|写真2

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

商業施設・エリア