Saint Crispin's

サンクリスピン

ブランドのはじまり

1985年、ローリックが友人のためにハンドメイドの靴を作りはじめる。後にサンクリスピンを設立。

サンクリスピンについて

サンクリスピン(Saint Crispin's)はオーストリアのウィーンにて、靴のデザイナーのマイケル・ローリック(Michael Rollig)が創業。

創業のきっかけは、1985年、ローリックが友人のためにハンドメイドの靴を作りはじめたことだった。周囲から徐々に顧客が増えていったという。当時の靴のスタイルが現在も原型となる。

92年、靴ブランド、サンクリスピンがスタート。96年、ルーマニアにビスポークとのプレタポルテラインの工場を設立するも、2000年に工場を売却。以後、工房のみで生産を行う。

現在でも手縫いのプレタポルテラインとビスポークラインを展開している。両ラインとも工房はルーマニアに置き、そこでハンドメイドで作られている。ウィーンの本社は主に商品開発や物流を統括している。

グッドイヤーウェルト製法などウェルテッド製法の原型でもあるハンドソーンウェルト製法を採用しており、すべて手作業で作られる。そのためか、靴の一足一足にどこか温かみを感じる。工房には12名の職人がおり、ビスポーク以外に作られる靴は月間で、わずか80足だという。

素材には主に高品質な牛革とカーフスキンが使用されている。アッパーレザーには、アニリンカーフ、クラストカーフ、カンガルー、クロコダイルなどさまざまな素材の種類が用意されている。シューツリーの原材料はウォールナット、チェリー、シダーまたはビーチの原木が使用される。木は丸ごと買い、カットするところから始めるという。(公式HPより)

日本ではプレタポルテのみ取り扱いがある。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://saint-crispins.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

サンクリスピン取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介