menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   ティム ハミルトン

Tim Hamiltonティム ハミルトン

ブランドのはじまり

2007年S/S、ティム ハミルトンが自身の名を冠したブランドを設立。

ティム ハミルトンについて

ティム ハミルトンは、1971年、アメリカのアイオワ州の生まれ。パーソンズにでファッションを学ぶ。在学中、ラルフローレンでインターンシップを経験し、そのまま就職する。

2006年、自身のブランド「ティム ハミルトン」を設立し、2007年S/Sよりコレクションをスタート。メンズウェアのコレクションを発表した。デビュー後、間もなく注目を集め、2007年、2008年とCFDAの新人賞にあたるスワロフスキー賞にノミネートされている。

ティム ハミルトンのテーマは「TIMELESS PIECE」で、そのまま訳すと、時間を超越した作品。トレンドに関係なく、「新鮮に着ることができる服」を目指しているのではないか。実際のコレクションとしては、ヴェンテージとモダンであったり、カジュアルとミニマルを旨く融合させたスタイルが特徴。

ラルフローレンでのキャリアはとても有意義だったと、アメリカのファッション誌のインタヴューで語っているが、ラルフローレンの進め方は、ハミルトンにとってややコンセプチャル過ぎる部分があったという。そのためか、自身のブランドでは、テーマに深くとらわれ過ぎないように進めている。

デザインに関しては色が第一で、その次に生地を決める。そこから、この素材を使って「何ができるか」を考えていくという。

2009年、レディースウェアのコレクションを発表。同年、CFDAの新人賞にあたるスワロフスキー・アワードを受賞(メンズ部門)。

公式サイト

http://www.tim-hamilton.com/

関連用語

関連ブランド

Snap

# 時計 : # ティム ハミルトン

スケジュール

「華やぐ着物 大正、昭和の文様表現」文化学園服飾博物館で - 大正~昭和を生きた女性の“おしゃれ”
12月20日(木)~2019年2月16日(土)開催
「華やぐ着物 大正、昭和の文様表現」文化学園服飾博物館で - 大正~昭和を生きた女性の“おしゃれ”
ナイキ“駅伝”着想のランニングシューズ5型、ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニットなど
12月20日(木)発売
ナイキ“駅伝”着想のランニングシューズ5型、ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニットなど
「セイコードリームスクエア」銀座に誕生、“和光時計塔”内部イメージの体験型ミュージアム併設
12月20日(木)オープン
「セイコードリームスクエア」銀座に誕生、“和光時計塔”内部イメージの体験型ミュージアム併設
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る