menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   リンクス オブ ロンドン

LINKS OF LONDONリンクス オブ ロンドン

ブランドのはじまり

1990年、リンクス オブ ロンドン(LINKS OF LONDON)がスタート。

リンクス オブ ロンドンについて

リンクス オブ ロンドン(LINKS OF LONDON)は、イギリス発のインターナショナル ジュエリーブランド。
2006年7月からは、フォリフォリグループ(Folli Follie Group)の傘下に入り、マーケットを拡大。現在は、本国イギリス・ロンドンを拠点に、ニューヨーク、東京、アテネ、ドバイ、上海、香港など、世界中に60店舗以上を展開している。

ジュエリーは、ロンドンのカルチャーやスピリットをデザインに落とし込み制作。メタルを組み合わせて、エレガントなネックレス、ピアス、ブレスレット、バングルなどのジュエリーを創り出している。

2007年よりウォッチの展開をスタート。現在はメンズ・ウィメンズのアクセサリー、ウォッチなど幅広いアイテムを取扱う。

お客様だけのジュエリーをキーワードに「パーソナライズ」サービスを展開。店頭では、イニシャルやモチーフを刻印できるサービスを実施している。また組み合わせ次第でオリジナリティを出せるチャームも人気。動物や花、アルファベットなどをモチーフにしたチャームを複数用意し、幅広いコーディネートを楽しめるジュエリーを提案。

アイコンアイテムの一つは「ナラティブコレクション」。物語を語ることを意味する“ナラティブ”を名前にしたこのコレクションは、シルバー、またはイエローゴールド、ローズゴールドの板の上にメッセージを刻印することが可能。モダンなペンダント、ブレスレット、リングなどラインナップも豊富だ。

また、キャンディブレスレットをモチーフにした「スウィーティーブレスレット」、ビッグベンの文字盤をイメージした「タイムレスコレクション」も人気アイテム。

カラーの糸を編み込んだメタルバーで構成される「フレンドシップブレスレット」もアイコンアイテムとして登場。レギュラーとミニの2サイズ展開で提案している。

公式サイト

https://www.linksoflondon.com/jp-ja

News - リンクス オブ ロンドンのニュース

Shop - リンクス オブ ロンドンの取り扱いショップ・店舗

Shop Search - リンクス オブ ロンドンの取り扱いショップ・店舗検索

リンクス オブ ロンドン取り扱い店舗

関連用語

関連ブランド

スケジュール

京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
6月21日(木)~6月23日(土)オープン
京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
6月21日(木)~6月24日(日)開催
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
6月21日(木)オープン
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る