Kishin Shinoyama

篠山紀信

篠山紀信について

篠山紀信(Shinoyama Kishin)は日本のフォトグラファー。

篠山紀信は1940年、東京生まれ。

59年、日本大学芸術学部写真学科に入学。在学中の61年、広告制作会社「ライトパブリシテイ」写真部に入社。第1回広告写真家協会展でAPA賞(61年)を受賞。

大学卒業後は広告写真を撮るかたわら、「アサヒカメラ」「カメラ毎日」「話の特集」などにヌードを中心とした作品を発表。フリーに転身すると日本写真批評家協会新人賞(66年)、日本写真協会年度賞(70年)、芸術選奨文部大臣新人賞、講談社出版文化賞(73年)を次々に受賞。『晴れた日』(平凡社)、『家』 (潮出版社)など作品性の高い写真集や海外での展示を行う。

その後も山口百恵や宮沢りえ、ジョン・レノンとオノヨーコなど、その時代を代表する人物を撮り続け、「激写」や「シノラマ」など新しい表現方法と新技術で常に時代を切り撮り続け、話題になった撮影は枚挙にいとまがない。また、最近ではデジタルカメラで撮影した写真と映像の新しい表現を展開し、写真表現に新風を送り込んでいる。

2012年、熊本現代美術館をはじめ、日本全国の美術館にて個展『THE PEOPLE by KISHIN』が巡回。同年、東京オペラシティ アートギャラリーにて国内美術館初の大規模な個展「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN」開催。

[ 続きを読む ]

ブランド・デザイナー紹介